プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.387(6月24日付)

 

賑わいが戻ってきました!
さて、観光・交流をどう進めていけばよいでしょうか

 

 写真は21日(日)昼すぎの道の駅の様子です。緊急事態宣言が出されていたGW期間には駐車する車がほぼゼロの状態でしたが、「県をまたぐ移動自粛」が解除され、賑わいが戻ってきました。
 まだまだ新型コロナの感染者が出ている東京圏の人たちとの接触に戸惑いを覚えるというのが正直なところでしょう。2つのことが大事だと思います。1つは、豊かな自然環境に恵まれる栄村こそ、コロナ時代の保養・観光の地として相応しいことを明確に認識し、積極的に受け入れることです。2つは、宿泊施設やお店等で感染を防止する措置の厳格な実行が大事だということです。お店・施設がしっかりした感染防止策を講じるとともに、私たち村民一人ひとりも、村外の人びとと接触する場に出向く時のマスク着用、帰宅後の丁寧な手洗い・手指消毒をしっかりやっていきましょう。