プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

野々海大明神祭から

 7月1日は野々海大明神祭。天候が心配されましたが、幸いなことに雨が降ることはなく、無事、開催されました。

 


 さかえ田植え唄踊りの会が踊りを披露

 

今年の当番は横倉区。8時半から準備を開始


 今年の野々海大明神祭で特筆すべきは、十日町市長の関口芳史(よしふみ)さんがご参加くださったことです。堤上での神事で来賓としてご挨拶されました。「こんなところは新潟県にはない。野々海にむかって上がってくれるにつれて、だんだん霧が濃くなり、とても幻想的」という趣旨のお話でした。お世辞もあるかとは思いますが、十日町市長さんにこのような認識を抱いていただいたことの意義は大きいと思います。
 関口市長は神事の後、深坂峠を視察されました。本紙前号で取り上げた野々海〜大巌寺高原(松之山)の林道の終点(起点)です。関口市長の深坂峠視察によって、同林道の通行止め解除の展望がより固いものになったと言えると思います。
 


モリアオガエルの産卵の観察

 前号でモリアオガエルの卵塊を紹介しましたが、1日、貝立山裏〜野々海間道路脇の小さな池でその産卵行動を見ることができました。

 

 モリアオガエルの体色はいろいろあって、私が見たものは褐色。明るい感じの色のものが雌。手前は雄です。白く見えるのが卵です。今回は木の枝の上ではなく、水中での産卵で、この後も観察し続けましたが、大きな卵塊を形成するには至りませんでした。近くの木の枝には大きな卵塊が見られました。
 この写真の直前、雌雄は「合体」していましたが、モリアオガエルは交尾するわけではなく、産卵前の抱擁のようです。モリアオガエルの場合、雌が産み落とす卵子に雄が精子をかけることで受精が行われるそうです。今年はもう見るチャンスがないでしょうが、来年は木の枝の上での産卵の瞬間に出会えればいいなと思っています。
 


日出山線のエゾアジサイは間もなく見ごろ

 この時期、村内を走っていて、エゾアジサイが最もきれいなところは日出山線だと思います。
 今年はアジサイの咲き具合がやや遅めという感じがしますが、日出山線では道沿いに開花したアジサイがズラッと並ぶ箇所がいくつか見られるようになりました。下写真は3日昼頃の撮影です。

 


 逆巻から日出山線へ進み、10分以上走って上日出山を越えてさらに数分進んだあたりからがエゾアジサイ群生場所です。秋山方向にむかって道路左側がとくに群生しています。
 道路幅が狭いので、車を停めてじっくり見たいという場合は、離合のための待機スペースとして道幅が広くなっているところがありますので、そこに停めるとよいでしょう。7月3日から1週間後頃が見ごろかもしれません。

 

購読料の御礼とお願い
 本紙は購読者のみなさんからの購読料で発行・配達をしています。
 本年もすでに多くの読者のみなさまから購読料をいただいています。ありがとうございます。心から御礼申し上げます。
 本年分の購読料をお忘れの方は是非、よろしくお願いします。振込の場合は下記の口座にお願いします。振込に出かけるのが大変な方は下記番号までお電話をいただけましたら、配達の際にお宅に立ち寄らせていただきます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.361
2019年7月3日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236、 mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞


栄村復興への歩みNo.360

  • -
  • 2019.06.28 Friday

 

小さな集落の大きな取り組み
 「カタクリの里山」という看板が見えます。東部地区を走る人ならばよくご存じでしょうが、笹原集落の人たちがカヤで屋根を作っているお休み処です。「カタクリの里山」という名は、笹原から原向新田につながる山の道沿いにカタクリが群生することに由来しています。
 23日午前、配達で通ると集落の人たちが草刈りなどの作業をされている姿が目に飛び込んできました。
 当部集落の配達を終えた後、笹原の5軒の配達をして、みなさんが作業されているところを訪ね、この写真を撮らせていただきました。関沢栄市さんのお元気な姿もありました(写真中央で鍬を揮っている人)。昨年移ってこられた世帯を含めてわずか5世帯の小さな集落ですが、元気ですね。面白いアイディアを出す人、集落の結束力が素晴らしい取り組みを可能にしているなあと思います。


 


季節の変化に圧倒される!

 

 

 

 6月20日午後、議会6月定例会を終えて、久々に村の中を走り回り、季節の変化に圧倒されました。
 最初に驚いたのは、月岡で目にした多彩な色どりで咲き誇るタチアオイの姿(上2枚目写真、ただし撮影は23日)。たしか議会初日(17日)の朝、自宅前でタチアオイが咲き始めたのは見ていましたが、「まだ咲き始めたばかり」と思っていたのです。つづいて、夕刻近くに森集落の開田の様子を見に上った時、開田のかなり上の方で道沿いのアジサイが満開になっていて、これにはさらに驚かされました。
(上1枚目写真は23日朝、月岡・雨引で撮影)

 議案や資料に没頭していた議会前の数日間を含めて約1週間、自然界の様子の変化に目が行っていなかったのです。まるで都会人の暮らしのような状態になっていたのですね。栄村で暮らすようになって13年目、こんなに季節の変化に驚き、圧倒されたのは初めてのことのように思います。
 そんな訳で、翌21日は午後、日出山線から秋山林道へと車を走らせました。さらに22日は朝から月岡の山(雨引(あまびき))、そしてスキー場から貝立山の裏を廻って野々海へ。21日午後も22日午前も3〜4時間の山道ドライブ。結構疲れましたが、色んな景色を楽しみました。

 

この写真は6月11日撮影です(原向にて)

 

 


栄村の農業と農地をどうしていくか?

 大きな問題です。
 村議会の6月定例会でも議論になりました。そこでのやりとりを1つの手がかりとして、少し問題提起をしてみたいと思います。

 

当部集落の田んぼ

久しぶりに撮影しましたが、作付されていない田の増加に衝撃を受けました。

 

● 中山間地域等直接支払制度の統計から見る
 保坂良徳さんが一般質問で、「栄村平成30年度農林業統計」を取り上げ、中山間地域等直接支払の集落協定に減少傾向が見られるのではないかと問いかけを発しました。
 たしかに集落協定数は、第1期51協定(最終年の2004年)、第2期24協定(最終年の2009年)に対して、第4期3年目の2017年は20協定なのです。参加農家数は658人→658人→361人と推移しています。第2期の開始にあたって、国から基本的に「1集落1協定」となるように協定の統合が指導されましたので、「51協定→24協定」の変化には大きな問題はないと言ってよいでしょう。「24協定→20協定」の減少には何か問題が潜んでいると受け止めるのが自然だと思われます。さらに、参加農家数の減少はあきらかに深刻な問題が生じていることを示唆しています。ちなみに第3期は参加農家429であり、「658人→429人→361人」と参加農家数の減少が急速に進んでいることはあきらかです。
 保坂さんの問いかけに対して、産業建設課参事(課長級の農林業担当責任者)は、集落協定の対象面積と交付金額がほぼ横ばいであることを指摘し、「集落協定は維持できている」という見方を示しました。


   対象面積の推移
    2004年 2,106,695
    2009年 2,103,260
    2014年 2,089,337
    2017年 2,000,995屐 2004年(第1期最終年)比、約5%の減少

 

 私は、減少傾向を指摘した保坂さんの見方の方が事態を正しく捉えていると思います。そのことをより明確に示すデータを見てみましょう。「基幹的農業従事者」の人数とその年齢構成です。

 

● 「基幹的農業従事者数」から見えてくること
 農業従事者に関する統計には、「農業就業人口」と「基幹的農業従事者」の2つがあります。農林業センサスでの定義を見てみましょう。
 「農業就業人口」は「15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数が多い者をいう」と定義されています。他方、「基幹的農業従事者」とは「農業就業人口のうち、ふだんの主な状態が『仕事が主』の者をいう」とされます。
 この定義から、農業の“担い手”の実態を知るには「基幹的農業従事者」の人数、その推移を見るのが妥当だと言えます。だからこそ、「栄村平成30年度農林業統計」も「基幹的農業従事者数」を掲載しているのでしょう。

 

  基幹的農業従事者数の推移

        総数   男   女
  平成7年   459        251      208
     平成12年      387        195      192
     平成17年      379        210      169 
     平成22年      372        204      168
     平成27年      273        154      119
  (平均年齢)(72.2) (72.3)(72.7)

 

 ここに記されている年は農林業センサスの統計調査が実施された年です。平成7年(1995年)から平成27年(2015年)の20年間で約40%も減少しています。深刻です。
 さらに重要なのが平均年齢です。栄村の基幹的農業従事者の平均年齢は72.2歳です。全国平均は67.0歳、長野県平均は69.1歳です。全国平均よりも5.2歳、県平均と比較しても3.1歳も高いのです。厳しいデータですが、直視しなければなりません。

 

● “待ったなし”の状況
 「平均年齢72.2歳」ということは、70歳代後半(さらには80歳代)の基幹的農業従事者がかなり多くおられることを意味します。しかも、70(〜80)歳代の人たちが最も分厚い層なのです。逆に言えば、この分厚い世代が引退となれば、栄村の基幹的農業従事者がごそっと減り、栄村の農業の持続が著しく困難になるということです。

 

● 集落営農の法人化、村の「人・農地プラン」の抜本見直し等へ
 栄村の農業に“先はない”のでしょうか。
 いえ、けっしてそんなことはありません。ただ、対策が圧倒的に立ち遅れていることは間違いないと思います。
 こういう日がやって来ることに備えて進められてきた集落営農化はかなりの地域で進んでいます。そして、近い将来に訪れる事態に対処しようと、いろんなことが模索されています。しかし、なかなか“次の一歩”に進めていないことも否めません。知恵を出し合って、決定的な次への一歩を踏み出すことが必要だと、多くの人が考えておられるようです。
 1つの鍵は、村が作成している「人・農地プラン」を抜本的に見直すことではないかと思います。そして、それは来年春に取り組む中山間地域等直接支払制度第5期の集落協定の内容をどのようなものにするかという問題と直結していると思います。
 そのあたりのことを次号以降で考えていきたいと思います。

 

月岡集落の山の田んぼ

月岡集落では集落営農の法人化が実現されました。法人化の取り組みが

耕作の維持を可能にし、さらに前へ進む可能性を拓いているようです。


心配されている道路の復旧状況

 「野々海から松之山にぬけることは出来るんかい?」、こんな質問をよく受けます。関係者に問合せをしたり、現地を見に行ったりして判明した状況をお知らせします。

 

● 野々海と大厳寺高原(〜松之山)を結ぶ林道
 下の写真、6月22日に深坂峠で撮影した野々海〜大巌寺高原林道の様子です。バリケードで封鎖され、通行できません。

 


 もう数年にわたって通行止め状態が続いています。落石があり、それを防止する工事が行われているための通行止めです。ただし、1年間に実施される工事量はわずかで、なかなか工事が完了しません。
 6月初旬、ある会合で知り合った新潟県の県議さんに十日町市への照会をお願いしました。県議さんからは、その翌日に早速のご返事をいただきました。十日町市の返答は「本年度、最後の工事を予定している(吹付工事)。来年は安全確認の期間としたい」というものだったとのことです。
 私の実感としては、本年度の工事が完了すれば、融雪後の状況確認をしっかりすれば、来年度からの通行再開も可能ではないかと思います。十日町市への働きかけを行っていきたいと思います。

 

● 日出山線
 6月初めだったと記憶していますが、「日出山線で崩落があり、通行止め」というお知らせが村内告知放送で流れました。6月21日午後、歩いて現場に行ってきました。写真は現場で復旧工事に従事されている人の許可を得て撮影しました。

 


 この路線は、秋山郷と栄村千曲川流域部の往来に不可欠ですし、秋の紅葉観光にとっても重要なものです。
 場所は、日出山線と鳥甲牧場への道の分岐点から約1辧∩袷匳戸遒ら上がってくる道路との交点から約500mの地点です。
右写真の「ぬけた」部分に下方から順次、生コンを打ち込む等の工事が間もなく始まるとのことでした。橋の下の沢にはバックホーが入っていました。

 


 道路を管理する津南町では「夏、お盆前後の復旧をめざしている」とのことです。

 

● 野々海峠に通じる林道
 野々海のキャンプ場横から上越市菖蒲地区に通じる林道(温井野々海線)は現在、通行止になっています。
 併用林道(森林管理署が管理する林道だが、地元も使えるもの)ですが、栄村が災害復旧予算を組み復旧工事を実施することになりました。秋の紅葉観光の時期には間に合うと思われます。

 

路肩が崩落している現場
車が上に載ればさらに崩れる危険な状態です!


野々海から写真2点

 

モリアオガエルの卵塊です。
水面上にせりだした木の枝に、粘液を泡立てて作る泡で包まれた卵塊を産み付けます。
今年は雪消えの後に見られなかったので、「観察が遅かったか」と思っていたのですが、6月22日にバッチリ見ることができました。

 

 

野々海ゼンマイがたくさん出ています。また、赤コゴミも見られます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.360
2019年6月23日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236、 mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞


栄村復興への歩みNo.359(6月3日付)

 

水面に映るブナの木々

 

 6月2日午前の野々海池です。
 池の雪がかなり消え、対岸のブナが水面に映る姿が綺麗だなあと思って撮った1枚です。
 この日は野々海水路の普請の日。野々海池に上がった人たちは小屋を開け、池周辺でのさまざまな準備作業を終えて、通水の開始にむけて、白鳥や平滝・横倉の幹線水路の普請作業が完了したという報告が届くのを待っていました。陽気がよかったので、小屋の中ではなく、小屋の外で腰をおろしての待機でした。そのとき、ある人が「綺麗だなあ」と言って写真を撮ろうとされたのが上の1枚の様子でした。
 ただ、その方がカメラを向けられた時は、水面に映るブナの木々の姿が少し揺れているような感じ、あるいは少しぼやけた感じになっていました。私たちにはさほどに感じられない微風が水面に吹いたのです。
 紅葉期も木々が水面に映る姿は最高です。
 でも、その瞬間を撮るのはなかなか難しいものです。この日の私はラッキーだったのですね


野々海のミズバショウ

 野々海のミズバショウの写真を3点、ご紹介します。いずれも6月2日午前の撮影です。

 


 「野々海最大のミズバショウ群生地」として私が紹介しているところで撮ったものです。

 


 同じ場所で、ようやく雪が消えてミズバショウが咲き始めたばかりの部分を周りの景色とともに撮りました。

 5月24日にここに行った後、ブログに「6月1日、2日頃が見ごろになるのではないか」と記しました。その予測は当たっていたと言えるかと思います。ミズバショウが生える場所が一斉に雪消えするわけではないので、すべての場所での開花を待って「見ごろ」とすると、初期に咲いたものがもう見ごろを過ぎたものになってしまっています。いつを「見ごろ」と言うのか、なかなか難しいです。

 


 3枚目は、野々海峠にむかう道のそばにある群生地です。今年の場合、この場所の方が近づきやすいです。写真の場所は斜面を少し上ったところですが、道路のすぐそばのミズバショウはまだ小さなものが少し見られるとう状況でした。