プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.340(7月1日付)

 

 

 

 梅雨が6月中に明け、暑い日が続いています。
 里ではタチアオイの花が随所に見られますが、別名「ツユアオイ」とも呼ばれ、「梅雨入りの頃に花が咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる」と言われます。今年は梅雨が明けてもしばらくは咲き続けるのかもしれませんね。
そんな中、山に入ると、里とは異なる花々が見られます。
 上1枚目はコシジシモツケソウ。庭にシモツケ(下野)や京(きょう)鹿子(かのこ)の花を育てておられるお家を見よく見かけますが、コシジシモツケソウは山形県、新潟県、富山県、そして長野県の深山の沢沿いや山地のやや湿った場所に自生するものです。「コシジ」という名は越後を意味する「越路」から来ています。上左の写真はスキー場内の沢沿いの湿り気の多い場所で撮りました。これまでは、この撮影場所の他には1ヶ所でしか見たことがありませんでしたが、今年はスキー場内の村道沿いでさらに2ヶ所、トマトの国の近くで2ヶ所、見かけました。もうそろそろ花期は終わりです。
 これから山野で多く見られるのが上2枚目のオカトラノオ、上3枚目のヨツバヒヨドリです。
 ヨツバヒヨドリとよく似ているものにヒヨドリバナがありますが、見分けるポイントの1つは葉が3〜4枚の輪生(ヨツバヒヨドリ)か、2枚の対生か(ヒヨドリバナ)、です。
 私は村に住むようになって以来、ヨツバヒヨドリ、ヒヨドリバナが大好きなのですが、昨年夏、ある出会いがあって、ヨツバヒヨドリへの関心が一層強くなってきています。

 

 

 きれいなチョウでしょう!
 アサギマダラといいます。昨夏にも一度本紙で紹介しましたが、このチョウがヨツバヒヨドリの花に寄って来るのです。
 南信の宮田村では「アサギマダラの里づくり」という事業が行われています(下:昨年10月の信毎記事)。アサギマダラが宮田村ではフジバカマの花に飛来するというので、フジバカマを増やす取り組みをしているのです。

 


 このチョウは海を渡り、最長2,000kmもの距離を移動します。栄村で見られるのは7〜8月、宮田村では9〜10月、そして沖縄の南西諸島や台湾まで飛んで越冬します。
 アサギマダラがどれだけの距離を、どれだけの日数で移動しているかを調査する作業が1980年代から行われ、現在では全国規模の調査ネットワークが活動しています。栄村もその仲間に入れるといいなあと思います。関心がある方は私(松尾)までご連絡ください。観察場所にご案内します。


この記事のトラックバックURL
トラックバック