プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

冬はもうすぐそこにやって来ている〜22日朝、野々海で見た景色〜

 

 真ん中の奥に見えるのは日本百名山の一つ、火打山(標高2,462m)。
 野々海から平滝に下る途中、真正面に見え、「あっ! 冠雪している」と驚き、感動しました。午前9時57分の撮影です。
 PCに写真データを取り込んで画像をしっかり見ると、頂上には積雪は確認できず、沢のようなところが白い。「?」と思い、Webで「火打山 初冠雪」で検索してみると、地元紙が10月17日朝の初冠雪を報じていて、21日の写真も掲載されていました。そして、21日の画像と私が撮影したものがほぼ一致。「初冠雪の写真」であることが確定しました。
 撮影地点は、平滝〜野々海間で、地元では「ケンノキ」と呼ぶところ。標高800mくらいで、この時期、晴れていると妙高山とワンセットではっきりと見えます。
 野々海からの帰路に見たのですが、野々海で見た景色も、18日に見たものからかなり変わり、落葉が進んで晩秋、冬の近づきを感じるものでした。

 

 

 

   野々海の三叉路から堤入口にむかって砂利道を進んで間もなく、進行方向右手に見える野々海池の東端の幅が狭くなるあたりを覗いたもの。8時51分。落葉が進んでいることが確認できます。

 

 

 野々海池入口。道が落ち葉で埋められています。

 

 

 水番小屋のストーブの煙突が見えますが、作業の合間に小屋で休憩するには、もうストーブを焚かないと寒いですね。今秋はこれから斜樋の修復作業があり、11月上旬には冬を迎えるための普請があります。

 

 

 三叉路。8時49分。

 

 

 東窓。9時24分。

 


 深坂峠付近。深坂峠から松之山に下る道路は今年も通行止め。徒歩で少し中に入って撮ったもの。山の上は紅葉のピークを過ぎていますが、谷の紅葉はこれからが見ごろ。

 

 なお、野々海峠への道も通行止めになりました。「通行止め」表示を無視して進むと、崩落危険箇所があり、普通車以上の車は切り返しが出来なくなります。「通行止め」を無視した進入をしないよう、ご注意ください。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック