プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

農地管理と農業展望を話し合う場を

 「広報さかえ」1月号に収録の「農業委員会だより のぞみ」(No.86)に「農業者との意見交換会開催(11月27日)」という記事が掲載されています。私なりに要約すると、「栄村の農業の基本路線がない。農業のノウハウをもつ人はたくさんいる。そういう人を活かし、村がバックアップすることが何故できないのか」という農業者の苛立ちの気持ちがひしひしと伝わってきます。
 もう一方で、同誌収録の「公民館報」第332号では、「一石を投じる」という記事で栄村の農業の夢ある方向性の提案がされています。
 この2つのものがうまく出会い、議論が交わり、村民が楽しく栄村の農業の将来像を語り合うというようになっていないことは非常に残念で惜しいことだと思います。

 

●「行政に引っ張ってもらおう」では事は進まない
 「農業委員会だより」では参加者の意見をうけて、農業委員さんから「農業会社なりを作って一本化には行政に引っ張ってもらわないと、各集落では一本化できない」という発言があったと記されています。
 この発言をされた委員さんの気持ちはよくわかります。たしかに各集落だけでは法人作りなどにはかなりの困難があります。しかし、「行政に引っ張ってもらう」ことは可能でしょうか。かなりの人たちが、「うーん、役場に話してもなあ」と言われるのではないかと思います。
 やはり農業者自らが立ち上がる以外にないと思います。しかし、なにも農業者だけでやってくれということではありません。たとえば公民館報で栄村の農業について夢ある方向性を提案している人などにも合流してもらいます。公民館報ではまた、「食と農・かきのきむら企業組合」(島根県の西端、柿木村)の取組が紹介されています。栄村にも企業組合ぬくもりが一昨年末に発足しました。いまは「トマトの国」の指定管理に全力集中されていますが、「自分たちの村は自分たちで守る」が基本理念ですから、運営施設での地元食材の活用拡大からさまざまな農業支援への取組まで多様な関わりを期待することができると思われます。また、直売所「かたくり」の存在もとても重要です。
 少しでも農業に関心がある人、農業に関わりたい人みんなが集まってワイワイ話すことからすべては始まるのではないでしょうか。

 

 

●見祢(みね)集落に学ぼう!
 私は村議会議員の視察研修で11月に福島県猪苗代町の見祢集落というところを訪ねてきました。議員としての報告書を書きました。2月の「議会報」に掲載される予定ですので、そちらも是非ご覧ください。
 視察した見祢集落は世帯数40、人口156人、耕地面積57ha(うち水田57ha)ですが、栄村の農業が直面する課題を解決していくうえでとても参考になる取組を行っています。見祢の本格的取組は2006(H18)年から始まっていますが、その背景は
   「子供の減少や集落住民間の関係の希薄化、離農者や兼業農家の増加等

    により、漠然とした不安が集落内に蔓延する中、平成15年頃より集落

    会合の度に『このままでは集落がダメになってしまう』と、集落衰退

    に対する不安を話し合うようになりました。」
ということだったそうです。
 見祢集落が2006(H18)年に取り組んだことは見祢営農改善組合(農用地利用改善団体)の設立と農用地利用規程の策定でした。
 この「農用地利用規程」を策定する「農用地利用改善団体」の設立がその後の見祢集落の取組の発展にとって非常に大きなステップになったと思われます。これによってこそ、農業からの引退者などが出ても農地の持続的耕作ができる土台が築かれます。
 栄村でも多くの集落に農業改善組合等がありますが、「農用地利用規程」を定めるところまで進んでいるところは少ないですね。もちろん、小さな集落の場合、そういう規程作りができる人材の不足などから、なかなかそこまでは踏み込めないという事情もあるでしょう。見祢集落の周辺にもそういうケースがあります。見祢集落は多面的機能交付金事業への取組開始にあたって周辺4集落を対象エリアに含めるという取組をしています。また、近くの小規模高齢化集落の農地について見祢集落の農事組合法人で耕作しています。

 

見祢集落の「農家レストラン結」

H26年開業、最近年の売上は1,100万円


 この見祢集落の人に栄村に来ていただいて、詳しくお話を聞かせていただけば、「農業者との意見交換会」に参加された人たちが困っておられる問題を解決していく手がかりをたくさんいただくことができるのではないでしょうか。
まずは行動、そして議論。是非、見祢集落との交流に取り組んでみましょう。
  

 

 「農家レストラン結」のそば膳

集落の女性たちが運営されています