プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.345(9月17日付)

 

 これは9月13日午前10時頃に撮影したものです。何処なのか、お分かりになるでしょうか。水面が見えるので、察しのいい方は「野々海池かな?」と見当をつけられたかもしれません。正解です。
 でも、写真手前に見える、まるで遺跡発掘地の跡であるかのような地形を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。本紙No.342(7月22日付)で水位が下がった野々海池で西端の方まで岸辺を歩いた時の写真を紹介しました。9月13日はその時からさらに水位が下がり、7月時点では見えなかった地形がこのように見えるようになっていました。
 9月13日はじつは私一人ではなく、昭和20年代後半に野々海築堤工事の現場に行っておられた大先輩と一緒に行きました。白鳥集落出身で現在は津南町羽倉集落にお住まいの久保田晋介さんです。私が9月2日に堤の対岸を歩いた時の写真をお見せしたところ、「行ってみたい」と言われ、13日、ご一緒しました。上の写真の地形を目にして、「築堤前の地形がそのまま残っている」と言っておられました。今号では、少しページ数を割いて、今回見た地形や遺構を紹介したいと思います。


野々海池を探検する

 

 

 野々海池は水位がすっかり下がり、上写真のように水かけ口を覆う金網の一番下の部分が見える状態になっています(下写真は、金網の中の様子)。

 

 

 

 上の写真は、そのかけ口から対岸正面方向を撮影したものです。対岸近くの湖底地面が見えています。でも、平素見る野々海池の形と基本的には変わりません。そこで、次の1枚をご覧ください。

 

 

 対岸から洲が大きく伸びていて、堤から見ている時には想像できない姿を見せます(下地図のっ賄澄法

 

 

 

 「対岸から洲が大きくのびていて」と説明した写真を撮った地点の近くから、野々海池の西方を眺めたものです。ずいぶんと広い地面が広がっていることに驚かれることでしょう。平素はここがすべて水面下になっているのです。
 写真に見える樹林ゾーンとの境目の写真左手から4分の1あたりに池が切り込んでいるところがあります。野々海池の最西端です。そして、そこの様子が次の写真です。

 


 上写真は地図の△らJ向を眺めたものです。の北西に「西窓」という湿地がありますが、その近くから沢が野々海池に流れ込んでいることがわかります。

 

 

 これは地図の|賄世ら地点に進む途中で見つけたもの。
 写真に姿が見える久保田晋介さんから「炭焼き窯の跡だよ」と教えていただきました。
 他に2ヶ所でも窯跡が見られました。
 この一帯がまだ野々海池に水没する以前、野々海一帯で広く炭焼きが行われていたことを示す遺構ですね。

 

 堤近くの|賄世ら地点にむかって歩き始めて間もなく、岸辺の様子が他とはちょっと異なる箇所があって気になりました。岸辺から少し離れたところが盛り上がっているのです。

 


 盛り上がっているところをクローズアップしたものが下写真です。

 


 これは倒木がずっと水中にあったためにあまり腐敗せず、原形がほぼ保たれたまま炭化したものではないかと思われます。
 なかなか興味深いものです。専門家による鑑定をしていただけるといいなと思っています。

 

 この日は、野々海池の探検はこれだけでは終わらず、滅多に見られないものにもう一つ出会いました。
 早めのお昼をたべるためにキャンプ場に移動したのですが、そこで何やらボーリング機械を打ち込むような音が聞こえてきました。近くには「新潟大学」のネームが入った車も駐車しています。

 

 

 湿地「東窓」の木道のすぐそばで地下深くの土壌をボーリングで採取する作業が行われていました。

 


 上写真の真ん中に見える茶色っぽい円筒状のもの。地表からの深さ3m〜4mの間の土壌です。
 新潟大学、千葉大学、国学院大学、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の研究者が共同で進められている環境史研究の調査だそうです。私が作業の様子を垣間見せていただいた地下3〜4mあたりは3万年前くらいに出来た地層と考えられるそうです。この土壌サンプルを研究室に持ち帰り、詳しく調査されます。仮に姶良カルデラ(鹿児島県)の火山灰が検出されたとすると、姶良カルデラの爆発は約2万9千年前〜2万6千年前のことですから、その頃に形成された地層であることがわかるという次第です。
 私たちが暮らす大地の歴史がわかるというのもなかなか興味深く、面白いことですね。

 

 野々海池は、水取り込み口の修理の関係で、9月13日よりも水位が上がらないように水が抜かれますので、しばらくの間、野々海池の底の地形を見ることができます。機会をみつけて、是非、ご覧ください。その際は、長靴が不可欠です。また、一人での行動は危険で、複数名で行かれるのがよいと思います。

 


一連の大災害に思う

  • -
  • 2018.09.22 Saturday

 7月の西日本豪雨災害、9月に入ってからの台風21号災害、そして最大震度7の北海道胆振東部地震。大変な災害が次々と発生しています。これらの災害で犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。また、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

● 「3・11」直後の議論に立ち戻ることが必要
 一連の大災害をみると、産業革命以降の人間活動に起因する気候変動がもはや無視しがたいレベルにまで達していることを意識せずにはおれません。
 同時に、台風21号での関西空港の機能マヒや北海道でのブラックアウトを見ると、現代科学技術に過度に依存するシステムの脆弱性という問題が否応なく浮かび上がってきます。
 とくに後者の問題は、福島第一原発事故をうけて、「3・11」直後には多くの人びとが論じた問題です。「現代文明の根本的見直し」という議論です。そして、「都市を離れ、田舎に移る方がいい」と言う人も多く出てきました。
 しかし、「喉元過ぎれば、熱さ忘れる」の諺ではありませんが、1〜2年でそういう議論の波は少なくとも社会の表面からは消え去りました。そして、飽くなき経済成長の追求に舞い戻っています。しかも、いわゆる格差社会化の問題を深刻化させながら。

 私は、もう一度、「3・11」直後の議論に今日的に立ち返ることが必要だと思います。もちろん、「なぜ、そうした議論が立ち消えになってしまったのか」の内省を含みつつです。
 そんな議論にとって、栄村という存在はとても重要な位置を占めているのではないでしょうか。大震災に見舞われながら、復興計画の中では、「中山間地復興のモデル」となりうるような復興をめざした村として。
 栄村は、ハード面では必要な復旧のほとんどを終えました。しかし、「中山間地の復興モデル」となるという面では、まだほとんど何も成しえていないと言っても過言ではないと思います。栄村で生まれ育った子どもたちが喜んで村で暮らし続ける、進学で都会に出ても再び村に戻って暮らす。また、親が子どもにむかって自信を持って「村に戻るといいよ」と言える村。そういう栄村にするには、何をすればよいのか。
 いま震災から8年目の日々を過ごしていますが、あっという間に10周年がやって来ます。栄村はこれからどんな希望のある村づくりに取り組むのか、そろそろ真剣に議論し始めるべき時期を迎えているように思います。


ホワイトスターというネギ

  • -
  • 2018.09.22 Saturday

 

 月岡の南雲茂さんが栽培されているホワイトスターというネギの畑の様子です。9月11日午後の撮影です。
7月4日にこの畑を初めて訪れた時は、下の写真に見られるように、まだ細いものでした。茂さんが丹精を込めて栽培され、7月後半〜8月前半のひでりを乗り越えて、ここまで立派に成長したのです。

 


 1株をクローズアップして見ました。

 


 昨年末〜今年初め、直売所かたくりでも販売され、大好評でした。冬期間の毎週末、スキー場に来る人が言っておられました。「あのネギを買って帰り、牛肉とネギだけですき焼きをやったら最高だった」と。
 今年はこのホワイトスターの販売が始まったら、みゆき和牛とネギでのすき焼きをやってみたいと、今から楽しみにしています。


ソバの花と実

  • -
  • 2018.09.22 Saturday

 

 本紙No.343で8月12日に行われた森開田でのソバの種播きを紹介しましたが、それからほぼ1カ月、9月9日、畑一面にソバの花が咲き誇る姿を見ることができました。
 今回、偶然にソバの花をクローズアップして撮影しました。ピンク色のおしべやめしべが見えて、とても綺麗です。


 前号紹介の秋山郷“とっちゃ”のソバ畑では、12日、早くも実がなり始めていました。

 

 


 新そばを食べられる日が待ち遠しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.345
2018年9月17日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236
mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞


栄村復興への歩みNo.344(9月1日付)

“とっちゃ”で眺める鳥甲山とソバのお花畑
 ――秋山郷の観光をデザインする――

 

 

 素敵な眺めなので、写真をぐっとワイドにしました(8月30日午前撮影)。
 撮影地点は秋山郷・上野原集落で、地元の人たちが“とっちゃ”と呼ぶ場所です。栃川と中津川の合流点付近で国道405号線の下に広がる一帯です。
 上野原のある人から、こんなことをお聞きしました。「私のスキーの後輩で、大手旅行会社に勤務する人がいるのですが、『こんな景色は日本各地を探しても他にはない』と言っておられます。その人はいまでも年に1〜2回、来てくれます」。
 ある会合で、「デザイン・サービス」という言葉を頻繁にお使いになる方と出会い、今回は「秋山郷の観光をデザインする」なんて、ちょっと小(こ)洒落(じゃれ)た表現を使ってみました。お客さまに秋山郷(栄村)をどのようにお見せするのか。たしかに、それは一つのデザイン(作業)ですね。

 

 

● 鳥甲山の素晴らしい眺めを見せる

 

 

 

 上の写真、1つは春5月の鳥甲山。2015年の撮影で上野原集落の中で撮っています。もう1つは秋10月。やはり上野原集落の中での2017年の撮影です。
 写真データの整理・管理があまり出来ていないので、「これぞ」というものをズバリ示すことができず残念ですが、春と秋の鳥甲山の素晴らしさの一端はお伝えできるかと思います。これにもう1枚加えたいのが、本紙での紹介は3回目になりますが、下の写真、冬1月のものですね。

 


 これは我ながら何度見ても素敵な風景だと思います。写っている男性はイギリスから冬の秋山郷を訪ねて来られた人です。撮影地点は「のよさの里」の前。

 

● 魅せられた者がガイドして、人びとを虜にさせてしまう
 私は “とっちゃ”、のよさの里、天池、上野原集落内の各所から見える鳥甲山(連峰)の豪快な、しかしまた美しい姿に魅せられてしまっています。冬の積雪の時期であろうと、また、朝陽に照らされる姿を眺めるために早朝であろうと、秋山郷・上野原へ車を走らせます。
 私が鳥甲山を眺めて感じる喜び、感動を一人でも多くの人たちに共有していただきたい。その熱い思いで旅をデザインし、みなさんにお知らせする。それが《観光》の極意ではないでしょうか。
 俳優の藤岡弘さんも鳥甲山のダイナミックな姿に感動しておられました。先日放送されたNHK「きょうの料理」での一場面です(8月23日Eテレ・24日総合・27日Eテレ)。
 ようやく何かが掴(つか)めかけている気がします。
 秋山郷の宿でお客さまに料理を提供する人たち、お泊りの世話をする人たち。みなさん、最高の旅をおもてなししたいという思いを抱いておられることでしょう。村民一人ひとりが力を発揮する栄村・秋山郷観光の再生へ、今秋から来年にかけて、そういう思いで頑張っていきたいと思います。


素敵な人と出会いました

 

 野々海池の水位と紅葉の始まり具合を確認するため、8月18日(土)朝、スキー場からブナ林をぬけるコースで野々海に行きました。
 三叉路の池(池塘(ちとう))で、水中生物を採集している人を見かけ、声をかけました。
 私の当初の思いは、「自然環境を攪乱しないでほしい」ということでしたが、先方のご返事を聞いて安心しました。そういうことを理解されている人だということがすぐにわかったからです。
 さて、野々海池の様子を見たり、撮影したりして40分後くらいにその場に戻ると、ちょうど観察活動を終わられる頃。陸上でお話することができました。「何がいましたか?」とお尋ねすると、私が知っている水中生物の名前も出てきましたが、まったく聞いたこともない生物の名前がポンポン飛び出してきました。
 お会いした翌日にその方からメールをいただいて知ったのですが、「生物分類技能検定」というものの2級の資格をお持ちの専門家でした。栄村にはよく来られるようで、「次回に行くときは事前にメールでお知らせします」と言っていただきました。
 これまで本紙でも栄村−野々海の貴重な自然環境についていろいろと書いてきましたが、最大の悩みは、栄村で見られる貴重種と思われる生きもの、植物についてアドバイスいただける専門家とのつながりがなかなか得られないことでした。その意味で、今回の出会いはとても貴重なもの、素敵なものだったと思っています。
 希少種については下手な情報公開を避けなければなりませんが、今後、この方から学ぶことでご紹介OKのことは本紙で扱っていきたいと思っています。
 また、こういう出会いは栄村の観光の発信力を高めることにも役立つと思います。
 この方からご提供いただいたクマタカの姿をとらえた2枚の写真を紹介します。私もよく見かけますが、運転中に見ることが多く、自身では撮影することができていません。

 


 


鳥甲線、土合橋、貝廻坂、中条川上流

 8月31日、災害復旧工事のために通行止めになっていた鳥甲線が開通しましたね。昨年7月1日の大雨による道路脇崖面崩落の復旧工事でした。
 また、北野〜天代間の新土合橋の建設工事、ようやく完成が近づいてきました。今秋中に竣工式となるでしょう。貝廻坂では落石防止柵の設置工事が進められています。笹原〜長瀬間の災害復旧工事もかなり進展しています。また、中条川上流での土石流対策工事は7年目を迎えていますが、今年は「いちばん大変だなあ」と思う箇所で谷止工の設置工事が進められています。それぞれの現場写真を掲載します。

 


鳥甲線の復旧工事完成現場。8月28日撮影。下の写真は道路下の釜川に下る崖面。なお、31日の開通前にガードレールが設置されました。

 

新土合𣘺建設現場を北野側から見たもの(8月26日撮影)。土盛の高さが橋の高さに近づき、完成が近づいていることを確認できます。

 

貝廻坂の落石防止柵の工事現場(8月21日撮影)。落石防止の効果もあることながら、地元の人は「見通しがよくなった」と喜んでおられます。

 

笹原〜長瀬間の現場(8月26日撮影)。昨年10月に崩落した箇所の上部では法面枠工が出来上がっています。現在は雪崩予防柵設置の工事と斜面下方の山腹水路工(明暗渠工)が行われています。雪が降る前に完成できそうです。

 

 

この2枚は中条川上流の谷止工の工事現場(8月22日撮影)。1号崩壊地から下を覗き込むようにして撮影しました。1枚目写真に見える谷をクローズアップしたのが2枚目写真。

 

 ここで少し、記しておきたいことがあります。
 栄村では写真に見られるように災害復旧・インフラ整備の工事がたくさん実施されていますが、こういう状況は過疎が進む市町村では珍しいことです。多くの地域では逆に「過疎」を理由に災害復旧やインフラ(社会資本)整備が「選択と集中」という名の下に厳しく削減される事態が進んでいます。栄村は震災との関係でこの7年間、かなり「優遇」されている面があるように思います。しかし、いつまでもそういう「優遇」が続くわけではありません。インフラなどの補修や整備が困難になる事態の到来に対して、どう対応していくか、真剣に考えなければならない時期が来ていると思います。


 


8月下旬の点描

  • -
  • 2018.09.03 Monday

 

 ミズヒキです。極野のあるお家の庭で撮影しました。最近は見かけることが少なくなったように感じます。
 下はミズヒキの白色種でギンミズヒキと呼ばれるもののようです。ミズヒキについてネットを調べていて存在を知ったのですが、その直後に秋山・小赤沢で見かけました。

 

 

 この季節、庭先に小豆が天日干しされているのをよく見かけます。

 

 

 秋山・屋敷の山田良江さんが鞘から小豆をはずす作業姿。8月30日午前です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.344
2018年9月1日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236
mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞


面白い地形が見えてきた〜水位が下がった野々海池を探検する〜

 

 この写真を見て、「ああ、野々海池だね」とさっと言える人は少ないかもしれませんね。
 滅多に見ることができない、そしてまた滅多に撮れない1枚です。下に示す地図のD地点から野々海池に下り、水位の低下で広がる池底面を歩いて行った先端地点で撮影しました。ちなみに、対岸の左手に野々海池の堤が見えています。

 

 

 9月2日午前、野々海池の水位の低下とそれによって見える池底の地形を見ようと思って、野々海に向かいました。「晴れ」という具合にはいきませんでしたが、雨の心配はなく、地図のA~B間とD地点付近で水位の低下で出てきた池底面を歩いてきました。
次頁から、歩いた順で紹介していきます。

 

 

 31日にかなり激しい雨があり、昨日1日も午前は雨だったので、水位がけっこう回復しているかと推測していましたが、水位は前回8月27日に見た時とほぼ同じか、やや低い感じでした。ちなみに、下写真は昨年9月18日のほぼ同じ地点で撮影のものです。

 

 

 下写真は地図A〜B間の中間あたりでC方向を見たもの。

 

 

 

 A~B間でこんなものを見ました。
 水位の低下にともなって見える木の根は、これまで、「流れ着いたもの」かと思っていましたが、じつは根をしっかりはっているものなのですね。驚きました。
 野々海池に流れ込む沢の水の流れも見えました。

 

 

 

 

 

 B地点付近から西方向および西北方向を見たようす。下の写真に見える池に突き出た土の部分、じつはこの後、その突端部分に自身が立つことになります。

 

 

 

 B地点で南東方向を撮ったものです。写真左端に見える地点は相当に深い。下の写真です。

 

 

 本当はB地点からさらにC地点方向まで進みたかったのですが、ここを渡れないので断念。

 

 堤の手前で、水位低下で現れた地面に下り(A地点)、B地点に向かい始めたのは11時14分。そして、B地点で上の写真を撮ったのが11時29分。再びA地点に戻ったのは11時42分でした。

 

 

 

 C地点から野々海池を覗いたもの。
 写真の奥に見える地点をクローズアップすると、

 

 

 

 車で野々海峠方面に進み、「長野県最北端」の地点の紅葉の進み具合を見た後、D地点に戻り、平素は堤から見る「対岸」に下り立つことをめざして、下写真のところから林を下りました。12時半頃のことです。
 林の中を進み、「対岸」に近づくと、これまでこの地点を進んだ時には聞いたことがない強い水の流れの音が聞こえ、驚きました。「ひょっとすると、下りられないのか」と思いながら進むと、下りることはできましたが、こんな川(沢)が野々海池に流れ込んでていました。

 

 

 

 

 

 「川」の左手、上写真の手前は細かくなった木の枝や落葉が重なったもので、まだ柔らかい。
 しかし、その先は少し高くなり、しっかりした地盤。堤が完成して野々海に池が出来る前の地形ですね。この高いところを進んで行って、先端部分まで行って撮影したのが、このアルバム冒頭の写真です。
 立ち木のまま池底に消えたはずの木々の姿がたくさん見えました。

 

 

 

 紹介したい写真はまだまだたくさんありますが、紙幅の制約がありますので、今回はここまでとします。


栄村復興への歩みNo.343(8月17日付)

  • -
  • 2018.08.28 Tuesday

 

 

 

 16日の雨ですっかり涼しくなりましたね。「これで夏は終わり」というわけではありませんが、季節が大きな変わり目を迎えたことは間違いないと思います。これから暑さがぶり返すことはあっても、まさに“残暑”ということになります。水不足も大きく改善されたのではないでしょうか。
 上には、そういう季節の変化を象徴する草・花の姿を並べてみました。1枚目は秋山郷・天池の近くで撮影したススキの穂が風になびく姿。花穂初期の赤っぽい色から白色に変わり始めています。2枚目はキンツリソウ。16日午前、日出山線でツリフネソウ(赤色)がたくさん咲いているのを見かけ、「キンツリも見たいな」と思い、秋山での用件を済ませた後、秋山林道を屋敷から白沢方向に進み、毎年キンツリを見るところへ行って撮影しました。開花している数はまだ少なかったですが。3枚目はキンミズヒキ。日出山線を進み、いわゆる「ブナのトンネル」と呼ばれる林の中を通り抜けるところの少し手前での撮影です。この地点は津南町に属しますが。
 これらは図鑑に名前が掲載されている草花ですが、秋の訪れとともに畑のそばに名も知られぬきれいな花も(下写真)。

 


 災害なく収穫のときを迎えられることを願います。