プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

6月4日、野々海の普請

 

 

 上の写真は、午前10時32分、野々海池の斜樋の第1段の弁が開けられた瞬間。
 今日6月4日は野々海普請の日。午前8時半にそれぞれが持ち場に現地集合で、普請を開始。


 天気は最悪で雨。
 野々海池そのものは水利組合長の月岡英男さんをはじめ5名。
 手がかじかむほどの寒さ。おそらく2〜3℃くらいだったのだろう。

 

 

 軽トラを降り、装備を整えて、水番小屋へ。8時32分。

 

 

 

 入口を雪から守った扉を上げた。

 

 

 

 

 小屋に入って真っ先の作業は薪ストーブの煙突の設置、そして点火。
 8時43分には着火し、小屋の中が徐々に暖まり始めた。

 

 

 水番小屋の中から外を見た景色

 

 

 

 

 9時10分すぎ、月岡英男さんが斜樋を囲むフェンスの鍵を開けて、中の様子を確認

 

 

 自然の神への礼拝を忘れない。

 

 

 

 斜樋を囲むフェンスの全体像。

 

 

 余水吐の様子。

 

 

 

 

 堤に通じる橋の両脇の柵の設置作業が始められた。9時23分。
 霧が濃い。

 

 

 2分後、ほんの束の間だけ、霧が晴れた。

 

 

 9時28分の野々海池。対岸がまったく見えない。

 

 

 私はこの後、深坂峠方面、野々海峠方面の様子を見に出かけた。
 深坂峠までは道が開いたが、野々海峠方面は栄村と上越市の境界にあたる信越トレイルの野々海峠口のところまで。
 野々海峠口付近の雪はまだ多い。

 

 

 野々海峠口の深坂峠方向の様子。10時2分撮影。

 

 

 10時半近くに水番小屋に戻ると、2号分水点〜1号分水点の普請を終えた青倉、横倉、平滝の人たちが到着していた。
 その後、冒頭の写真で紹介した斜樋の弁が開けられる様子を撮影。

 

 

 しばらく、水番小屋でのみなさんの談論を聞かせていただいていたが、11時半すぎ、私はひと足先に里に下りた。
 その頃、霧が晴れて、対岸も芽吹きがくっきりと見えた。

 

 

 

 

 帰路、2号分水点に立ち寄り、道に戻る時、青空が見えた。

 

 

 

 里に下りると、12時半頃、役場横の気温表示は19℃。まるで別世界だ。
 今日も、野々海および野々海への道で多くの車に出会った。村外からの車。雪がなくなっているあたりは山菜採り。野々海池周辺は景色やミズバショウを見に来た人か。
 私も今日、ミズバショウの写真なども撮っているが、その紹介は別の機会に。

 

 今日、最後に強調しておきたいことは、天気が悪いときは、この時期の野々海はまだ冬だということ。下で天気が良くても、野々海方向の空を見て、曇っているようだったら、安易に野々海へ上らないようにしてもらいたい。霧に巻き込まれて遭難する危険があります。

 

(了)


この記事のトラックバックURL
トラックバック