プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

震度5強の地震について

  • -
  • 2018.05.26 Saturday

 地震速報ですでにご存じのとおり、25日午後9時13分頃、栄村で震度5強の地震がありました。状況をお知らせします。
 午後11時現在、大きな被害の報告はありません。
 役場や各家庭において、棚からモノが落ち、散乱する等の状況は多数見聞していますが、それ以上の被害は役場に入ってきていません。
 山の中の道路等に被害があるかどうかは明日、夜が明けてからの確認作業になると思われます。

 

 地震発生時、私は自宅にいましたが、揺れが収まった段階で、車で役場に向かいました。車で1分強です。
 役場では床に書類が落ちている等の状況が確認されましたが、そんなにひどいものではなかったです。9時40分過ぎだったと思いますが、村長、課長クラスの本部会議が行われ、地震警戒本部が設置されました(対策本部設置は震度6以上の場合のようです)。

 

 私は村会議員を務めていますが、議会については、私と総務文教委員長の間で電話協議した結果、各議員それぞれの地域での対応をしていただくことにして、役場に招集することはしないこととし、その旨を議会事務局長から各議員に連絡していただきました。

 

 私は役場内の議会事務局に詰めていましたが、午後11時半頃に自宅に戻り、この記事を書いています。
 7年前は建物の1階、今回は2階で地震の揺れに遭遇しました。今回が2階であったせいか、揺れの恐怖感は今回の方が大きかったです。
 熊本地震の事例から、今夜の震度5強よりも大きい本震が1日後、2日後に来る可能性も考えなければなりませんので、しばらくは緊張した状態が続きます。
 明朝からは通常通りの行動をしたいと思っていますが、山奥の道路等にはしばらくは一人では行かないように注意したいと考えています。

 

 なお、こういう事態の時、もっと早く速報をお伝えすることが望ましいかと思いますが、私は現在に至るもスマホは使用しない姿勢を堅持していますので、PCが使える自宅に戻らないと情報発信はできません。この点を変えるつもりは今のところ、ありません。

 

 以上、ひとまずの報告とします。


この記事のトラックバックURL
トラックバック