プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

身近に迫る放射能汚染の恐ろしさ

 長野市、さらに近くでは野沢温泉村のコシアブラから基準値以上のセシウムが検出され、販売自粛になったことは、みなさんご存じのことと思います。
 この放射能汚染、やはり福島第一原発の事故以外の原因は考えられません。福島県などでは放射能除染の努力が懸命に続けられていますが、山林の放射能汚染がいちばん厄介なようです。
 「今頃になって」という思いを抱かれる人も多いかと思いますが、放射能汚染というのはそれほどに長期にわたって影響を及ぼすものなのです。国の放射能汚染に関する情報はこういう危険を過小評価している、あるいは隠しているとしか思えません。

 そういう中で私たちが注目すべきなのが柏崎・刈羽原発の再稼働問題です。栄村の中心部は柏崎・刈羽原発から50km圏内に入ります。他人事(ひとごと)ではないのです。
 5月21日に福井地方裁判所で出された「大飯原発の再稼働を認めない」とする判決では、原発から250km圏内の人たちに「具体的な危険があり」、「運転差し止めを請求する権利がある」としています。
 村内でも柏崎・刈羽原発の再稼働反対の署名運動に取り組まれている人たちがおられ、私も署名させていただきましたが、いまこそ、柏崎・刈羽原発問題に真剣に取り組まなければならないと思います。
 

関連記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック