プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

鳥甲牧場の幻想的な風景

 

 11日午後5時35分撮影。
 鳥甲牧場では雪消えが一挙に進んでいて、いたるところから水蒸気が昇る。それが生み出す幻想的な風景です。
 次頁でさらにもう1枚。

 

 

 

 

 この2枚を撮る少し前、不耕作地に雑木がたくさん生えるところの雪消えの様子もあまり見たことがない風景だった。

 

 

 

 3日前の8日に鳥甲牧場に行った時は積雪のある面積の方が圧倒的に多かったが、11日午後4時頃に訪れると広大な面積から雪が消えていて驚いた。この数日でいっきに雪消えが進んだ。

 

 

 日出山線から入って行って最初に見える景色はまだ雪景色だが、もう雪は薄く、あと数日で消えるのではないかという感じ。

 

 

 

 11日は午後3時半に国道117号の逆巻交差点から日出山線に向かい、午後6時には同交差点に戻るという強行軍。鳥甲牧場の景色を撮影することが目的ではなく、極野〜五宝木間の道路状況を把握するための行動。10日朝に極野側から入ったが、途中で斜面崩落地点があり、先に進めず。ちょうど極野〜五宝木間の中間あたりの地点。その地点と五宝木の間の残雪状況等を把握するために急遽、向かった。
 残雪で車では進めなくなった地点から片道徒歩約20分、まったく人気(ひとけ)のない山道を写真を撮りながら進んだ。
 復路には素敵な景色も目に入ってきた。それを1枚。

 

 

 光が射している時間帯ならば、もっと綺麗だろう。

 

 

 冒頭の写真のように、じつに幻想的な景色を眺められて、疲れを吹っ飛ぶ感じだったが、その後は前方がほとんど見えない濃い霧の中。「もう進むのは危険か」と思いながらの運転だった。

 


見倉のカタクリ群生地は見頃になりました

 

 見倉(津南町)のカタクリ群生地は、予想通り、今日10日、見頃になっていました。
 上の写真の撮影は午前10時4分。
 「満開」というわけではありませんが、「サクラの満開」に相当するような時期はおそらくないのではないでしょうか。そして、今週末〜14日日曜日ころが見頃で、来週になるとちょっと遅いのではないかなあと思います。
 行き方ですが、津南町大割野交差点から国道405を清水川原まで車で車で25分程度。清水川原の手前で東秋山林道に入り、さらに15分程度。見倉集落を過ぎて、トンネルの手前が群生地。案内看板が出ています。
 鑑賞は木道の上から。絶対に群生地の中に入らないでください。

 

 

 群生地の全体イメージはこんな感じです。
 写真ではちょっと分かりづらいかと思いますが、木道沿いの地面はほぼカタクリで埋め尽くされています。

 

 

 

 

 

 群生地付近から中津川対岸に見える景色。

 

 

 雪が残る山は高倉山。

 

 

 

 見倉集落。薪を積み上げる人と出会いました。

 

 

 最後にカモシカの写真をどうぞ。

 

 

 見倉から国道405に下って、清水川原第一スノーシェッド脇の崖にいました。

 

 


鳥甲牧場と五宝木の遅い春の訪れ

 

 鳥甲牧場でようやく本格的に土が見えてきた。
 5月8日午前8時9分の撮影。
 午前7時すぎに上郷のスタンドで給油をして日出山線へ。
 鳥甲牧場に入った時はまだほとんど雪景色だったが(次頁写真)、牧場の中心部まで進むと、上の写真のような様子が見られた。

 

 

 

 1頁の写真を撮った時に高倉山も撮ってみた。

 

 

 

 

 その後、五宝木集落に向かい、8時19分の撮影。
姿が見えるのは阿部文夫さん。阿部さんは日出山線が開くと同時に五宝木に通われていたが、もう五宝木の家に戻って畑をやっておられた。
 畑に見える緑色は行者にんにく。

 

 

 

 

 五宝木集落の下(しも)の方に進んで驚いたのは、まだ森におられると思っていた山田政治さんが畑におられたこと。「3日に戻ってきた。子どもに畑を耕起してもらって」とのこと。
下の一枚は政治さんの家の手前からの眺め。

 

 

 


今日は野々海の雪山道トレッキング

 

 昨日、スキー場の残雪のゲレンデを登ってカタクリを見た後、「次は野々海に行こう!」と思った。
 スキー場頂上のカタクリのレポートを制作した後、天気予報を見ると、9日の午前中は晴れ。ということで、今日行くことにし、泉平などでの配達の後、道がまだ割られていない地点を午前10時54分にスタート。雪道をひたすらに歩き、11時52分に上の写真を撮影。野々海池の堤が見えた瞬間の画像。
 ここまでほとんど休憩なしで一気に来た。
 震災前に一度、雪の中を歩いて野々海池まで来たことがあったが、その時は4〜5人連れ。今日はまったくの単独行。
 地上の積雪は予想していたよりも多かった。2m超の地点もかなりあるように思う。
 野々海池の池の上の雪はそんなに多くない。やはり水の上にある分、融けるのがはやいのだろう。
 余水吐周辺の様子は次頁で。

 

 

 

 

 余水吐から落ちる水の勢いはまだそれほど激しくない。

 

 余水吐の様子はもっと全面的に撮りたかったが、これ以上、雪の斜面を下ることは危険。一歩誤ると、余水吐下に落ちる。すると、いっきに急坂になっている流れにのみこまれ、まず助からない。余水吐の撮影には、下の写真の斜面を下った。

 

 

 

 

 11:59。池を見下ろす地点に腰を下ろして休憩。リュックからバナナを取り出して食べる。
 このあたりでは、まだ鳥のさえずり声も聞こえない。まったくの静寂。
 その中で、なにか拡声器から流れるような音がかすかに聞こえてきた。耳を澄ますと、白鳥集落
の正午を知らせるメロディー。
 木の葉も繁っていず、遮るものがないので、ここまで聞こえるのだ。

 

 


野々海池の幅が狭まる東窓方向の様子。帰路に撮影。
これまでの経験から知るところによれば、池の雪はこちらが先に消える。

 

野々海三叉路の湿地の様子。

 

 

 ここからは往路の様子を少し紹介。

 

出発点

 

10:55

 

10:58

 

11:03

 

11:13

 

見覚えのある景色・地形。円筒分水器のある地点だ。11:23。

 

どれくらいの雪があるかがよくわかる1枚。11:28。

 

11:32。

 

これも見覚えのある景色・道の流れ。
このカーブを曲がると三叉路だ!
11:36。

 

三叉路到着!11:40。
いつもとはなにか違う感じがする。低木が見えないからだ。

 

三叉路から野々海池堤への道。
池の近くを通るのが近道とは思ったが、池に転落する危険があるので、通常の道があるあたりを進んだ。11:45。

 

通常の道はここから左へカーブして廻り込んで前方に見える「尾根」に出て、堤に向かうが、ここだけショートカットでまっすぐに進んだ。11:48。

 

ブナの木の根開き。11:49。

 

水番小屋の赤い屋根が見えた!
11:50

 

 

 帰路は下りが基本なので速かった。

 

軽トラを停めた地点に帰着。12:43。

 

 

 「道に迷わないか」が唯一の気がかりだったが、電柱が目印になった。来年はGWに〈野々海池雪山トレッキング〉を企画すると面白いかなと思う。

 


残雪のゲレンデを登った先に・・・

 

 スキー場内の村道を上がっていくと、まだ残雪があって頂上までは行けない。
 「今日は歩いてでも頂上まで行く!」と心に決めていて、午前中の秋山での配達を終えた後、スキー場に上がった。「車ではもうこれ以上進めない」という地点からゲレンデを歩いて登り始めたのは午後1時ちょうど。登り終えたのは10分後だった。
 3分咲きというところだろうか。
 明日9日は天気が悪いが、10日には見ごろになるのではないかと思われる。
 上の写真は、カタクリとスキー場頂上の林の残雪とのツーショット。

 

 


スキー場頂上のカタクリと鳥甲山。

 

 

 

 

「車ではもうこれ以上登れない」と判断した地点。

 

登ったゲレンデの残雪。

 

 

前進・後退を4〜5回繰り返して突破した地点。

 

スコップで雪を取り除いて進んだ地点。
左路肩に見える雪が除雪したもの。

 


 数日内に除雪が入るという話も耳に入ってきたが…。
 「10分くらいならゲレンデを登る」という方はご案内します。途中までは自車。普通車では困難な地点からは軽トラで案内します。

 


「おいこっと」お出迎えの記録

 飯山線を走る特別観光列車「おいこっと」。
 通常は土日のみの運行ですが、GW期間は土日以外の3日〜5日も運行。
 4月30日(日)に続き、3日から6日まで毎日、森宮野原駅で「栄村のご紹介」という手作りパンフレットを持ってお出迎えをしました。明日「「7日も「おいこっと」が走りますが、私は村外に出かけるため、お出迎えに出られません。観光協会の人が出てくれるだろうと思います。
 ひとまず、3日(水)〜6日(土)の様子の記録をまとめます。

 

3日(水)

 

3日(水)の到着。芽吹きが鮮やか。
この日は「かねく」のおとうさんも出迎えに出て下さった。

 

 


 この日は、観光協会長が横断幕を取り付け。森宮交通の社長、観光係長の姿も。到着した「おいこっと」からは法被姿の商工観光課長と職員1名が降りてきた。横断幕は昨秋のSL運行時に村が作ったものだそうだ。
 5日になってわかったが、この日は「栄村の当番」だったそうだ。何の当番なのかはよく分からないが…。


4日(木)

 

4日(木)は津南町の地域振興課の職員2人(下の写真の黄色の法被姿の人)が笛の奏者を伴って姿を見せた。津南町の紹介パンフの入った袋を配っておられた。
卯ノ木神社の笛だそうだ。その音色は素晴らしかった。

 

 

見送りに手を振り返して下さる乗客のみなさん。

 

5日(金)

 

 4日も暑かったが、5日はさらに暑かった。冷やしたトマトジュースを用意した。1箱30本入りで税込2500円。2箱で5千円、自腹をきった。


 「一人でどうやって配ろうか?」と心配したが、観光協会の藤木文徳さんが手を貸して下さって、うまくいった。有塩と無塩、各30本ずつだったが、どちらかというと有塩を好む人の方が多かった。乗務員の人にも飲んでいただいた。
 もちろん、ただ無料サービスだけというわけではない。お配りするパンフに「さかえむらトマトジュース」の原料となる慣熟トマトの宮川頼之さんの畑での収穫風景の写真を入れ、購入方法の案内も書き込んだ。

 

車内では早速トマトジュースを飲んで下さっていた(窓に反射するものまで写っていて見づらいが)。

この日は「子どもの日」で、お子さん連れの乗客も多く、ほぼ満席だった。

 

列車の姿が見えなくなるまで手を振る文徳さん。

 

6日(土)

 

 6日はあいにくの雨。ただ、到着少し前まで強い降りだったのが、到着時、ほぼ止んだのは幸いだった。
 GWもほぼピークを過ぎたようで、乗車率は50%を切っていたようだ。

 

 今日はこんな写真が撮れた。
 お配りしたパンフを早速見て下さっている様子。
 30日、3日、4日に配っていたパンフを5日に作り変えた。「いま」を撮った写真中心から、5月下旬〜夏・秋・冬の写真を集めたものに変えたのだ。
 1頁目は5月下旬の野々海池の写真(2015年撮影)。「こんな素晴らしい景色に出会えるならば、今度は栄村をめざして来てみよう」と思っていただくための作戦。
 5月下旬でも雪に覆われている野々海池の写真には配布時にも驚きの声がきこえた。

 

 毎土日に出迎え続けるのは大変だと思うが、参加してくれる人を募って、続けていきたい。


秋山郷:わずか3日で蕾から一挙に満開へ

 

 昨5日は、午前11時に「おいこっと」のお出迎えを森宮野原駅でした後、「栄村復興への歩み」の配達で秋山へ。
 日出山線〜鳥甲牧場経由で屋敷集落に出て、屋敷橋に近づいてびっくり。2日に訪れた時には対岸からは蕾さえ確認できなかった山桜が満開。
 4日、5日と連続して20℃台後半の初夏を思わせるポカポカ陽気。桜が一気に目覚めたようです。
 上の写真、二筋の滝と山桜をセットで撮ったものですが、この写真にはもう一つの意味が…。
 写真左下、川岸に座っている人が写っています。姿が重なってちょっと確認しづらいでしょうが、お二人です。
 「こんにちは」と声をかけてお話させていただきました。
 橋のたもとに停車していた車は岐阜ナンバー。「こちらにはよく来られるんですか?」、「二度目です」という感じで会話は始まったのですが、ご夫婦で、じつは奥さまの故郷が栄村のある集落(集落名、屋号等をお聞きしましたが、ここでは伏せておきます)。405号線ではなく、日出山線〜鳥甲牧場を経由して来られたようです。私のことも知っていて下さいました。

 GWの栄村は一挙に人口増。観光客の人たちの来訪もありますが、圧倒的に多いのは帰省の人たち。お孫さんは言うまでもなく、お孫さんのお子さん、すなわちひ孫さんもご一緒というケースも。村がとても賑やかです。

 次の頁の写真、他の人たちよりも一足早く帰路に着いた親族が集落の上の道路を進むのに手を振る人たちです。ピントが家屋に合っていて、顔がはっきり見えないので掲載することにしました。

 

 

 この家には10分ほど前に訪れ、こんな会話をしました。
   「失礼ですが、息子さんですか、それともお孫さん?」
   「はい、孫です。正確に言うと、孫の旦那です。」
   「すると、こちらはひ孫さん?」
   「そうです。」
 ひ孫さんを中心に、シャボン玉遊びをされていて、とても賑やか、楽しそうでした。
 平素は、かなり高齢のご夫婦お二人だけのお家です。

 

 タイトルから言えば、桜を中心として風景写真をどんどん紹介すべきところですが、いろんなところで声をかけて、素敵な出会いがたくさん。もう1枚、紹介させてください。

 


 上の写真は天池付近。写真ではお二人のように見えると思いますが、親娘3人連れのご家族。東京からのお客さまでした。とても感じのいいご家族。言葉を交わしたのは、つぎのような風景が見える地点。「定番スポット」から一歩進んで、ゆっくりと散歩し、素敵な風景を楽しまれている光景を見ると、こちらまで嬉しくなります。

 

 

 

 それでは、風景写真の紹介に進みます。

 


 日出山線の上日出山にて(11:50)。
 真っ白な雪、芽吹き、そして山桜の三点セット。
 もう住む人がいない集落(津南町)ですが、素敵なところです。

 


 上日出山から途中2〜3度写真撮影に立ち止まりながら10分ほど進んだ地点にて。
 一面真っ白な雪の上での満開。めったに見られないですね。手前の芽吹いた広葉樹と重なって、桜の満開を全面的には撮れなかったのは残念ですが。時間が許せば、雪面の方へ下って行ったのですが…。

 このあたりから、周りの雪のせいで涼し気になってきていましたが、鳥甲牧場では風もあって、「寒い!」という感じ。かなり雪消えが進んだとはいうものの、まだこんな感じです。

 

 

 

 矢櫃(やびつ)トンネルをこえたところの「秋山郷ビューポイント」からの1枚。12:36。秋山郷の芽吹きはまだほんの初期という感じですね。

 

 


 屋敷方向へ少し進んだところ。スノーシェッドの手前の紅葉絶景ポイント。雪融けの季節だけ、豪快な滝になります。全景と紅葉期の様子は次の頁で。

 

 

 紅葉期の写真は昨2016年10月26日撮影。

 

 

 屋敷橋近くの二本筋の滝とヤマザクラのポイントから少し上流の方に進むと、こんな景色が見られます。13:09。

 

 上の原集落のあるお家の玄関先から。逆光で鳥甲山の黒木尾根が光って見えますが、プライベート絶景ポイントです。電信柱が入らなければなおいいかと思いますが、暮らしのためのものですからやむを得ないですね。14:00。
 お家の方の許可を得ての撮影です。この日は帰省中のご長男さんをご紹介いただきました。

 

 和山・仁成館(じんせいかん)前から。14:41。
  (仁成館は旅館としてはすでに廃業されています)


 撮影が多くなり、配達ははかどらず。
 帰路、見倉集落のカタクリ群生地に立ち寄ってきました。清水川原から上がって、見倉トンネル手前までは除雪され、群生地まで行けます。カタクリは開花が始まっていますが、5月10日頃からが見ごろなのではないかと思います。


今夕もクマが木に登っていた

 

 5日夕5時50分頃、スキー場から下って3日夕のクマ目撃地点に近づくと、軽トラ1台が停車中で、カメラを手にした知人がいた。「いるの?」、「います、います」。
 まず、クマがいる場所を示そう。
 城ヶ館の農道崩落地点(復旧済)からの撮影で、横倉沢川を挟んで、対岸左上方に横倉の山の携帯電波塔が見える(青色でマーク)。赤色で囲ったのが5日夕にクマが登っていた木で、黄色マークがクマ。
 ブナなどがどんどん芽吹き、木々の様子が日々刻々と変化するので分かりにくいが、3日夕に登っていた木とは異なる木で、3日よりも向かってやや左手の木のように思われる。
 さらにいえば、5日の木は、木の幹に大きな穴が開けられ、クマの巣になっている木ではないかと思われる。4日夕に撮影して、そういう木を発見したが、その木と形状、周辺の様子が似ている(撮影角度が異なるので明確な断定はできないが)。
 次頁以降で、クマが木に登っている様子、木から降りてくる様子などを示す。
 なお、クマが木を揺すり、木全体が揺れる瞬間も目撃したが、その様子はうまく撮れていない。

 

 

 

 午後5時55分撮影。拡大したものを下に掲載したが、木の幹・枝にまたがっている様子がはっきり見える。

 

 

 午後6時3分。クマが木から降り始めた。その様子を連続写真で。

 

 

 

 

 

 

 

 

6時5分

 

 木の幹に姿が隠れたが、顔は見えている。

 最後の写真でクマの顔が見えているのがわかったのは、写真データを整理してからのこと。「もう見えない」ということで、この日の撮影はここまでで終えた。

 


クマがブナの木に登り、新芽・新葉を食べる

 

 上の写真は、クマがブナの木に登り、新芽・新葉を食べているところ。撮影時刻は3日午後6時19分。場所は横倉沢川沿いの横倉の山。撮影地点は横倉沢川を挟んで反対側の青倉集落・城ヶ館(じょうごだて)上の農道上。撮影地点とクマが登っている木の間の距離は100〜200m。撮影した写真を拡大して提示しています。
 夕刻6時9分、「そろそろ温泉に行こう」と思っていた時に知人から電話。「クマが木に登っている。すぐに来ないか」という知らせ。軽トラを飛ばして、8分ほどでクマが見える地点に到着。1枚目の写真を6時18分に撮っています。
 当初は1頭のみを視認しましたが、その後、後から駆け付けた人も含め、「3頭いるぞ」という認識。少なくとも2頭は同時に撮影できました。
 次頁でその2頭同時撮影の写真をご覧ください。

 

 2頭の姿をはっきり確認できます。1頭はブナの木の上。もう1頭は地上を歩いています。午後6時34分の撮影です。
もう1枚あります。

 


 ブナの木に登っているクマの姿が見えると同時に、ブナの木の左部分の葉の陰にもう1頭のクマの黒い姿が見えます。この写真は6時26分の撮影ですが、この写真の直前に撮ったもの(下の写真)を見ると、葉の陰に隠れる前のクマの姿をはっきり確認できます。

 

 

 

 クマがいた場所の全体像を示します。

 

 

 手前に斜面が崩壊している様子が写っていますが、一昨年の融雪期、青倉・城ヶ館上の農道が崩落した場所です。
 クマが登っていたブナの木は、山の上方のものではなく、この写真の真ん中よりやや右に1本だけ芽吹いているものです。

 ブナの木にクマが登っているのを見たのは初めて。また、複数のクマを同時に見たのも初めて。
 「こんな場所に人はいかないから大丈夫」と思う人もおられるかもしれませんが、山菜採りの名人はこういう山の斜面などに行かれるものです。また、こういう場所で採れる山菜はいいものが多いのです。
 山菜シーズンを迎えたいま、非常に危機感を抱かずにはいられません。クマの有害捕獲の許可期間は4月30日で終了しているようですが、先日の「トマトの国」対岸のクマ(「栄村復興への歩み」No.305掲載)といい、今夕のクマといい、私たちの暮らしにとっての切迫した危険を感じます。特例措置での駆除許可を望みたいです。


自然界の物凄さを驚きいっぱいで感じました

 

 写真右手真ん中あたりに雪の壁から突き出た枝が見えますが、この位置が私の頭の高さのやや上。雪の壁の高さは5〜6mくらいと思われます。真冬の撮影ではありません。今日5月2日の午後2時29分の撮影です。雪の壁の上と下の様子は次の写真をご覧ください。

 

 

 雪の壁の上の様子。秋山林道のミズノサワ(オオミズ)です。

 

 

 雪の壁の下の様子。オオミズを下ってきた雪が雑魚川にむかって沢をさらに下っています。

 

 

 

 こちらはコミズ(小水)。オオミズよりも少し切明寄り。
 全体の姿はこちらの方がより美しく見えるように思いました。鳥甲山連峰の頭(かしら)の1つが見えます。

 

 栄村が管轄する秋山林道はすでに道が開けられています。ただし、オオミズの手前で1本の木が根っこから抜けて倒れ、林道を完全に塞いでいます(下写真)。1枚目〜3枚目のオオミズでの写真は歩いて進んで撮りました。

 

 

 

 3日からの5連休。秋山郷・切明温泉を訪れる人も多いことと思います。
 切明温泉から切明橋を渡って、秋山林道へ向かう道路、開いていますが、進むことは危険です。斜面が抜けて、道路が半分塞がっている箇所、道路一面を落石が覆っている箇所があります。また、秋山林道の屋敷〜切明間ですが、白沢〜切明間は危険な状態です。通行中に大量の石が落ちてくる可能性、すでに道路上にある落石を避けきれず、タイヤが弾んで、ひとつ間違えれば車ごと谷に落ちる危険があります。
 ここまでに紹介した写真、いまの時期しか見られないものですが、この連休期間は、あまりにもリスクが高いので、近づかないようにしてください。役場に連絡し、通行できないようにバリケードの設置等をお願いしました。
 危険な箇所、何枚か紹介します。

 

切明から秋山林道に向かう道路。斜面が抜けている。

 

 

 

白沢付近。

 

同じく白沢付近。

 

 

秋山郷はまだ芽吹き前ですが・・・

 

 清水川原を越えたあたりでは芽吹きが見られますが、小赤沢から奥はまだ芽吹き前。
 でも、上の原〜和山間でなぜか桜が2本開花。桜と鳥甲山のツーショットが撮れました。2枚、ご覧ください。

 

 

 

 

 桜の写真をさらに2枚。

 

 

 大赤沢から前倉橋に下り始めたところの左手。新潟県柏崎市から来たという人がカメラを構えていて気付きました。午後3時半頃で逆光です。

 

 

 

 苗場山と桜。前倉付近で午後0時半頃撮影。

 

 

 最後に、雉の写真。コミズ、オオミズに向かう途中で出会いました。