プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

白山さまの雪掘り

 

今日3日朝、8時半集合で中条地区のお宮「白山神社」の雪掘り。
私たちの地域では「8時半集合」と言われれば、「8時半には作業は始まっている」と理解すのが至極当然のこと。
上の1枚は8時31分撮影。2m以上の積雪の坂の参道近くを“かんじき”を履いて登った後、お宮の屋根の雪と地上の積雪がつながっているのを切っているところ。
作業をしながらの撮影なので、あまりいいものが撮れていないが、何枚かを紹介。Facebookでは動画も紹介したい。

 

 

 

屋根の雪を下ろしに梯子を昇る。
この後、屋根の雪がかたまりのまま、一気に落ちてきた。

 

 

 

屋根から落とされた雪、社殿周りの雪をスノーダンプで掘って、写真左手の谷に落とす。写真手前に見えるのは昔ながらの除雪道具“こすき”。屋根の雪庇をこれで落とす。この写真左端から下を覗いた様子を撮ったものが次の写真。

 

 

 

見える川は中条川。写真右下に見えるのが雪を落とす場所。注意して作業しないと、スノーダンプに引っ張られて、雪と一緒に自分もこの急崖を落下してしまうことになる。

 

 

 

坂道の参道の途中にある鳥居はほぼ雪に埋まっている。ただし、今回は鳥居は掘り出していない。完全に埋まるようだったら、次の機会に掘る。

 

 

 

みなさんの足元に注目。みんな、“かんじき”を履いている。
雪はかなり固くなっているが、“かんじき”なしだと、一歩進むたびに膝くらいまで雪中にはまってしまうだろう。

 

 

 

作業中に朝霧が晴れて、東南方向に秋山郷〜木島平村・野沢温泉村の2千m級の山並みがくっきりと見えるようになった。写真正面に見えているのは三ツ山。

私は一昨日は夕6時半頃の新幹線で京都へ。そして昨日は午後9時半すぎ飯山着の新幹線で帰ってきて、村への帰着は午後10時半を過ぎていて、今朝の雪掘りに出るのはきつかったが、こういう景色が見られると、疲れも吹っ飛ぶ。

最後の頁に、作業を終えてスノーダンプを背負って下る人たちの姿を紹介。
その写真には三ツ山の左に鳥甲山が少し見えている。
手前に見えるのは村道と中条川の間の導流堤(側堤(そくてい))。
中条川ではこの雪の中でも土石流対策の工事が続いている。

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック