プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

今季初の大雪と笹原〜長瀬間片側通行区間の様子

 

 各地から大雪のニュースが届く中、豪雪地・栄村では昨13日朝までは大した降雪はありませんでした。しかし、昨13日の昼頃から状況が一変。半日にして、すっかり景色が変わり、本格的な積雪・冬景色となりました。下の写真は「トマトの国」駐車場の車。13日午後4時半すぎの撮影。5時間程度でこれだけ積もったということです。

 


 暮らしにとってはあまり有難くない大雪ですが、スキー場はセンターハウス付近で70〜80cmの積雪で、16日のオープン日、滑降可能になるようです。


 いちばん気になるのは、台風21号被災の県道笹原〜長瀬間の片側交互通行区間が通行可能かどうか。
 今日14日朝8時過ぎに現場に行ってきました。冒頭の写真はその時に撮影したもの。通行可でした。私はその後、笹原から極野にかけて65軒への「復興への歩み」配達を行い、1時半頃に下ってきましたが、通行可でした。以下、同所で撮影した写真を数枚紹介します。

 

片側通行箇所の長瀬寄り手前の雪崩防止柵が多数設置されている崖面の様子。
雪崩防止柵に雪が見えますが、これは上から雪崩れてきたものではなく、柵に降り積もったものでしょう。

 

防護柵の裏側の様子。雪がない箇所は、崩落地点付近の湧水が流れ落ちてきていて、雪が融けているところ。

 

土砂崩れ面は防護柵で見えませんが、笹原側から少し様子が見えます。写真真ん中右寄りにブルーシートが見えます。残っている崩落土が落ちないようにブルーシートがかけられているものではないかと思われます。

 

 次に、片側通行箇所が通行止めになった場合の迂回路に予定されている原向〜長瀬間の県道の様子を紹介します。

 

 

 

 

 

 


 側溝が埋められたおかげで、道幅が少し広がりました。でも、下りのS字カーブで大変であることに変わりはありません。

 以上、ひとまずの状況レポートです。


この記事のトラックバックURL
トラックバック