プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

笹原〜長瀬間の土砂崩れ・通行止めについて

 本紙前号でお伝えした笹原〜長瀬間の県道の土砂崩れ・通行止めですが、県が応急措置と本格復旧にむけて種々の措置を講じています。
 災害直後の10月26日に太田副知事が北信地域の視察で村を訪れた際に現場を視察。27日には森川村長が県庁を訪れ、油井県建設部長に対策を要望。また、11月13日には、県道秋山郷宮野原(停)線の整備を求める地元期成同盟会が年に1回の陳情で県庁を訪れ、東部と秋山の区長会などが今回の災害に対する緊急かつしっかりとした対策を要望しました。
 県(北信建設事務所)では現在、土砂や倒木の撤去作業を進めるとともに、ボーリング調査などを行い、さらなる土砂流出や冬期の雪崩の可能性などを検討し、通行止め解除(片側通行)の早期実現と来春以降の本格復旧の具体策を詰めています。具体的な策が固まれば、地元住民への説明会を開催する予定のようです。
 11月16日に開催された議会全員協議会(議長提出)では、以上のような状況を議員全員で確認し、いっそうの要望活動などが必要な場合、議会として迅速に行動することを申し合わせました。

 


道路上の倒木・土砂が撤去された(17日午前撮影)

 

災害現場の全体像(急崖の上は原向の田んぼゾーン)

 

崩壊面をクローズアップで見ると、不安定な状態であることがわかる。


この記事のトラックバックURL
トラックバック