プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

奥志賀公園栄線が冬期閉鎖される日を走る

 今日11月4日の午後2時で奥志賀公園栄線が冬期閉鎖された。
 閉鎖を告げる看板には「正午までに退出せよ」と記されている。風邪が長引いていて、今日は完全休養すべきだったが、「冬期閉鎖される直前の景色を見ておきたい」という強い願望を抑えきれず、「野沢温泉村のゲートまで」という限定付きで行ってきた。
 「なるほど、この時期にはこんな景色が見えるのか」という驚きがあり、体はきつかったが、収穫のあるドライブとなった。




 
 奥志賀公園栄線(以下、「スーパー林道」と記す)に入る前に、泉平のため池に立ち寄った。「もう遅いかな」と思いながら訪れたが、いい感じだった(9:07)。
 
 
 今日の段階では閉鎖にならない区間。このあたりの秋の水路普請はこれからだろう(9:37)。
 
 
 箕作から5.4kmの地点にゲートがある(9:45)。
 これが今日の午後、閉鎖されるわけだ。
 
 
 ここから先は、基本的に撮影時刻のみを記して、気に入った紅葉景色を撮影順に紹介する。
 
 
 9:49


 9:49
 
 
 9:51
 
 
 9:52
 
 9:52
 
 
 9:54
 
 
 9:57
 奥に関田山脈が見える。この時間でも霧が発生し、霞んでいる。
 真ん中に見える嶺、紅葉しているところを挟んで左右は杉林。このあたりからこういう風景が増える。「分収造林」で植林されたところ。

 
 9:57
 振り返って撮ったもの。栄村域を抜け、野沢温泉村に入った。この看板、裏側には「野沢温泉村」と書かれている。
 
 
 栄村・箕作(みつくり)から9.8kmの地点。
 
 10:06
 野沢温泉村の道祖神祭のために管理・整備されている林。
 
 
 10:09
 カラマツの紅葉。
 
 
 10:10
 奥志賀公園栄線は地元の人たちが「スーパー林道」と呼ぶように、問題点が多く指摘された「林業政策」が産み落としたもの。その沿線で平成4年(1992年)になってもスギの植林が行われていたということに不思議はない。
 
 
 10:17
 進行方向右側を見ると、越後の山並みが冠雪しているのが見えた。
 クローズアップしたのが次の1枚。
 
 
 右は八海山あたりか?
 
 10:23
 今度は前方にかなり本格的に冠雪した山が見えてきた。
 この後、ポイント、ポイントでこの山を追いかけることになる。
 後で「火打山」と判明した。
 
 
 10:34
 手前に見えるのは戸狩スキー場のゲレンデ。
 
 
 10:36
 再びゲート。「やまびこゲレンデゲート」というらしい。
 

 
 「日本の夕日百景」に選ばれた「サンセット・ポイント」からの眺望。10:38
 先ほどの火打山はいちばん右手に見える。


 同所に設置された案内板。
 
 この時期こそ景色が素晴らしい、とてもいいコース。初雪がいつ降ってもおかしくない時期にはなっているが、せめてあと1週間、閉鎖を送らせてほしいと思う。春に道が開けられる時期も遅すぎる。春の開通時期については来春に間に合うように県等に申し入れをしたい。
 

この記事のトラックバックURL
トラックバック