プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

ゲート全開の西大滝ダムを見る

 

 「『グウァオー』という轟音(ごうおん)が全身を包み、歩くコンクリート道は揺れている。」7月1日夕刻、西大滝ダムの堰堤の上を東大滝側から西大滝側へ進んだ時の様子です。
 6月下旬に西大滝〜桑名川の千曲川沿いを走った時に、西大滝よりも上流の水位がとても下がっていることに気づいたのですが、それが西大滝ダムのゲート全開による事態だとは、その時点では知りませんでした。1日、野々海祭の会場で知人から「ゲート全開」を聞き、夕刻、その様子を見に現場に向かった次第です。当日は工事休止でダム堰堤の上の道は歩行者のみ「通行可」でした。
 7月13日付の妻有新聞の報道によれば、5月29日にゲートの不具合が発見され、6月4日からゲートを全開にして改修工事が行われているとのこと。最長の場合、9月末までのじつに4ヶ月間にわたって、西大滝ダムのゲート全開が続く可能性があるわけです。

 西大滝ダムのゲート全開をめぐる重要な問題点の1つ、東京電力から栄村役場への直接連絡の有無をめぐる問題は情報が錯綜しているため、今回は取り上げません。今回は長期間にわたるゲート全開が引き起こす河川環境の変化について写真をまじえて見てみたいと思います。

 


 上写真は7月17日、ダム上流の様子を国道117号線脇から撮影したものです。
 まず第1に、ダム上流の水位は非常に下がっています。ダム運用時は大量の水が満々とたたえられ、湖のように見えるのですが。第2に、左岸の河岸がかなり広範囲にわたって干上がっています。つぎに、西大滝地区側から見た千曲川の様子を示します。下の写真(7月14日撮影)です。

 


 野々海川が千曲川に合流する地点です。写真向こう側の岸(右岸です)を見ると、草が生えていない地肌むき出しの部分が見えます。これが平素は水に覆われている部分です。いかに水位が下がっているかがよくわかります。
 もう1枚、紹介します。

 


 7月1日にゲート脇からダム上流側の様子を撮影したものです。前日の雨で水量が多かったのですが、ダム直前のところで水位がガクッと落ち込んでいる箇所が斜め線状に生じているのが確認できます。ダムという川には本来は存在しない人工構築物に川の水が当たり、その構築物の間にあるゲート部が全開になっていて、そこに川の水が幅を狭められながらすべて下っていくという時に、何か普通の川の水の流れとは異なることが起こるのではないでしょうか。
 写真5枚目として7月1日午後5時前の村内・月岡集落大巻地区付近の千曲川の様子を紹介します。

 

 

 かなり水位が上がっています。6月30日〜7月1日の村内の降雨量だけではここまで水位は上がりません。上流域での降雨と西大滝ダムゲート全開の影響が出ているのです。
 この水位では大巻の田んぼが水を被るまでには至りませんが、もう少し水位が上がれば危険です。
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック