プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

配達日誌9月1日〜10日

1日(金) 今日は「復興への歩み」No.315を予定通りに発行したかった。どんな内容にするか、昨日あたりから迷いがあったが、少し風景写真の多い号にしたかった。しかし、天候が悪い日が多かったこともあってか、8月は撮った写真が少ない。
 他方、この1週間ほどですっかり秋めいてきて、スキー場からの眺望がよくなっているだろうという思いがあり、この間の草刈りとの関係でも、いい絵を撮って掲載したいという思いが沸き上がってきた。
 その結果、8時20分頃に家を出て、スキー場に上った。栄村を知った初期に「ここから栄村を眺望することができる」と知人から教えられて以来、何度となく写真を撮ってきた「眺望点」を仮に名づける地点、苗場山麓ジオで「展望台」と称しているらしい地点(「展望台」と名づける)、そしてスキー場の頂上(「頂上」)、この3地点でパノラマ写真にできるよう、180度の方位を撮影した。これらを撮り終わったのが写真データによれば8時53分。その後、頂上の林の中へ。

 

ゲレンデのススキが綺麗だ!

この地点は5月12日、残雪のため車では頂上まで行けない中、カタクリ

の開花を見るためにゲレンデを登ったところだ


 スキー場から下りると、森の開田へ。主たる狙いは、ソバの花が咲いている様子を快晴の空の下で撮ること。
 10時頃に家に戻り、写真データをPCに取り込み、パノラマ写真作成に取り組んだ。自分の手作業で写真を繋ぎ合わせる作業、PCからパノラマ作成用ソフトをダウンロードして、そのソフトを使ってパノラマ写真をつくる作業の両方に挑戦。手作業の方はひとまず出来たが、ソフト使用の方は無料ソフトのせいか、「双方の写真に40%以上の重なりがないと接合できない」ということで不成功。この作業がひと通り終わったのが正午過ぎ。
 昼食を樓蘭で摂り、友人に手製のパノラマ写真を見せて、感想を聞いた。
 昼食後、ソフトを使用できるよう、40%重なる写真を撮りに再びスキー場へ。出発したのが午後1時半頃。頂上での撮影終了が2時すぎ。
 家に戻り、写真データをPCに取り込み、ソフトを使ってパノラマ写真を作成。ソフトをデータを処理するのにかなりの時間がかかる。「眺望点」、「展望台」、「頂上」3つのパノラマが出来上がったのは午後5時すぎ。プリントアウトしてみたが、どうも気に入らない。たしかに接合はうまく出来ているのだが、かなり広い横幅に対して、縦幅があまりに狭い。
 この後、支払いに出かけ、さらに午後7時からは勉強会。帰宅は午後10時頃で、それから夕食。TVでニュースなどを選択していたが、きちんと見ていたわけではない。かなり遅くに就寝。

 

2日(土) 起床は7時台だったか。夏布団+毛布で寝ていたが、明け方、寒かった。
 スキー場頂上からのパノラマ写真を、昨日の作業をふまえて、結局、手作業での接合で作ることにした。午前中はほとんど、その作業にかかりっきりだった。
 その後、「復興への歩み」No.315の記事の1つに箕作平滝大橋の開通式の日程決定を入れるのに、最新の写真を使った方がよいと考え、小箕作川近くの現場と、明石大橋の橋脚建設予定地を撮影に出かけた。
 パノラマ写真を取り込んで、「復興への歩み」No.315をいっきに編集。印刷も終えて、夕刻4時すぎから32軒に配達。午後6時近く、天地〜大久保間を通過した時、夕陽がまだわずかに見えた(下写真)。もう少し早い時間であれば、もっと綺麗だっただろうと思う。

 

 

3日(日) やはり明け方が寒い。起床時は風邪気味の感じ。念のため、葛根湯をのんだ。その後、気になることはなかった。
 午前中、森集落全戸の配達。午後も配達を続けたかったが、依頼されている事務仕事を早く片付けなければならないので、その打ち合わせに出かけたりで、あっという間に時間が過ぎた。夕刻は秋用の衣服が用意できていないので、衣裳ケースから取り出したものを再洗濯にかけるなど。
 夜は室内で5日からの議会の準備など。29日に議案を受け取って以来、ほぼ連日議案に目を通しているが、いろいろ問題点がある。9月は決算議会だが、「そもそも決算とは何ぞや」と思い、『議員必携』を紐解くと、色々新たに学ぶところが多々あった。その成果は11日、12日の決算審議で活かしたい。
 そんな次第だが、配達に廻っていた午前中も写真を撮っていなくて、今日は撮影なし。

 

4日(月) 午前中、主に泉平、平滝、白鳥を廻り、83軒の配達。
 泉平でコスモスの花に出会った。コスモスは7月頃からしばしば見る機会があったが、やはり秋の景色の中のコスモスが一番いい。また、泉平での配達を終えて、スーパー林道から下る時、粟の畑が目に入り、車を停めて撮影。さらに、ミョウガの畑で作業する箕作の人と立ち話。高齢化が進む中で水田だけでなく、畑の維持にもさまざまな問題があるようだ。やはりいろんな人たちの声に耳を傾けることがなによりも勉強になる。

 


 昼食後は事務関係や懇談などであっという間に時間が過ぎた。
 数日前から夜、空を見上げるたびに「お月さまが満月に近づいているな」と思っていたが、ネットで「月齢カレンダー」というものを見ると、6日が満月とのこと。しかし、天気予報では6〜7日は雨模様。また、5日からは議会が始まる。それで、「今夜しかない」と思い、友人を誘って午後7時すぎにスキー場の頂上へ。やはり「下」で見るお月さまとは違う。上がって正解だったと思うが、往き帰りの山道は暗くて、運転が怖かった。とくにヘアピンカーブが怖い。昼間に走るのとはまったく別の道という感じ。
 このお月さまの写真はブログにアップしたが、「復興への歩み」No.316でも紹介したいと思う。

 

5日(火) 今日も明け方は寒かった。しかし、昼間はどんどん気温が上がり、夏の気温。朝7時頃に野々海に上がった時は長袖、薄手のセーターに加え、ウインドブレーカー的なものを着ていてちょうどよかったが、昼間は半袖。午後8時頃でも20℃の気温があり、夜まで半袖。しかし、明日は気温が下がりそう。
 今日は午前10時から9月議会初日だったが、朝方に野々海に上がったのは、大家さんから「野々海がきれいだったよ。色づき始めている」と昨夕聞いたから。たしかにうっすらと色づき始めていた。

 

「紅葉が始まった」とまでは言えないが、確かに色づきが始まっている

 

 今日の議会は行政側の都合で午前中だけだったので、午後は平滝、白鳥の未配達の家54軒の配達。ミスで配達漏れが起こっていたので、可能なかぎり声かけしてお詫びをした。
 その中で、「先日、中里(十日町市)の温泉に行ってきた。栄村に温泉がありながら、午後2時からしか入れないから」と言われたのは切なかった。また、「松尾さんは森(集落)に住んでいるのは分かっているけれど、森だけの議員さんじゃない。うちの集落のことにもきちんと目を向けてね」と言われたのも強く印象に残った。議員の責任は重大。

 

6日(水) 昨夜から雨。明け方はそんなに気温が下がらなかったが、昼間もあまり気温上がらず。
 午前中は議会。議会が始まる前に、昨日の配達で部数不足になった白鳥の5軒に配達。
 議会は、ほぼ丸一日と予想していたが、午前中で議案審議と議員のみの全協が終了。午後が空いてしまった。少し休息し、最近では珍しい読書などもして、ひさしぶりにゆっくりできた。
 昼食で行った樓蘭の横手の不耕作の田んぼで撮った1枚がきれいだった。5日まで続いた好天で、かなりの田んぼで稲の色づきがかなり進んだように思う。

 

 

7日(木) 今日は議会3日目だが、久しぶりに6時前に起床し、早々に青倉集落を配達廻り。

 

朝7時、青倉からの眺め
奥に見える山々は野沢温泉村の毛無山に連なるもの。手前の橋は国道117・北沢橋

 

 議会は午前10時からで、今日と明日は一般質問。私は4番目だったが、なんと午前中のうちに順番がまわってきた。午前11時40分ころだったと思う。正午を過ぎれば、質問途中でも昼休憩になるので、質疑時間は短いものを予定していた2番目の質問事項(大雨警報への対応)を先に質問。観光政策に関する1番目の質問事項は午後1時半から。同僚議員から、「松尾さん、たしか6月も昼休みを挟んでだったよね」と言われたが、その通り。昨春に議員になって以来、3回目のことだと思う。
 常任委員会も終えて、2時半頃には今日の議会を終了。
 午後4時にプリンターの保守作業に来られるので、自宅待機。昼すぎに止んでいた雨が午後5時前から再び降り始めた。降雨ナウキャストを見ると、これから激しい雨が降る時間帯もある様子。

