プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

箕作平滝大橋、11月15日に開通式

 

 完成した箕作平滝大橋を箕作側から撮影したものです。

 8月31日、県道箕作飯山線改修期成同盟会の総会がトマトの国で開催され、その場で、栄村役場から「箕作平滝大橋の開通式を11月15日(木、大安)に開催する」旨が発表されました。
 上の写真でお分かりのように、取り付け道路はまだ完成していません。箕作側の小箕作橋の橋桁はすでに設置され、床盤のコンクリート打ちと舗装を待つばかり。大橋との間の道路築造などが急ピッチで行われています。開通式まであと2ヶ月余、現場の人は「忙しい!」と話しておられましたが、予定通りに進むものと確信できます。
 大橋の開通後は、フランセーズの手前を右に折れて国道117に出るコースでの供用です。その道路の整備も急ピッチで進められています。
 他方、平滝と明石(あかいし)を結ぶ明石大橋ですが、これが難工事。今秋、千曲川の中に建てる橋脚の建設が始まります。すでに県と北野建設の間で施工契約が結ばれています。橋脚建設は川の水量が少ない時期でないとできませんので、今秋後半〜来年3月頃と来年秋〜再来年3月頃の2期に分けて施工されます。平滝や明石の道路は明石大橋の上部工(橋桁を架ける)が進む中で築造工事が再開されることになります。
 現在の予定では2020(平成32)年度の竣工となります。

 

明石大橋橋脚建設箇所
写真左手に明石側の橋台が見えます。右には白鳥大橋が見えています。


この記事のトラックバックURL
トラックバック