プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.341(7月11日付)

 

 秋山林道、ミズノサワの残雪の雪洞の内部を撮ったものです。日時は7月9日正午前。
 雪洞の前に立つと、まるで天然クーラー。午後2時頃、秋山から下におりてくると、まるで蒸し風呂のような暑さでしたが、ミズノサワや秋山郷の林の中は涼しくて別世界でした。
 ミズノサワの残雪は平年よりも圧倒的に少なく、今年は7月中旬にも消えるかもしれません。下写真がミズノサワの全景で、奥に見えているのは鳥甲山のムジナ平登山口から白瑤瞭に向かう途中の尾根です。

 


 「ミズノサワに行ってきたよ」と私が言うと、「それ、何処?」と言われる村民も多いですね。この季節に雪が見られて、ひんやりした空気を満喫できるなんて、栄村が自慢できる最高のスポットの1つだと思います。秋は紅葉の絶景ポイントです。
 村民のみなさんも是非、お出かけください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック