プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

何気ない風景を撮る

 

 24日の午後4時すぎ、原向(はらむき)集落堀切(ほりきり)地区のたった1軒のお宅に配達して、次の登渡(とど)地区にむけて車をスタートさせようとした時に目に入った景色。
 この日は青空が見えながら雪が降るという変な天気だったが、ここでは雪は止んでいた。
 木の枝先にはすでに春が感じられる。東の青空から射してくる明るさにも冬の厳しさとは異なるものが感じられる。
 堀切で暮らすかあちゃんが、先日、「私は何気ない風景が好きなの」と言っておられた。
 たまに家から外に出た時、かあちゃんの目にもこの景色が入っていることだろう。
 右に見える建物は、留守屋の作業所・物置。住人は数年前に亡くなられたが、息子さんが首都圏から通い、田んぼを続けておられる。留守屋の冬の管理は大変だが、この建物からは人とのつながりがあることが感じとれる。


 今日は、「こんな風景を撮りたい」と思って、わざわざ出かけた先で撮ったものではなく、配達の途中で出会った「何気ない風景」を集めてみた。

 

 

 25日午前10時少し前、平滝集落にて。
 国道117号線よりも山寄りのゾーンを廻り、油科正一さん宅(屋号「ほしば」)と油科光子さん宅(屋号「新屋」)の間の道を進んだ先での撮影。25日の昼間は快晴でポカポカ陽気になったが、この時間はまだ雪。
 この道は野々海池に通じるもの。もちろん今の時期は途中で進めなくなる。私は写真手前の道分かれのところを右へ進み上倉重平さん宅(屋号「重介」)に向かった。

 

 

 

 私自身も初めて目にする風景。
 写真中央に見えるのは青倉集落の棚田がある西山田(にしやまだ)の山。
 写真左側に山に上っていく九十九折れの農道が雪に覆われながらも見える。杉の木も見える真ん中の小山は、火の神様・秋葉様が祀られており、また、現代においては携帯のアンテナなども設けられている。
 撮影地点は森集落中条地区の集落内道路。手前に見える雪は中条地区内道路の雪の壁の上部。午後2時すぎの撮影。

 

 下はほぼ同じ地点で撮ったもの。
 スキー場がいつもとは少し違う感じで見える。

 

 

 

 

 家の裏手の急崖に自然に積もった雪、家周りの雪をロータリーで飛ばしたもの、上の道路から除雪で飛ばされた雪、その3種の雪がつながりあって生まれた景色。
 坪野集落の斉藤英喜(えいき)さん宅(屋号「上の中段」)のポストに「復興への歩み」を入れ、振り返って車に戻ろうとした時にパッと目に入った景色。
 「上の中段」という屋号の由来が一瞬にして理解できる風景でもあると思う。

 

 

 

 22日朝9時半すぎ、精米のための米運び作業を始める直前に青倉共同車庫横の雪山から。
 雪崩防止柵が見えるのは冬期閉鎖の四ツ廻りの道路。
 この間、ブナの木の枝先の色の変化をできるだけ近くから撮ってみたいと思っていたが、意外なところで、その1枚が撮れた。

 

 下が撮影地点の雪山。道路除雪でタイヤドーザーが押し出した雪の山。右手の屋根は共同車庫のもの。

 

 

 

 

 22日正午すぎ、森宮野原(もりみやのはら)駅と五宝木(ごほうぎ)住宅。
 この地点からは線路もあまり見えず、右手に見えるものが駅だということは初めての人にはわからないかもしれない。
 五宝木地区は、冬期間、除雪が困難なために五宝木から山を下ってくる人たちが暮らす村営住宅。

 

 下は森宮野原駅前駐車場での1枚。駐車場の除雪で飛ばされた雪で駅のホームは辛うじて屋根だけが見える状態になっている。

 

 

 

 

 豪雪の村で、春の訪れを最も強く感じさせるのはぶ厚い雪が融けて田んぼの土が見えること。19日午後撮影。
 1週間前になるが、箕作(みつくり)集落のあるお宅に「復興への歩み」を届けた際に、この景色が目に入ったときは驚いた。「えっ!もう田んぼが出ているの?!」。
 その秘密は水。
 前回の配達の時、高齢のご夫婦が懸命に雪をかまっておられた。田んぼに流れ込む水路を開けておられたのだろう。下がその水の流れ。

 

 

 

 

 箕作のお宮のそばにて。千曲川に清水川原のスノーシェッドが映る。
 別のあるものを撮影しようとした時に偶然目に入ったもの。やはり19日午後の撮影。

 


村の風景を楽しむ

 新年を迎えた際の第300号で「栄村の四季を楽しむ」という写真アルバムをお配りしました。たいへん好評をいただき、部屋の壁に貼って下さっている方も多いようです。「私は“何気(なにげ)ない風景”の写真が好きなんですよ」と声をかけて下さった方もおられます。長い文章が続きましたので、ここらでいっぷく!“何気ない風景”をどうぞ。

 

 

 県道北野森宮野原線を走り、切欠集落を過ぎて直線コースに入ったところで、道路左手を撮影したもの。見えている集落は津南町の加用(かよう)・百(もも)の木(き)集落、中央の山は高倉山です。一昨年の暮れに1枚の写真を撮ってから、気に入っているポイントです。

 


 北野橋上から北野川沿いの絶壁を撮ったもの。岩にぶら下がるツララがとても綺麗です。橋の上から見る全体像は下のとおりです。(撮影はいずれも2月11日夕)

 


 “意外なところ”に、とてもきれいな風景があること、お伝えできたでしょうか。

 

 

 小赤沢の北信生コン敷地内から鳥甲山を望む。この日の白(しろくら)の白さと迫力はとても強烈でした(2月4日撮影)。

 

 

 津南町穴藤(けっとう)の吊り橋(4日撮影)。

 


 飯山線の除雪車。横倉駅での1枚です(1月5日撮影)。

 

 5頁下段からは写真アルバムになりましたが、いかがだったでしょうか。
 文章でお伝えしたいことも沢山ありますが、“栄村のいいところ”を写真でご紹介することも「栄村復興への歩み」の重要なテーマだと思っています。毎号というわけにはいきませんが、時々、こういうことを試みたいと思います。
 感想など、お聞かせいただけると有り難いです。


2017年新春2日、晴れ上がった栄村

 

「トマトの国」の展望台から。11:49撮影。

 

横倉集落。11:56。飯山線の線路も白い。

 

月岡小滝線からの眺め。12:01。

 

手前、月岡集落大巻の田んぼの姿が美しい。12:01。

 

ソリ遊び。12:03。

 

貝廻坂から。12:07。

 

野田沢集落から関田山脈を望む。12:14。

 

貝廻坂の大曲がりのカーブから。12:18。

 

貝廻坂を下る途中、戦国の世の山城・仙当城の址がある山。その先
も険峻な山々が連なる。12:22。

 

大巻で千曲川が大きく湾曲する。12:28。

 

西南の陽をうけて光り輝く千曲川の水面。百合居橋上から。12:31。

 

同じく百合居橋上から上流方向を眺める。清水河原スノーシェッドの赤色がきれい。12:32。

 

横倉駅にて。12:36。ここで別の日の写真を1枚加えたい。

 

昨秋11月1日、試運転のSL。今度は是非とも雪の中を走らせたい。

 

帰省した人を見送る。

 

四季折々の景色を撮り続けた切欠集落。13:15。

 

原向に上る坂の途中にて。見えている集落は加用と百の木(共に津南町)。13:18。

 

左は苗場山。右の真っ白な山は奥志賀の山並みか。

 

原向の田原。正面に毛無山。野沢温泉スキー場のゲレンデが見える。13:23。

 

時は大きく進んで、17:05。中条から、宵の明星と三日月。

 

最後に再び、「トマトの国」の展望台から。17:18。

 

 


冬の朝の表情

 

 上の1枚は今日30日午前8時16分。遅い起床の後、窓からの景色を見ると、昨日の天気からは想像できない青空。しかし、霧で山は鮮明ではない。その17分後、8時33分には霧もすっかり晴れた。

 

 

 

 昨29日は、どんな様子だったか。つぎをご覧ください。

 

 

 29日午前10時26分の撮影。家の裏の田んぼの法面も白くなっていた。


晩秋の11月13日続編

 

 13日深夜に「晩秋の11月13日」として編集したものは、じつは13日撮影分の半ばまでだった。続編をお届けしたい。
 時間的順序としては最後の撮影だが、前倉橋の珍しい1枚。東秋山林道から撮ったもの。13:50。

 

 この日、とくに感動したのはブナなどが落葉した中でひときわ目立ったカラマツなどの橙色。
 1枚目は、秋山林道から見た苗場山と月夜立岩。11:10。たしかに、震災前に月夜立岩を訪れた時、周辺にカラマツの造成林が広がっているのを見たことがある。

 

 

 つぎは、上の原から苗場山三合目へ上がる道路の途中に見える上の原〜和山方向の眺め。12:27。これを10月26日の眺めと見比べていただきたい。

 

 

10月26日

 

 

 上の原から先の1枚の撮影地点に上る途中の景色。この季節に私が大好きな雰囲気です。12:23。

 

 最後に、大瀬の滝で撮った2枚。12:40〜42。

 

 


晩秋の11月13日

9:45。極野集落から鳥甲線に入って間もなく。

 


10:14。五宝木集落にて。

 

10:26。今季、冠雪の鳥甲山に初対面。

 

10:28。10月26日は紅葉の真っ盛りだったが。

 

 

 

10:32。ちょっと視線を変えただけで、かなり雰囲気が変わる。

 

10:32。布岩撮影地点で後ろを振り返って。

 

10:37。屋敷集落は今日が普請の日。

 


10:39。秋山林道を進む途中。赤瑤瞭の北側か。

 


10:42。不動滝の手前で上の原集落を望む。

 

10:44。不動滝。

 

10:47。白沢。このとき、上空に飛行機音。北海道に向かう民間機だ。

 


森の開田のさまざまな顔

 


 7日午後、森の開田の上にあるフクザワコーポレーションの現場事務所を訪ねた帰り、森の開田が見せるさまざまな表情を撮ってみた。
 写真は、上から下りながら撮った順に並べている。
 開田の中を走る主要道から外れて、田んぼの畔などから撮ったものもある。
 稲刈りが終わり、9日にも初雪と言われる中、紅葉に包まれる開田といものもなかなかいい。

 

 

 

 

 

 


冬と秋を交互に見つめて…〜2016年11月2日〜

 

 この1枚は午前10時32分撮影。
 「トマトの国」へ上がる最後の大きなカーブから見える景色が今日も私を驚かせた。
 急ぎの原稿をかかえ、朝6時に起床してからずっとPCにむかっていた。10時すぎに一段落し、ある工事現場に向かおうとして、この景色に出会った。
 たしかに寒い朝だったし、昨夜の天気予報は「高い山では降雪」と言っていたが、まさかこんな様子になっているとは夢にも思っていなかった。
 予定を変え、スキー場から野々海にむかった。
 進行方向には青空が広がる秋の景色、しかし、横を見たり、振り返ったりすると冬の景色が広がる。そういうことの繰り返しだった。
 ただひたすら写真を並べてみたい。上のものも含めて15枚。時間のみを記す。

 

 

10:33

 

10:41

 

10:49

 

10:51

 

10:55

 

10:59

 

 

11:09

 

11:24

 

11:32。野々海にも雪が降ったのだ!

 

11:33

 

11:38

 

11:41

 

11:56。帰り道、一瞬、北アルプスが望めた。標高950m位の地点にて。

 


極野、10月19日

 今日15日午前、極野集落に配達に行ったとき、奥山の紅葉がとても綺麗になっているようだったので、中部電力のダムまで行ってみた。
 いろいろ書き留めておきたいことがあるが、風邪ひきで体調がよくないので、ひとまず写真だけ並べてみることにした。
私が進んだ道は極野の人たちが責任をもって管理されているところなので、無断では進入しないようにしていただきたい。また、クマの出没の危険もある。

 

10:56

 

11:14

 

11:15

 

11:17

 

11:24

 

11:27

 

11:27

 

11:30

 

11:30

 

11:35

 

11:36

 


11:41

 

11:41

 

11:59

 

12:05

 

12:10

 

 

12:22

 


五宝木にて、10月15日昼

 

 

 

 

 この4枚は、正午頃に、五宝木の共有地(旧村営牧場跡)で撮影したもの。
 知人と二人で、集落の人の許可を得て、立ち入った。
 今朝は暖房が必要なほどに冷え込んだが、共有地内で山ブドウを求めて歩いたりしているうちに、汗がびっしょり。薄手のセーターとヤッケを脱ぎ、シャツ1枚になった。そんな中で撮った写真。
 共有地の中はいたるところ、ススキでおおわれている。「なんとか再生できないものか」というのが私などの思い。五宝木の人も「手を入れれば、豊かな山菜などが蘇る」と話しておられる。
 栄村における「村おこし」というのは、こういうことを真剣に考えることではないかと思う。ちなみに、五宝木の古老は「春に山菜をいっぱい採れば、300万円は稼げる」と話しておられる。
 経済、職の確保の面から考えても、こういう豊かな自然の活かし方を真剣に追求しなければ、と思う。