プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

笹原〜長瀬間の本格復旧工事が始まっています

 昨年10月の台風21号災害で土砂崩れが発生した県道秋山郷宮野原(停)線の笹原〜長瀬間の災害箇所(下写真)での本格復旧工事が始まっています。

 


 現場近くに工事内容を示す看板が設置されています。

 


 撮影は5月16日ですが、現場の掲示によれば、14、15日に支障木の伐採・搬出等、16、17日に法面掘削準備、そして18日から法面掘削というスケジュールです。
 掘削箇所は災害で斜面崩壊が起こった地点の上にあたり、今後、法面型枠工が行われ、その後、それよりも下方に雪崩予防柵が4基設置されます。
 工期は10月一杯で設定されています。なんとか来冬の積雪期までに工事が完了し、冬の通行が可能になるよう、祈りたいと思います。
 専門家は「難工事という類ではない」と言いますが、急な斜面に重機を上げての工事で、相当の危険を伴う工事だと思います。工事に従事されるみなさんの安全を祈念し、工事の進捗を見守っていきたいと思います。
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック