プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

「夢を語れる学校づくり」――下高井農林高校の存続へのモデルを学ぼう!

● 「高校再編(一次分)」での決定をひとまず食い止めました
 前号でお伝えした下高井農林高校の存続をめぐる問題、3月24日の県教育委員会の定例会で何が打ち出されるかが注目されました。
 私は県庁8階の「教育委員会室」で開催された定例会を傍聴してきました。結論から先に言うと、「下高井農林の地域キャンパス化(分校化)」が「高校再編(一次分)」に盛り込まれることにギリギリのところでストップをかけることができました。

 

 

 これが県教委の「再編・整備計画(一次分)」の旧第1通学区(岳北地域)に関する記述内容です。「地域キャンパス化(分校化)」は「今後の高校配置」(=再編・統合)から外され、「今後の検討」に先送りされました。
 この「今後の検討」というのは、私たちが油断をしないかぎり、来年3月の県全体の高校再編計画決定時まで「猶予期間」が確保できたということです。

 

● 下高井農林高校をどんな学校にしていくのか
 そこで、これから私たちに問われるのは、《下高井農林高校をどんな学校にしていくのか》ということです。
 私たちは、いま現在の下高井農林高校で実現されていることの素晴らしさを学ぶことが必要だと思います。下写真は3月28日の信毎北信地域版の記事。「木鋪さん考案パン」は農林の素晴らしさの1つの事例であって、これがすべてではありません。国際部(部活の1つ)の生徒が英語会話力を駆使して、インバウンド観光客にインタビューし、北信地域の魅力を探るというような活動もあります。

 

 

●『奇跡の学校』を紹介します
 私は『奇跡の学校』(光村図書発行、現在品切れ、ネットで中古本入手可能)という本をネットで購入し、3月29日夜、2時間ほどでいっきに読みきりました。2006(H19)年から3年間、村立おといねっぷ美術工芸高校の校長を務められた石塚耕一さんが書かれたものです。生徒たちがどのような状況で高校に入学し、3年間の学びを通じてどのように成長していったか、じつにいきいきと描かれています。

 


 石塚さんが赴任時に示された「学校経営方針」のタイトルは「夢を語れる学校づくり」。そして、「すべての教職員が一人ひとりの生徒を大切にする」、「一人ひとりの生徒の可能性を見つけ、伸ばし、自信を与える」などの項目が掲げられています。本に書かれた事例を読むと、たとえば小学校・中学校で不登校だった生徒が高校の学びの中で自らの可能性を見つけ、自信をもって巣立っていく様子などが手にとるようにわかります。世界的レベルの家具デザイナーをめざす卒業生も誕生しています。
 私たちがめざすべき下高井農林高校像を探っていくうえで大いに参考になると思いました。
今後は、下高井農林の生徒さん、卒業生にみなさんにお会いして、農林の無限の可能性を探っていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栄村復興への歩みNo.379
2020年3月30日発行 編集・発行人 松尾真
連絡先:電話080−2029−0236、 mail;aokura@sakaemura.net
ゆうちょ銀行 11100−01361481 栄村復興への歩み協賛寄金 ながの農協栄出張所 普通0009390 栄村復興への歩み発行協賛金松尾眞