プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

イワウチワの開花を求めて 〜滝見線を走る〜

 


4月13日午前、小滝集落での配達の後、「ひょっとしたらイワウチワが咲いているかも」と思い、滝見線(小滝の「滝」と志久見の「見」)に2年ぶりに入りました。
上の写真、千曲川が見えます。四つ廻りと呼ばれるところ。その右岸の崖の上を走るのが滝見線。左岸に見えるのは、昨年で圃場整備が完了した青倉集落の四つ廻り田んぼ。

 

 

滝見線はほぼすべて、こういう崖のすぐそばを走ります。
崖面を這うように伸びるクロモジの木。黄色の小さな花が素敵です。

 

 

 

 

 

コゴミ。

 

 

ショウジョウバカマ。すでにスキー場内の滝の脇で撮ったものがありますが、それよりも色が濃いので、紹介します。

 

 

 

いよいよ目的地到着。ここからは歩き。

 

 

断崖絶壁に数本だけ生える白樺の木が他の木に先がけて芽吹きしていました。

 

 

 

 

期待していたイワウチワの花に出会えました。
開花してのいるのは、まだ数輪のみ。

 

イワウチワは大概、おっかない断崖絶壁の上の縁にあります。
ただ、その場所の「おっかなさ」を表す写真が上手く撮れません。今回は、それを表現すべく、動画を撮りました(動画はFBに投稿の予定)。そのため、花の写真はたった2枚しか撮っていませんでした。
この翌々日、イワウチワの群生地へ、雪道を歩きました。その記録はまた次の機会に。