プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

道路除雪の凄さ

 

 1月3日午後1時すぎの栄村森集落中条地区内道路の除雪の様子です。
 元旦の夜から再び降り出した雪、昨日の日中はさほどでもなかったのですが、昨夜から今日の午前中、ずんずん積もりました。
 私は午前中、室内での仕事をしていましたが、昼すぎに出かけたいなと思ったものの、車庫の前の道路はかなり雪がありました。「車庫から出た後の急坂上りが出来ないなあ、今日二度目の除雪車が早く来てくれたらいいなあ」と思いながら、車庫前の今日二度目の雪片づけをしていたら、角を曲がってくる除雪車の先端がチラッと見えました。
 そこから、連写でタイヤドーザーの除雪の様子を撮影。撮ったものの中から14枚を選択し、紹介します。
 撮った写真で確認すると、私の車庫の前を5往復して、きれいに除雪してくれたことが確認できました。上の写真は午後1時15分で、1回目です。

 

やはり1時15分。車庫の前を通過。

 

1時15分。1回目のバック。

 


1時16分。1回目の押し出し時に、排雪板からはみ出て、車庫の前に溜まった雪。

 


1時17分。2回目の押し出し。道路の中央よりも左側に寄せて除雪。

 

1時17分。2回目の押し出しの続き。

 


2回目の押し出しの後の車庫前の様子。

 

3回目の押し出し。今度は車庫前にグッと迫ってきます。

 


3回目の続き。写真右には私の家のポストが見えます。凄い接近度がわかると思います。

 

午後1時18分。4回目。道路真ん中に残ったものを押し出し。

 


4回目の続きで、車庫の真ん前をすぎたところで、道路左側に寄せて除雪。

 

4回目の続きです。写真右側には押し出した雪が壁のようになっているのが見えます。

 


5回目。排雪板からはみだした雪をきれいに押していってくれます。もちろん、一定量は残りますが、それスノーダンプで片付けるのは私の仕事。

 

 

 午後1時19分。私の車庫前の坂を下ったところ。除雪車が押し出した雪が溜まっています。これは後にロータリー車がやって来て、国道117号線を越えて向こう側に飛ばします。
 写真右手に除雪車の後部が見えますが、別の坂道を除雪しながら上がっていくところです。

 

 冒頭に書いたように、「車庫から出た後の急坂上りが出来ないなあ」と思っていた私からすると、除雪車はまるで「月光仮面」の登場のように感じられました。この除雪車のオペレーター、高橋健さんは「田直しオペレーター」として知られた人ですが、除雪車のオペも超一級。まさにプロフェッショナルです。

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック