プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

心配されている道路の復旧状況

 「野々海から松之山にぬけることは出来るんかい?」、こんな質問をよく受けます。関係者に問合せをしたり、現地を見に行ったりして判明した状況をお知らせします。

 

● 野々海と大厳寺高原(〜松之山)を結ぶ林道
 下の写真、6月22日に深坂峠で撮影した野々海〜大巌寺高原林道の様子です。バリケードで封鎖され、通行できません。

 


 もう数年にわたって通行止め状態が続いています。落石があり、それを防止する工事が行われているための通行止めです。ただし、1年間に実施される工事量はわずかで、なかなか工事が完了しません。
 6月初旬、ある会合で知り合った新潟県の県議さんに十日町市への照会をお願いしました。県議さんからは、その翌日に早速のご返事をいただきました。十日町市の返答は「本年度、最後の工事を予定している(吹付工事)。来年は安全確認の期間としたい」というものだったとのことです。
 私の実感としては、本年度の工事が完了すれば、融雪後の状況確認をしっかりすれば、来年度からの通行再開も可能ではないかと思います。十日町市への働きかけを行っていきたいと思います。

 

● 日出山線
 6月初めだったと記憶していますが、「日出山線で崩落があり、通行止め」というお知らせが村内告知放送で流れました。6月21日午後、歩いて現場に行ってきました。写真は現場で復旧工事に従事されている人の許可を得て撮影しました。

 


 この路線は、秋山郷と栄村千曲川流域部の往来に不可欠ですし、秋の紅葉観光にとっても重要なものです。
 場所は、日出山線と鳥甲牧場への道の分岐点から約1辧∩袷匳戸遒ら上がってくる道路との交点から約500mの地点です。
右写真の「ぬけた」部分に下方から順次、生コンを打ち込む等の工事が間もなく始まるとのことでした。橋の下の沢にはバックホーが入っていました。

 


 道路を管理する津南町では「夏、お盆前後の復旧をめざしている」とのことです。

 

● 野々海峠に通じる林道
 野々海のキャンプ場横から上越市菖蒲地区に通じる林道(温井野々海線)は現在、通行止になっています。
 併用林道(森林管理署が管理する林道だが、地元も使えるもの)ですが、栄村が災害復旧予算を組み復旧工事を実施することになりました。秋の紅葉観光の時期には間に合うと思われます。

 

路肩が崩落している現場
車が上に載ればさらに崩れる危険な状態です!


この記事のトラックバックURL
トラックバック