プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

久々の青空が広がった元旦

 

 年末の27日から31日まで間断なく雪が降り続いた栄村。元旦は見事な青空が広がりました。
 上の写真は昼0時10分にトマトの国の前で撮ったものです。鳥甲山などがもっと大きく見えるものも撮ったのですが、あえて太陽を入れるためにこの一枚を選びました。
 「最高気温0℃」という日もあった年末でしたが、今日の日中はポカポカ陽気(とは言っても最高気温5℃程度ですが)で、雪の高さがぐっと下がりました。
 年末の母が亡くなり、喪中ですので、新年のご挨拶は遠慮させていただいておりますが、今日の写真をいま少し紹介させていただきます。

 

 

 

 トマトの国の裏手、中条川の様子です。今冬も工事が続いています。4日になれば、また現場の人たちがここで除雪をして工事を再開すると思います。

 

 

 

 トマトの国の横手。この断崖絶壁の冬景色が好きです。写真左上方はスキー場のコースです。

 

 

 

 さかえ倶楽部スキー場、0時半頃の様子です。

 

 

 

 午後1時半からセンターハウス前で餅つきイベント。

 

 

 

 

 


 大人も子どもも搗きたてのお餅を餡子と黄な粉で頬張って、楽しいお正月です。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック