プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

冷え込んだ5月8日の野々海

 

異例の冷え込みとなった5月8日朝、午前7時18分に標高約900mの地点から野々海池をめざして雪の山道を歩き始めました。1枚目は8時47分、野々海三叉路の池塘の辺りで撮影したもの。

 

 

野々海池の今朝の様子。8時28分撮影。
池はまだほとんどが雪でおおわれている。

 

水番小屋の様子

 

余水吐の手前、雪が融けた箇所の様子。

 

 


池の到着する直前、ギクッとした場面。
ブナの枯れ木がまるで人が立っているように見えました。8時16分。

 

以前、よく見かけた面白い形のブナの木に久しぶりに出会った。
7時46分。

 

上った道の様子。かなり勾配があるところ。7時42分。

 

 

 

今日の圧巻は野々海への道から見えた北アルプス方向の眺め。
これは帰路に撮影したもので、9時28分撮影。右に見えるのが妙高山。
次の2枚は、上の写真の左側に続く山並み。

 

 

 

 

次の1枚は、上り時に撮影したもので、妙高山の右手に火打山が見えています。7時8分。

 

 

 

 

 

今朝は5月としては異例の冷え込み。標高約650mの田んぼでは、田んぼの融雪の水が凍っていました。


すべての写真で雲が見えません。一点の曇りもない青空の朝でした。


この記事のトラックバックURL
トラックバック