プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

様々な工事に現状について

 標高の高い山の一部の沢などを除いて、雪がほとんど消え、村内の各所で種々の土木工事が始まっています。また、4月に新年度がスタートし、国の予算の配分がくるかどうかが心配されていた事業への予算配分の結果もあきらかになりました。
 そこで、みなさんの関心が高い工事などについて現状をレポートします。

 

極野〜五宝木線

 

 

 上写真は極野〜五宝木線のちょうど中間あたりの地点の道路脇法面。
 6年前の震災で法面工事が必要となり、2ヶ年計画で2014年度に着工されたものの、2年目の予算がつかず、15年度、16年度と2年間にわたって工事が中断していました。
 今年度、国の予算がつき、施工業者もすでに決まりました。県林務課所管の工事です。

 

新土合(どあい)橋
 北野と天代・坪野を結ぶ、北野川に架かる新しい橋です。
 国の社会資本整備総合交付金を使っての村の事業です。地元では2016年度中の完成を希望していましたが、予算不足で未完成の

状態です。

 

 


写真右側に見えるのが完成した新土合橋。写真左側のブロック状のものをさら

に積み上げ、北野と結ぶ道路をつくる

 

 工事が必要なのは、すでに完成した橋と北野とを結ぶ道路部分の築造、橋を渡って天代側に入ったとこ
ろから北野天満温泉に入る道路を新たに取り付けること、の2つです。
 結論からいえば、本年度は村が要望した予算額の4分の1の予算しか交付されませんでした。その結果、本年度は橋と北野とを結ぶ道路部分の築造のみとなります。
 北野天満温泉への道路の取付費用は2018年予算で獲得せねばなりません。
  (注) 社会資本整備総合交付金では、事業の承認と各年度の予算付け

    は別に扱われます。新土合橋は、事業計画は承認されていますが、

    各年度の予算付けは年度ごとに国が決めます。

 

箕作飯山線
 昨年度、箕作と平滝を結ぶ大橋が架かりましたが、今年度の工事もすでに始まっています。
 現在進んでいる工事は、(1)箕作平滝大橋の舗装までの仕上げ、(2)小箕作(こみつくり)川に架かる小箕作橋と箕作平滝大橋間の道路築造、(3)小箕作橋の架橋、の3つです。
 (1)については、橋の地覆(じふく)と高欄(こうらん)(一般に欄干(らんかん)と呼んでいるもの)の設置、塗装、床板(しょうばん)の防水、舗装と進みます。舗装は7月頃の予定。(2)も工事が始まっています。(3)は昨年度、橋台(きょうだい)が築造されましたが、今年度、橋が架けられます。現在は別の場所で橋を作っていて、7月頃に現場に持ち込まれ、橋が架けられます。

 

写真左手前は小箕作橋の橋台、前方に大橋が見える。この間の道路を新た

に築造する。


 平滝と明石の間の橋のための橋脚を川の真ん中にたてる工事が必要ですが、これについてはまだ入札公告等の話が聞こえてきていま せん。

 今号でのレポートは以上の3件とします。


この記事のトラックバックURL
トラックバック