プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.331(4月7日付)

 

 

発想法を大転換して、栄村の力強い成長へ

 最近、「日本一不安な村」なんて言葉が聞こえてきます。とても残念なことですが、不適切発言をしながら、撤回もせず、村民に不安感を与える人がいるのだから、やむを得ないかもしれません。
ここらで、村民が主役となって、新しい動きを進めていくことが必要だと思います。そこで大事になるのが発想法の大転換。
 〈栄村は痩せ細っていく一方〉というイメージ(高齢化、子どもの減少、人口の際限なき減少などから出てくるイメージ)がありますが、これを払拭し、〈栄村が夢のある村へ、力強く成長する可能性〉という確信を広げていくことです。
 まだ充分には取材できていませんが、今後、そういう発想法で記事を編成していきたいと思います。

 

(本頁の写真は森集落開田上の旧村営グラウンド先です。4月2日撮影)


この記事のトラックバックURL
トラックバック