プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

5月18日昼の野々海池

 

今日は、6月2日に予定されている野々海水路の普請にむけて、野々海池の現状を把握する目的で、11時すぎに平滝から上がりました。
当初は明日19日に行く予定でしたが、どうも明日の空模様が怪しいように思えたので、1日早めて今日にしました。
上の写真に見られるとおり、まだほとんど一面、雪ですが、8日に見た景色からすれば、雪融けが随分と進んだ感じがします。6月2日まであと2週間。天気の良い日が多ければ、なんとかなるのでは、と思います。

 

堤入口までの道は14日頃に開けられ、道はもう乾いていて、堤入口までは車で行けます。
ただし、下の写真に示した箇所は「軽」でギリギリの幅しかありません。これは堤入口から三叉路方法に戻る時の撮影ですが、道路左側は土が見える部分の端はもう斜面です。下手に左に寄ると、落ちます。右側の雪は硬く、普通車が通れる道幅になるには相当の日数を要するでしょう。

 


この4日間での雪の減り方を確認するために、三叉路で撮った写真2枚を示します。

 


5月15日午前9時30分頃

 

5月18日午前11時50分頃

 

3日間で結構減っているように思います。

 

さて、大事なのは斜樋と水番小屋の様子です。

 


小屋はこんな感じですが、扉は開けられるのか? 次の写真をご覧ください。

 

扉の前の様子です。
まだかなりありますね。現状では開けられません。
小屋の裏側(朝陽が当たる)だけは雪が消えていますが、小屋の(扉側から見て)右側はまだ雪に埋もれていると言ってよいような状況です(下写真)。

 


つぎに、斜樋です。
小屋付近から肉眼で見た分には斜樋は雪に覆われていましたが、写真をよく見ると、少しだけ金網が見え始めているようです。

 

 

 

堤に通じる橋の上は雪が消えつつありますが、堤の上はまだ30〜50cmほどの雪があるように思います。
昨年までは、こういう状況でも堤のところまで行きましたが、今回は止めておきました。上の写真の雪の斜面を滑らないように下らないと、いっきに余水吐のところに転落します。今年の脚・腰の状態から考えて、踏ん張りが効かないおそれがあるので、下るのを止めた次第です。
写真撮影などで訪れる人は、下らないようにご注意ください。

 

今日は時間がなかったので、ミズバショウ群生地には行きませんでした。5月15日にミズバショウ群生地にむかって歩いた東窓の様子は右のとおりです。

 


東窓→沢のコースで群生地に向かうことはまだ可能のようです。
ちなみに、深坂峠に向かう道路の道開けは当面予定されていないようなので、このコースで接近するしかないでしょう。
ただし、沢を進むのはそろそろ危険になるので、東窓を通って、信越トレイルの東窓と深坂峠を結ぶルートを辿るのがよいでしょう。

 

 今日は、野々海で4グループ・個人に出会いました。
 1グループは信越トレイルの関係者でした。現況確認に来られたようです。
 三叉路に軽自動車を停めていた人は写真撮影のようで、三叉路〜キャンプ場間で撮影されている姿を見ました。
キャンプ場付近にスノーモービルを運ぶトレーラーを繋いだ車が停車していました。モービルのエンジン音が聞こえました。
 最後に三叉路でお会いした方(お二人)はやはりモービル関係者でした。「今日はもう無理。モービルはやらずに帰る」とのことでした。今年で4回目だそうで、お話すると、非常に素敵なお二人でした。スノーモービル、野々海−栄村の観光について意義ある意見交換ができました。

 


最後に、第2分水点と円筒分水器の付近の様子を紹介します。

 

第2分水点付近です。

 

第2分水点から平滝・横倉にむかう水路が通るのはこのあたりだと思われますが、6月2日に水路が見える状態になっているか、ちょっと不安。

 

円筒分水器付近です。

 


 以上、5月18日の野々海の報告です。


この記事のトラックバックURL
トラックバック