プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

秋山林道地すべり箇所の地質調査

 7月臨時議会で成立した平成29年度一般会計補正予算(第2号)に「地すべり対策事業地質調査業務」887万8千円というのがありました。箇所は「林道秋山線」となっていました。6〜7月はミズノサワよりも奥には行っていなかったので、その箇所がよくわからなかったのですが、9月9日、奥志賀まで走った際に現場を確認、さらに20日、測量業務が行われている現場に遭遇しました。その報告です。

 

 

 20日午後、業者さんが測量されているところです。法面吹付が施された箇所が傷んでいるのが見えます。この日は写真に見える山腹にポールを立て、それを目印に測量されていました。
 今後、山腹の何ヶ所かでボーリング調査をされるそうです。「どうやって、ボーリング用の機器を運び、設置するのですか?」、「モノレールで上げます」。モノレールを設置する箇所の草木がすでに伐採されていました。
 上写真の左下に見える側壁、次の写真のように地すべり圧力で上の方が道路側に膨らんできています。測量業者さんの話では「水は出ていない」そうです。

 


 本年度は測量調査のみで、その結果を見て、対策工事案が検討されます。
この箇所、志賀高原、カヤの平方面から来ると素晴らしい風景が広がるところ。観光面から言って、とても重要な対策工事になります。

 

<お詫び>
 配達が遅れていて申し訳ありません。
 懸命にやっていきますので、よろしくお願いいたします。


この記事のトラックバックURL
トラックバック