プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

女しょの農作業姿

 

 雪が消え、土が乾いてきた4月末から5月上旬にかけて、毎年、感心することがあります。畑に草が生え始めたかと思うと、女しょ、とくに高齢の方がすぐさま草取りの作業に励まれることです。
 上の写真はお顔を写さないようにして5月12日に撮らせていただいたものです。
 腰や足の具合はけっして良くないはずです。それでも一所懸命、そして丁寧に草取りをされていきます。
 これが「健康長寿」の秘訣の一つなのではないかと思います。栄村ならではのとても素敵な光景だと思います。

 


 もう一枚、こちらは野田沢の妹木のトマト畑で、宮川春美さんがジュース用のトマトの苗を手植えで畑に定植されている様子です。

 この日、夫の頼之さんと息子の一哉さんは菅沢の畑で雨のため遅れている機械作業をされているので、その間に少しでも定植を進めようと手植えをされているのです。宮川さん一家の勤勉さにはいつも感心するばかりですが、この手植え作業にはいつも以上に驚き、感心しました。


この記事のトラックバックURL
トラックバック