プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

7月の景色だなあ!

 今年は梅雨期が長く、すっきりしない天候が続いていますが、そんな中でも、「やはり7月だなあ」と思うものに出会います。
 7月17日、秋山郷・上野原で配達している最中に今年初めて、花豆の花がきれいに咲いているのに出会いました。高齢のおかあさんが毎年、丁寧に育てておられるのが印象的です。

 

 

 

 お家の前の畑に入らせていただいて、よく観察すると、すでに実をつけているものがありました。実がつくということは花はその役目を終えて萎れていくことになるわけですね。1年に一回、ほんのわずかな期間だけ見られる花が萎れるのは残念ですが、美味しい花豆がいただけるようにもなってほしい。人間の身勝手さですね。

 


ササユリ
 昨年もご紹介しましたが、今年は7月18日に撮影できました。

 


 その週のはじめ頃に開花したようですが、なかなか日程がとれず、この日になりました。もう数日早く撮りたかったなあと思っています。
 ササユリは「本州中部以西〜四国・九州に分布」とされていて、野山の自生花を熱心にレポートされている方が「新潟・妙高でササユリに出会った」という記事で「おそらく、この辺りが北限ではないか」と書いておられます。
 栄村では以前は当たり前のように咲いていたようですが、いまや自生のササユリは貴重な存在。守っていきたいと念じています。

 

ヤブカンゾウ(薮萱草)

 

 

 この季節になると、村の野原のいたるところで見られますが、名前をご存じない方も多いようです。
 似た花にノカンゾウがありますが、見分け方は花が一重か八重咲かにあるそうです。写真のものは八重に花開いていますので、ヤブカンゾウだと思います。別名「ワスレグサ」というそうですが、「ワスレナグサ」とはまったく関係ありません。
 種としてはワスレグサ属(別名キスゲ属)に区分され、高原植物として有名なニッコウキスゲと同属だそうです。
 写真は7月18日に坪野のお宮の近くで撮影しました。


この記事のトラックバックURL
トラックバック