プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.95 (通算第129号) 11月4日 

青倉公民館、地鎮祭が行なわれました


 3日午前9時から、青倉公民館建設予定地で地鎮祭が執り行われました。
 地鎮祭には、村から村長、青倉集落からは区長、副区長、評議員会議長、公民館主事、そして施工者のサン・タキザワの社長などが出席、厳粛な雰囲気の中、滞りなく20分程で終わりました。

 工事担当者にお聞きしたところ、地盤の工事が来週から始まります。本体工事は、県産材を使用しますが、材を集めるのに時間を要することから12月頭からになるそうです。なんとか根雪になる前に外屋を建て、冬の間に内装工事を行ない、来年3月までに完成するように運べることを切望しています。

 みなさまにご協力いただいている青倉公民館再建基金ですが、主に集落各世帯負担金のカバーに使わせていただきます。近く、最終的な基金使用計算書を作成し、ご報告する予定です。

 
* 森の公民館再建も決まる
青倉とともに公民館が全壊となった森集落ですが、青倉と同様の補助金を使えることが決まり、近く、再建の設計等が始まるとのことです。

この記事のトラックバックURL
トラックバック