プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.313

 

村民の力と技で、栄村の振興を進める
 写真は「トマトの国」の前の広場で愛湯会のみなさんが草刈りをする様子です。
 この写真に写っているのは7名だけですが、前号でも一言ご紹介したとおり、10名で午前8時半から約2時間半、広場をいっきにきれいにしました。撮影は草刈り終盤で、反対側から撮ると、下のような様子です。

 


 北野天満温泉では、やはり7月上旬、温泉の前の春にカタクリが群生する斜面がきれいに草刈りされました(下に写真)。北野集落の斉藤幸一さんにお聞きすると、こちらも10名前後の人たちが参加されたそうです。

 

 

下の写真は昨年4月のカタクリ開花期に北野天満温泉前の斜面で撮影したもの。

 


 この斜面の草を伸び放題にしておくと、カタクリは咲かなくなってしまいます。地元住民の草刈りあればこそのカタクリ群生なのです。


 7月に入ると草が勢いよく伸び、素敵な風景が台無しになるところがたくさんあります。
 草刈りをすると、栄村の景観資源が見事に蘇り、栄村の魅力が高まります。

 北野天満温泉に集う人たちは秋にもう一回、草刈りをされる予定だとお聞きしました。

 

もう一つの事例
 7月31日、野々海から貝立山麓を通り、スキー場に下ってきた時、ある箇所の変化に気づきました(下写真、松尾が31日午前11時すぎに撮影)。

 


 スキー場中段のリフト乗り換え地点のそばに今春、景観説明看板が設置されたところです。
 私は7月26日から毎日のようにスキー場の頂上まで通っていますが、この場所が草とボヤに覆われてしまっているのを見て、「これでは看板を設置した意味がなくなる」と危機感を抱いていました。
 31日夜、秋山の地域おこし協力隊員の坪内大地さんがフェイスブックで「展望台をチェーンソーでボヤ切りしてきました」と写真付きで紹介され、「えっ!坪内さんがやってくれたんだ」と喜びました。

 

私の挑戦

 

 

 上の写真は今年5月8日、まだ雪が残るゲレンデを登って、スキー場頂上で撮影したカタクリの群生の様子です。
 薄紫色やピンク色の花が残雪とのコントラストも鮮やかに咲き誇っています。観光協会には「スキー場のカタクリはもう見られますか?」という問い合わせ電話がかなり来るそうです。
 ただ、この写真に見られるカタクリ開花の様子、よく見ると、ひとつ難点があります。
 「かぶつ」(ススキや低木類の切り株)が目立ち、カタクリの花が見えづらいのです。写真を見た村外の人からの指摘で、私も意識するようになりました。
 5月12日にはカタクリに覆いかぶさる枯葉などを取り除いて撮影してみましたが、やはりダメです。下の写真ですが、「かぶつ」が凄すぎます。

 


 そこで、「7月頃に切り株を残さない草刈りをし、さらに秋にも草刈りして、来春、カタクリの花々が浮き上がるように見えるかどうか、試してみたい」と思うに至りました。
 スキー場係の許可を得て、7月27日からスキー場頂上の草刈りに挑戦しています。29日には友人の応援を得て、いっきに進みましたが、1日に2時間程度の作業ですので、まだ全体の半分程度です。
 いま繁っているススキなどを刈るだけでなく、古い“かぶつ”も強引に切り取っていきますので、草刈り機は悲鳴をあげ、私も疲れますが、やり遂げたいと決意しています。来春、どんな結果が見られるか。それを楽しみに頑張ります。草刈り現場の様子は次の写真をご覧ください。

 


7月26日の様子

 

7月31日午前の様子

 

振興公社の再建や、村の観光振興の方向性が見えてくる
 村はこの半年余り、振興公社の問題に揺れています。「森川村長の村政で栄村はどうなるのか?」という不安感も聞こえてきます。
 先日、「振興公社への出捐金5千万円を議会が否決したため、公社の先行きに不安を抱いた職員が次々とやめてしまった。なのに、議員からは反省の声も聞こえてこない」という発言を聞きました。しかし、この発言はおかしい。「公社が欲しいと言うおカネを黙って出すのが議会の仕事」なんてはずがありません。
 他方、森川氏は、6月議会での答弁を聞くと、「昨年の時点では公社には不要な人材が多かった。辞めた人等で赤字が削減できた」という認識を持っているようです。
 森川氏支持の人が公社職員の減少をめぐって議員を非難すると思いきや、森川氏は職員数減少を高く評価する。なにか混乱していますね。
 こういう混乱の底には、振興公社の問題を考え、議論する軸が定まっていないという問題があると思われます。

 どう考えたら、いいのでしょうか。
 いくら赤字が減っても職員数が激減し、職員が過重労働状態になるようでは、公社はよくなりません。また、議員は一般の村民のみなさんよりも情報に接する機会が多いですが、その議員でさえも、公社の経営状況を詳しく知ることができません。多くの村民が共通入浴券問題を一つの焦点としながら、公社の行く末を案じています。
 前号でも少し提案しましたが、情報を徹底的にオープンにし、村民と公社職員が一緒になって、ワイワイガヤガヤ、公社のあり方を議論するのがいちばんいいのだと思います。1頁で紹介した「トマトの国」や北野天満温泉の草刈りは、温泉(公社)を愛する村民と公社職員が率直に声を掛け合う中で出来たことです。
 公社の運営体制としては、理事などが村民の知らないところで非常に偏った構成で選ばれるのではなく、村民と公社(職員)が協働する中で、「あんた、この施設の運営にみんなの声が反映するようにしてくれや」ということで、地域の住民を代表するような人が理事会に送り込まれることが最も望ましいと思います。
 村民にはさまざまな力、技があります。今号のここまでに紹介してきた事例からもそのことが分かります。観光資源としての景観も村民の力と技で磨かれていきます。
 村民の力と技で栄村の振興を進める。それがいまいちばん大事なことなのだと思います。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック