プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.347(10月11日付)

 

秋を楽しもう!

 

 10月8日午前、快晴の下で、あまりにきれいだったので、紅葉の葉をクローズアップして撮ってみました。奥志賀高原栄線でのことです。
 私はこれまで、栄村の紅葉スポットの風景写真を紹介する写真をたくさん撮ってきましたが、こんなふうに紅葉の葉をクローズアップする写真はあまり撮ったことがありませんでした。紅葉が一面に広がる風景を眺めるのは素敵ですが、秋の陽ざしをうけて、透き通るような輝きを見せる紅葉の葉っぱというのもまたいいですね。
 今号は、〈紅葉スポットの今〉を紹介していきたいと思います。

 上の写真ですが、「何の木の紅葉か?」。答えるのが難しいですね。私が調べたかぎりでは、“モミジバフウ”という木ではないかと思うのですが、木に詳しい方、いかがでしょうか?

 


野々海の三叉路、10月6日午前です。湿地の水草の紅黄葉、落葉低木類の紅葉はまさにピークです。野々海池の紅葉は20日頃が見ごろになるのではないでしょうか。

 


奥志賀公園栄線、箕作から25kmくらいの地点。10月8日午前、霧に包まれる紅葉が幻想的。

 


鳥甲山連峰、白(しろくら)の頭(かしら)と白沢です。

 秋山郷の紅葉のピークは10月下旬になると思われますが、山の高い部分はいまが紅葉の盛りです。
 10日午前9時39分撮影。ここの撮影は難しいですね。この時間帯に鳥甲山〜黒木尾根も入れようとすると、どうしても鳥甲山〜黒木尾根に陽が当たって輝き、逆に白沢は少し日陰になって紅葉の鮮やかさが出ません。まあ、私の撮影術のレベルが低いということでしょうが。
 それにしても、岩にへばりつく樹々の紅葉と荒々しく下る白っぽい沢のコントラストが鮮やかで、ここでしか見られないものです。この1枚は、上野原集落の「郷の家」さんの前庭から撮らせていただきました。

 

 村のみなさんは、10月下旬〜11月上旬、我が家の近辺で素敵な紅葉が見られますから、わざわざ紅葉狩りにお出かけになることはあまりないかと思います。でも、我が家周辺だけでは見られない素敵な紅葉風景が栄村内のさまざまなところにあります。是非、一度か二度、紅葉狩りにお出かけください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック