プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.363(7月21日付)

 

 

 21日午後4時半少し前、甲子園出場を決めた飯山高校野球部の選手たちが母校に凱旋。
 写真は、マイクロバスから降り、同校玄関前での優勝報告会に向かう吉池監督(列の先頭)、大川主将(2番目、優勝旗を持つ)ら。玄関前の広場には飯山市民ら数百名が出迎え、朝日新聞と信濃毎日新聞の号外や野球部全員の集合写真が入り「祝甲子園出場 飯山高校」と大書されたポスターなどが配られました。
 優勝報告会では吉池監督、大川主将が挨拶。大川キャプテン(下写真)からは〈雪国飯山〉を甲子園でアピールするという力強いメッセージが発せられました。

 

 

 飯山高校の甲子園出場は飯山市のみならず、飯水地域・岳北地域にとって歴史的な快挙。大感動です。栄村を挙げて飯山高野球部を応援しましょう!


関連記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック