プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

高い法面の草刈りに最適の機械が開発されました

 

 かなりの高さがある法面です。森・中条の田んぼです。
 こういう法面の草刈りは大変ですね。法面で踏ん張りながら、草刈り機を操るのは重労働です。歳が高くなってくるとなおさらです。
 そんな問題を解決してくれるのが上写真に見える新しい草刈り機です。拡大して見てみましょう。

 

 

 4つの車が付いた台車で、その下に4枚の強化プラスチック製の刈り刃が取り付けられています。
 操作方法は、ロープを徐々に伸ばして草刈り機を法面の下方向に走らせます。下るときに草を刈ってくれます。法面の下まで行ったら、ロープを引っ張って上方に上げます。台車は重くなくて、引き上げるのにそんなに力を要しません。
 撮影は6月18日午後ですが、作業していた月岡英男さんにお尋ねすると、「楽なもんだよ。普通の草刈り機でやるのと比べたら、遊びみたいなもんだよ」とのこと。
 この機械は、森集落の関口直衛さんの息子さん(電気関係の会社を経営)が開発されたもの。昨2017年に開発・試用されたものを今年、さらに改良されました。現在、森集落の3名の人たちに貸し出し、多くの人たちに使っていただいておられます。その使用実績に基づいてさらに改良を加え、来年度からリース方式で実用化される予定です。
 この機械を使ってみたい方は、私・松尾まで電話でご連絡いただければ、お繋ぎします。是非、お試しください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック