プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.355

春爛漫

 

 

 4月になっても寒い日が続きましたが、中旬すぎから一気に暖かくなり、まさに春爛漫という様子になってきましたね。
上の桜は、村からちょっと離れますが、湯滝温泉です。20日、森老人クラブのお花見があり、ご一緒させていただきました。10時頃は8分咲きでしたが、午後には満開に。
 もう1枚は平滝で15日に撮影したもの。梅の花をメジロがついばんでいます。

 

 

 

 11日から21日にかけて撮影した春の風景をいろいろとご紹介します。

 

平滝から野々海に上がる道にて(ケンノキの少し手前。13日)

 

雪が消え、顔を出したネギ、ホワイトスター(大巻原の南雲茂さんの畑にて、14日)

 


ミズバショウ群生地(16日)

 

秋山林道・不動滝(17日、中津川を挟んで上野原の対岸)

 


シロモジの花。不動滝のそばの岩崖に力強く咲いています。

 


春の薪づくり(上野原集落、17日)

 

雪割草(苗場荘前庭にて、17日)

 

 

 春の姿を撮るために往復1時間の雪道を歩いて月岡の山の奥まで行くなど、行動力が戻ってきました。21日はスキー場内の道を進み、第2リフト乗り場の少し先からは車で進めないため、ゲレンデの雪の上を歩いて頂上まで行ってきました。カタクリやイワウチワの本格的な開花にはもう1週間ほど必要なようですが、開花目前の姿を見ることができました。

 


開花目前のイワウチワ
イワウチワは断崖絶壁の縁などに群生します。

 


右:スキー場頂上の森の裏手、西入沢川にむかって断崖になっているところ。写真手前に見えるのはイワウチワの葉。

 

トマトの国からの眺め。20日朝9時頃。桜の開花もまもないでしょう。


この記事のトラックバックURL
トラックバック