 

8日(金) 朝5時すぎに起床。2日連続で朝が早い。午後11時台には就寝するようにしたのが大きいか。ただし、雨で配達というわけにもいかず、山のような積みあがった書類・資料の分類・整理。
 議会は一般質問2件のみで、昼前に散会。
 天気は昼頃に雨も止み、青空が見えるようになった。スキー場〜貝立山のルートで野々海に行こうかと思い、動き始めたが、その前にちょこっと立ち寄った先でほぼ1年ぶりに会った人がいて、話が弾み、4時すぎに。それから平滝ルートで野々海へ。予想通り寒かったが、色づきの早さに驚いた。もう薄暮が近づき、寒かったので、あまり深入りしなかったが。夜、ブログをアップ。ブログには掲載しなかった1枚だが、余水吐の下の「草紅葉」も綺麗だった。

 

 

9日(土) 今朝も5時起床。6時前から横倉、月岡の81軒を配達。月岡での配達が完了したのが午前7時51分。
 「東部パイロットのソバの花を撮ろう」と思い、長瀬から原向への道を進んだ。いわゆる切欠原で写真を撮っている最中に電話が入り、自宅へ。windows10の強制的な更新でスキャンを行うデバイスとパソコンの接続がうまくいかなくなっているのを知り合いが調整に来てくれたため。その後、9時20分に頼まれた用件で出かけ、それが終わった10時頃、秋山に向かった。
 今日の秋山行きは配達ではなく、紅葉予想をするため、奥志賀まで様子を見ること。途中、鳥甲連峰のパノラマ写真を撮るために天池に立ち寄ろうという思いがあったが、鳥甲山の上に雲がかかっていたので、それは中止。軽トラに草刈り機を積んでいき、鳥甲牧場〜五宝木周辺の2ヶ所で草刈り。景観の確保等のため。1ヶ所はあまりの急崖で目的を達成できず。
 秋山林道をひたすら奥志賀へ。秋山林道と奥志賀公園栄線の交差点から先は色づき開始の兆候が見られた。

 

奥志賀公園栄線の奥志賀出発地点近くの様子


 途中で観光に来ておられる人たちと立ち話。みなさん、「いい所ですね」という反応。
 また、苗場山麓ジオパークで「栄村ビューポイント」づくりが構想されている(予算付け済)地点を観察。 さらに、秋山林道で地すべり対策の補正予算が付けられた地点の様子も撮影。
 急いで切明・雄川閣の昼食営業時間に滑り込み、ひと息つき、そこで、高原シャトル便で来られた人とお話。
 切明出発が3時少し前で、4時すぎの「急行野沢」の森宮野原駅着に間に合うように、秋山林道〜日出山線を全力で駆け下りた。途中、窓から入る風が冷たく、「上を羽織らないと風邪をひくな」と危機感をもったが、下におりてくると、暑い! 「急行野沢」の実物を見るのは初めてだったが、いかにもディーゼル列車という感じ。けっして美しい車体とは言えないが、ひと昔前、ふた昔前を思い出した。

 

10日(日) 昨日は夕刻から猛烈な睡魔が襲ってきたが、人と話していたりして、12時頃の就寝。そのため、今朝の起床は遅くなった。
 津南の「ママのおやつ」の息子さんと出会い、野々海でドローンを飛ばしてもらうことになり、野々海へ。彼は野々海は初めてだったが、ドローンの操縦技術は確かで、野々海池を空からしっかり見ることができた。やはり広いし、周りの森の鬱蒼とした様子がまたいい。その後、貝立山〜スキー場の道を下り、スキー場頂上でも試験飛行。ドローンで撮ると、スキー場もまた違った姿が見える。

 

野々海池の上空を飛ぶドローン


 興奮の半日だった。栄村でもドローンに興味を抱く人は多いので、ドローン講習会を開催できるといいなあと思う。「ママのおやつ」に戻り、改めて映像を見たりしながら、昨日からお店に出るようになった「モンブラン」を食した(下写真)。近くでモンブランが食べられるというのはいい。

 

 

 明日から議会の決算審議なので、早めに就寝し、明日に備えた。

 

 

苗場山麓ジオで「栄村ビューポイント」とされる地点
写真右手に見える小さな山が月夜立岩。左は苗場山。ビューポイントとするには手前の木の処理が必要ですね。


この記事のトラックバックURL
トラックバック