プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

405号線期成同盟会総会と雄川閣

 405線期成同盟会(正式名称「秋山郷国道整備促進期成同盟会」)の第42回通常総会が6月7日午後、秋山郷切明温泉の雄川閣を会場に開催されました。秋山郷各集落の区長さん(津南町の場合は「総代」さん)をはじめ、新潟県十日町地域振興局地域整備部長、長野県北信建設事務所長など38名が出席。例年通り、熱気に満ち、充実した内容の総会でした。
 通常総会は栄村と津南町が毎年交互に当番開催しますが、今年は栄村の番。雄川閣が会場となるのは初めてのことです。
 切明・雄川閣での開催は2つの意味で大きな出来事でした。1つは、新潟・長野両県の道路関係担当の幹部職員が国道405を秋山郷の一番奥まで初めてしっかり見る機会となったことです。総会での議論でも、両県幹部から「国道405号線の状況がしっかり分かった」との発言がありました。

 

● 好評だった雄川閣のおもてなし
 もう1つは、切明温泉・雄川閣が大好評をいただいたことです。
 総会開会前の懇談の時点で、出席者から「素晴らしいところですね」という声が次々とあがりました。また、総会後の懇親会では、地の山菜などを多彩に盛り込んだ料理、雄川閣スタッフの接遇に出席者一同、たいへん満足されました。「ここは泊まりもできるんですね」という声も多数あがっていました。
 「やれば出来る!」のですね。施設はたしかに古いですが、環境は最高。スタッフのおもてなし次第で雄川閣は最高のリゾートとして大きく飛躍していけるなあと強く実感しました。
 なお、フロントで富山県高岡市から来られた8人連れの人たちと出会い、少しお話しました。車での日帰りですが、「秋山郷って、どんな所だろう?」と思って
来られたそうです。温泉に入って気分よくお帰りになりました。「冬も来られるの?」という質問もありました。送迎態勢さえ整えれば、冬期に遠方からのお客さまを迎え入れることも充分に可能だと思います。

 

秋山の人の案内で切明の吊り橋付近を散策する人(5月20日)

 

 


 これは雄川閣の昼食新メニュー:山菜そば。一杯千円でビックリのお値段。
 でも、これが観光客に大人気で、雄川閣の売上を着実に増加させているそうです。
 大人気なのは当然ですね。入っている山菜が並みの「山菜そば」とはまったく違います。写真で蕎麦のいちばん上に見える細目で長いものは「アケビの芽」です。さらに、葉ワサビ、ウド、ネマガリダケ、行者にんにく、コゴミが入っています。都会では絶対に食べられない超一級グルメだと言ってよいでしょう。
 私もいただきましたが、出汁もよく、存分に堪能できる一品でした。

 


新緑の天池と鳥甲山
 5月20日午前の撮影。前夜は雨で、朝から好天気になったものの、鳥甲山に少し雲がかかっているのは残念でした。6月7日に見た際は鳥甲山の残雪はすっかり減っていました。


この記事のトラックバックURL
トラックバック