プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

住宅再建について

 前を向いて、元気に語ろう!
  いま、誰もの胸を去来しているのは、「どうやって暮らしを再建するか」、「この歳になって、家を失い、どうしてよいか、まったく見当もつかない」という不安の思いです。
  昨夜、知人のAさん、Kさんと話しました。その時、Kさんが言いました。
 
「笑いながら、元気に話すようにしなければ。こういう時に笑って話していると、『お前、馬鹿か』って言われるけれど、笑顔が大事なんだぜ。」
 
  まったくそのとおりです。一時帰宅が許可になった段階で気が早いと思われるかもしれませんが、今後の村の再建について、少し考えたいと思います。


県は住宅再建に最大限の支援を

  今日の一時帰宅にとどまらず、数日のうちに、避難所からの全面帰宅が許可されることになるでしょう。その段階で、集落、世帯による状況の違いがいっきにクローズアップされてきます。

  昨日、西部地区のM集落を見てきましたが、視界に入る多くの家に「緑色」の貼り紙が見えました。危険度診断の結果、「余震が来ても大丈夫」と判断された家々です。こういう集落では、モノが散乱した家の内部を片付ければ、それなりに生活の再建を展望することができるでしょう。

  しかし、被害が深刻な森集落や青倉集落では、大半の家が「赤」または「黄」です。帰宅が許されても、〈住める家〉がありません。あるいは、〈住める状態にする〉ために相当なレベルの修理が必要です。いちばん気が重くなる問題です。
 
  当面、仮設住宅の手配が課題となりますが、それはあくまでも当座をどう凌(しの)ぐかであって、それと同時に、個々の世帯の住宅の再建の見通しを立てられるようにすることが必要です。

  そこで、住宅再建への公的支援の問題が浮かび上がってきます。
  阪神大震災からの復興のとき、「個人の住宅は私有財産だから、公的支援はできない」という趣旨で政府は住宅再建の公的支援を否定・拒否したと記憶しています。それに対して、地元の自治体はなんとか公的支援を可能にしたいと模索したとも記憶しています。

  私は家に入ることもできず、仮に家に入れたとしても、室内がメチャメチャになってしまっているので、手元になんの資料もない状態ですので、村外のみなさんにこの問題について、法整備の状況がどこまで進んでいるか(いないか)を調べて、情報を提供して下さるよう、お願いします。

  「不幸中の幸い」というか、長野県内で深刻な被害を受けたのは栄村のみで、栄村は人口2300人強の規模の小さな村ですから、長野県が全力を挙げてくれたら、かなりの公的な支援が可能になるのではないかと思います。

  私たち自身、県にむかって要望の声を上げていきたいと思いますが、村外のみなさん(長野県民かどうかを問わず)が、長野県に対して、住宅再建への公的支援の問題について要望や政策提言をやって下さると助かります。

  また、市民レベルの連帯として、今回の大地震の被災地になっていない地域で、NPOなどの手で住宅再建支援のセンターのようなものを立ち上げて下さり、アドバイスをしていただく、あるいは当座の被災地への義捐金にとどまらない復興費用の民間基金の立ち上げのようなことに取り組んでいただけると助かります。

※信毎によれば、県が16日、被災者生活再建支援法により、全半壊世帯に対して最大300万円を支給すると発表したようです。たいへん心強いニュースです。しかし、この額では足らないと思います。さらなる支援策について、みなさんの叡智を結集してくださいますよう、お願い申し上げます。


―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事(15日朝執筆分)

17日(木)から、住宅についての意向調査・相談会が始まります。

住宅危険度診断で「危険」(「赤」)と判断された人を対象として、各避難所で17日(木)午前9時半ころから開催されます。

継続してその家に住むために修理を望むか、全面的建て直しを考えているか等、それぞれの方の意向を調査するようです。そして、その後、個別の相談会も実施されます。担当するのは県の建設部の職員です。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事
 

電気・郵便物・支援物資の送り方について(栄村16日の様子4)

郵便物等
郵便、宅急便の配達が再開されています。
従来の住所宛に送られると、受取人がいる避難所に配達されます。

電気
村内全域で復旧工事が済んでいます。
ただし、各戸への引き込み線は復旧が必要な箇所は工事担当者が把握していますが、工事には着手していません。なお、全戸、ブレーカーを落とした状態にしてあります。

支援物資の送り方
お知り合いがおられる場合は、直接、その方にお送りください。
村宛などの支援物資は、内容物を一つひとつ確認する作業が必要となり、作業量が増えます。新品の衣料品などをお送りいただくよりも、義捐金を送っていただく方が被災地としては歓迎です。ご理解をお願いします。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事

ボランティア登録についての注意点とお願い(3/25更新)

  ボランティア活動に当たって、注意事項をまとめております。お願いばかりで大変恐縮ですが、ご登録される方は、必ずご確認していただきますよう、お願い申し上げます。

●ボランティアの登録
「小さな村がボランティアで溢れかえり、地元がかえって混乱する」というようなことが起こらないよう、ボランティアは登録制とし、こちらから要請を出してはじめて現地に来ていただくという方式をとっています。
いきなり現地に来られるということがないよう、お願いします。

●登録手続き
登録手続きはすべてメールでお願いします。電話への対応はしていません。多くの方から電話がかかると、復興支援機構「結い」の本部機能がマヒしてしまうからです。ご理解ください。

●登録メールへのご返信
現在、多数のご登録メールをいただいているため、すぐに返信をお返しすることができません。また、登録受付担当は出動要請のメール発信係を兼ねておりますので、出動要請のメール発信を優先しています。

●ご出動の要請
せっかく遠路を来ていただいたのに、ニーズがあまりなかったということがないようにするため、基本的に村に車で1〜2時間で来られる方々を中心に要請を出し、今のところ、遠隔地の方には要請を出していません。

また、マッサージ・整体、理容、お年寄りの話相手を登録者のみなさんの中から探させていただいています。とくに、避難所生活が長期化せざるをえない方がおられることを重視して、支援の態勢を整えたいと考えています。

●活動内容
・被災した家の片付け、清掃のお手伝い
・ガレキ・ガラス・ゴミなどの搬出・運搬
・雪かき
・マッサージ
・お話相手になる
・住民のニーズ調査etc

●村人との接し方
  被災された高齢者の方などに対しては、共同作業をしながら話し相手になることも大事になってきます。また一方で、村の人たちは「ボランティア」に不慣れで す。「押しかけ」にならないように注意し、たとえば家の片付け作業などでも、家の人が中心になり、「ボランティア」はその周辺でのお手伝いをすることに徹 するというような姿勢が大事だと思われます。

●防寒の用意
 3月は、暖かい日でも最高気温は10℃に達しない日が多いというのが栄村です。かなりの雪になることもまだあります。冬装備の防寒服をご用意ください。その一方で、作業時の軽装も必要になります。

●食事・宿泊について
 申し訳ありませんが、基本的に食事の提供や宿泊場所の世話はできません。自力確保でお願いします。ただし、遠方より来られる方に関しては、宿泊先のご相談を受け付けております。登録の際、個別にご連絡ください。

●活動の時期
栄村の復旧活動は、雪消えが4月中下旬であることから、4月中旬〜5月中旬に増える可能性が大です。このため、その時期のボランティア可能な方の早期登録をお願いします。(もちろん、その他の時期に関しても歓迎しております)

●その他の注意事項
ご登録をいただきながら、支援への出動要請がないまま、地震直後の支援が終わるというケースが出てくる可能性があります。この点、是非、ご理解をお願いします。

※ご登録下さる方は、登録には「栄村を応援するぞ!」というメッセージとしての意味・意義があるとご理解ください。登録いただくこと自体が、栄村への励まし、 支援になっています。そして、復興への道のりは長いものになりますので、その道のりを支援するという意味合いを込めてご登録いただけますよう、お願いいたします。


 以上をご確認の上、ご登録いただけます方は、「ボランティアの受付」よりご登録お願いいたします。また、合わせて「栄村復興支援機構「結い」について」を事前にご覧ください。

業務再開へ、森林組合の作業が進む(栄村16日の様子3)

 県内でも数少ない村単独の森林組合を守り抜いている栄村森林組合。森集落にある事務所は損傷が激しく、建て替えが必至のようです。
 森林組合は村のいちばん西にある白鳥集落に製材所を置いていますが、そちらはただちに使える状態の事務室が残りました。

 そこで、昨日、今日と、時間は一般家庭と同じ30分間ですが、近隣の森林組合の応援などを得て、かなりの量の荷物を移動。また、県や近隣から事務机などの提供を受け、数日中にも業務を再開できる態勢を急ピッチで整えつつあります。
 各世帯の復旧作業とともに、村の産業経済活動が再開され、軌道にのることもきわめて重要です。森林組合の取り組みに注目したいと思います。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事

隣の飯山市の子供たちから北信小の子供たちへ励ましの声が届く(栄村16日の様子2)


 役場避難所に貼りだされた励ましの声です。送ってきてくれたのは飯山市の泉台小学校の子供たちです。
 避難所の子供たちですが、一緒に遊んだり、みんな元気にしています。また、北信小学校の避難所を今夕訪ねた時は、子供たちが階段などの掃除をしてくれていました。
 子どもたちの元気は大きな励みです。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事

雪と一時帰宅(16日の栄村の様子1)


青倉集落の国道117に面した被災家屋

今日は雪
 今日は未明から雪がずっと降り続きました。夕方近くになると、新潟県の長岡市から支援態勢形成のために来られた方などからは「凄いゆきですね」と言われるほどになってきました。夜に入ると、一段と積雪量が増えています。今日は午後9時ころまで会議をしていましたが、外に出ると、さらに積雪量が増えていました。気温もぐっと下がり、夕方ですでに零下3℃になっていました。風も強く、相当寒いです。この雪と寒さは明日いっぱい続きそうです。
  

午後7時少し前の役場駐車場
 
今日も「一時帰宅」
 今日16日も、昨15日と同じ方法・時間帯で「一時帰宅」が実施されました。
 2回目ということで、「持ってこれるものは昨日持ってきた」ということで、今日は帰宅されなかった人もおられましたが、モノの取り出しというよりも、家の中を少しでも片付けることに取り組まれた方が多かったのではないかと思われます。

 明日17日は、積雪が多く、現在の道路状況や人員体制の問題で除雪が十分に進まないことが予測されることから、「一時帰宅」は取りやめとなりました。
 18日はもう少し長い時間の帰宅が可能になるのではないかと思います。
 
 私のケースを少し紹介しておきます。
 昨日、NPO法人関係の重要なもの、パソコン関係のデータなど、必要最小限のものを持ち出しましたので、今日は少しでも片づけを進めようと考えて、建物に入りました。
 私の管理人としての居室は、畳敷きの寝室スペースと本棚や書類が山積みの仕事スペースに大別されます。地震直後、私が寝ていた布団にはとくに落下物もなかったと記憶していますが、今日、布団を片付けようとしたら、寝ている時の足元部分の上の壁が布団の上に落下し、石膏ボードの瓦礫がかなりありました。おそらく余震によるものと思われます。

 その後、手伝いの人に協力していただいて、床に散乱しているものの中から書籍類だけを引っ張り出し、1ヶ所にまとめる作業をしました。そうすれば、次に入れたとき、書類の片付けができると考えてのことです。
 部屋に入ってから、ひたすら整理に没頭しましたが、ちょっと疲れたなと思った丁度そのとき、消防団の人から「あと5分」の声がかかりました。
 30分だけでも結構のことができることがわかりましたが、結構疲れるものだということもわかりました。

 片付け作業が本格化したら、半日、丸一日の作業になります。あまり焦らず、途中休憩も入れながら、やることが大事だと実感しました。


―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事

15日の様子(その2)

根羽村から蕎麦の炊き出し
 県の社協の呼びかけで、県内各地から炊き出し支援が入っています。
 今日の夕食時には南信(愛知県のすぐ隣)の根羽村から片道4時間をかけて、蕎麦の炊き出しに来て下さいました。
 贅沢は言いませんが、避難所生活で毎食、毎食、おにぎりやパンばかりでは食欲が低下します。こういうときに、一味違う、温かい蕎麦はたいへん喜ばれ、長蛇の列ができました。
 
中条川上流の山崩落現場に調査が入る
 今日、林野庁が調査に入りました。現場に居合わせた消防団員の話によると、調査団もしばし呆然とした様子で、「これはひどい」と言っていたとのことです。
 崩落した山の中腹には、野々海池から森集落の山の上の開田につながる水路が走っていたのですが、山ごと水路がなくなってしまいました。少なくとも今年の作付は絶望的です。
 
集落の絆を守ることが大切
 絶望的になるような話、写真ばかりのようですが、栄村には大きな財産が生きています。集落の絆=結いの心です。
 昨14日、村に来られた中越防災安全安心機構の方も、「避難所のみなさんが落ち着いておられる。集落の力を感じる」と言っておられました。

 これから仮設住宅の建設も課題になりますが、集落の絆を守り、強める方向で仮設のことも考える必要があります。阪神大震災の時の仮設住宅の立地のしかたは大失敗で、中越地震では、一部を除いて、集落毎に仮設住宅を設けるように工夫されたと聞いています。

 私は青倉受託作業班に関わり、青倉米の直売を進めてきたものとして、公民館を失った青倉集落に仮設公民館を建て、集落の人たちが寄り合いをできる場所を確保することが急務だと考えています。みなさんに、そのためのご支援をお願いすることになると思いますが、よろしくお願いします。

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事

家屋の被災状況

 村民のみなさんのお宅の状況はプライバシーに配慮して公開しません。そこで、私(松尾)が管理人となっている栄村ゼミナール館(旧中学校寄宿舎)と「あんぼの家」の状況を写真で紹介します。

  
ゼミ館女子棟2階への階段 


1階食堂と厨房の間の窓が吹っ飛んでいる
真ん中に見えるステンレスの直方体は厨房のダクトが落ちたものです。



外壁にもヒビ 


危険度診断は「黄」です。


「あんぼの家」外観
「あんぼの家」には午後、入りました。外観はさほどの被害がないように見えますが、危険度診断は「赤」。「どうしてなのか?」と思いながら、中に入って驚きました。


「あんぼの家」の中

右のヘルメット姿が私ですが、這うようにして辛うじてモノを探すことができる状態。幸い、車のキーと通帳を見つけることができました。この時、覆いかぶさっているものは倒れたモノだと思っていたのですが、外から見ていた人が「2階が落ちているんだ」と言うのです。「そうなのか」と思って、梯子をかけて外から2階に入ると、下の写真のような状況。


玄関上の1室は残っているのですが、建物真ん中の部分は2階がすっかり落ちています。写真真ん中に見えるのは、1階奥の台所の流し台です。
 
地震の惨状を改めて思い知らされました。
と同時に、「嘆いてもはじまらない。前にむかって進もう!」という思いでいます。
 
一時帰宅は明日も行われます。

大半の集落で一時帰宅(15日の様子)


今日は、震災後初めての一時帰宅が実施されました。

各集落は、午前の場合は、常会(多くの集落では3つくらいの常会という単位があります)毎に8:30、9:30、10:30のいずれかの決められた時間帯に消防団員の誘導で自宅に向かいました。自宅滞在時間は30分間です。
みなさん、貴重品と着替えなどを取り出し、避難所に持ち帰られました。

表題で「大半の集落で」としたのは、小滝集落については、集落に向かう途中の道路で雪崩の危険があり、住民側の判断・申し出で一時帰宅が延期されたためです。雪崩の危険が完全に除去できる除雪を村にお願いし、その作業が優先されています。

(※写真は青倉集落第3常会の人たちが集落に着き、自宅に向かう前に消防団から注意事項を聞いているところ)

―栄村ネットワーク関係者 現地からのメール記事