プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

ある田んぼの稲刈り

 

 10月1日午後に撮影したものです。どこの田んぼか、わかるでしょうか?
 雲があって、いまひとつの写真になりましたが、写真奥に見える山は毛無山などです。田んぼでの立ち位置を変えると、鳥甲山や津南町の「日本一の河岸段丘」などが見えます。森の開田の田んぼの一枚です。

 


 この春以降、月岡英男さんから、「あそこの田んぼ、最高だろう! あんなに景色がいい田んぼはそうそう無いぞ」としばしば話しかけられ、私も同感だったので、稲刈りの日も電話をもらって撮影に出かけました。
上の写真は1日午後に稲刈りしたもう一枚の田んぼで、快晴の8月31日に撮ったものです。
 この二枚の田んぼ、じつは米つくりが数年間できなくなっていました。しかし、「こんな景色のいい田んぼを放っておくのはもったいない」ということで、森地区農業改善組合の手で共同耕作されるようになったのです。1日はコンバイン担当で月岡英男さんと広瀬幸雄さん、収穫した籾米の作業所(乾燥機)への運搬担当で窪田清一さん、広瀬隆司さんが作業に出られました。
 「あそこにいろんな人が来てくれて、畦でお茶のみでもできれば最高だろう」、英男さんが繰り返し言っておられること。
 稲刈りの数日後、英男さんに問いかけました。「あの田んぼ、田植えや稲刈りにいろんな人が来てくれるようだったら、それらしいイベントにできますか?」。「ああ、いいじゃないか。手植えしたいのなら、オレが線を引いてやる。稲刈りもハゼかけしたいなら、田んぼ全部は無理でも、範囲を決めて、そうやってもいいよ。他にも手をつけたい田んぼがあるし、そういうことができるといいなあ」。
 「高齢化が進む中、村と田んぼを元気にする何かを考えなければならない」――いま、私が英男さんと共有している思いです。栄村のいろいろな地域で同様の思いを抱いておられる人は多いと思います。
 やっぱり、田んぼあってこその栄村です。経済的採算性も含めて村の米作り、農業の将来像を真剣に考え、村の政策にまで高めていかなければいけない。待ったなしの課題です。
 その突破口という意味合いも込めて、来春・来秋の大イベントをいまから準備したいと考えています。


この記事のトラックバックURL
トラックバック