プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

秋山配達道中記2018年2月3日

 

 

 この2枚は、今日3日午前10時28分、秋山・上野原集落で配達のために車を停めた場所での撮影。
 車の周りはすべて凍結。車から降りて足をつけるところがありません。この道路、流水道路なのですが、道路の真ん中は水が流れていますが、両端は凍結。
 1月13日の配達時も同様の状態で、配達先の人に「凍っているので注意して下さいね」と言っていただきましたが、その時はまだ氷の上に雪があって、なんとか長靴に付けたスパイクで噛む余地があったのですが、今日は雪がなく、本当に困惑しました。
 なんとか着地して無事、この箇所での配達を終えましたが。

 

 今日は朝8時頃に秋山に向かいました(津南町上郷のスタンドでガソリンを入れたのが午前7時56分)。役場横の国道117気温表示では−4℃でした。
 まっすぐ和山集落に向かい、和山で9軒配達した後に上野原集落に向かったのですが、和山、上野原ではとにかく寒かった。足は靴下2枚の上に毛糸の靴下を履き、冬用の長靴を履いていますが、車を降りて歩くと、まるで氷水に足を浸けているような冷たさ。参りました。
 しかし、寒かった分、空気が澄んでいたように思います。天池で撮った鳥甲山。ご覧ください。

 


 構図はこれまでのものと同じですが、帰宅して写真データをチェックしてみると、1月20日などに撮ったものとは異なるものを感じます。なにか凛としている感じと言えばよいのかなと思います。

 

 天池の横の苗場山三合目に通じる林道、水道の関係なのか、随分と上の方まで道が開いていました。
 その道で撮った2枚をご覧ください。

 

 

 白樺と雪の壁。

 

 

 白樺の間に見える鳥甲山。

 この2枚は10時50分台の撮影です。
 次は、それより前、9時54分頃に和山の仁成館近くで撮ったもの3点です。

 

 

 

 

 中津川です。

 

 

 最後は午後に飛んで、2時41分、大赤沢から前倉橋に下る国道405の流水道路部分。雪庇落とし作業で片側交互通行。タイヤドーザーが排雪板を上にあげて、対向車の軽トラが通れるようにしています。

 

 

 この後、私もこのタイヤドーザーの横を抜けて下りましたが、その先にはバックホーとロータリー車の間、わずかなスペースを通り抜ける箇所もありました。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック