プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

スキー場の頂上はいま

 「復興への歩み」の中で言及したことがあると記憶していますが、私は昨夏、スキー場の頂上に6〜7回通い、草刈りをしました。カタクリの群生地をより良い状態にするためです。
 今春、その成果がどう出るか、早く見たいという思いで、19日と23日にスキー場の頂上まで行きました。まだ雪があり、19日は残雪のゲレンデを30分ほどかけて上りました。23日は頂上まで歩いて5分程度のところまで軽トラで行けました。
 カタクリは、23日午前、まだ1〜2分咲きという状況ですが、草刈りの成果なのか、群生の範囲が広がっています。
カタクリの様子はもう少し開花が進んでから紹介したいと思いますが、23日の頂上行きの最大の成果はイワウチワとの出会いでした。写真は頁を開いて次のページをご覧ください。まだ雪に覆われている林の中を進んでの出会いでしたので、すごく感動しました。

 


 ここで見られるイワウチワは葉がかなり大きいです。葉の基部の形も心形に見えますので、「オオイワウチワ」というものではないかと思われます。花に詳しい方がおられたら、是非、ご意見をお聞かせください。
 「イワウチワ」(岩団扇)という名前につながっているのでしょうが、岩場や断崖に咲いていることが多いです。
スキー場頂上の林の場合、カタクリ群生地になっている平らな地に近い部分にはイワカガミが群生し、イワウチワは崖っぷちに近いところに咲いています。
 4月20日には、秋山林道沿いの断崖の林道から見上げるような岩場にイワウチワが咲いているのを見ました。下写真の赤いマークをしたところです。凄いところに咲いているものです!

 


 これも栄村の自然の豊かさを物語るもの。
 スキー場頂上の草刈りを今年も続けることをはじめとして、栄村の自生植物の環境を保全する取り組みを拡げていきたいと思っています。(写真に見える滝はたびたび紹介している不動滝です)
 


この記事のトラックバックURL
トラックバック