プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.188 (通算第222号)

* 「300年後の小滝をみすえて」という発想
 小滝のある人と4月初めに話したのですが、その人の口から「復興は300年後の小滝をみすえて実現していかなければならない」という趣旨の発言が数回出て来て、正直なところたいへん驚きました。
 国家レベルの計画などで「国家100年の計」ということが言われることがありますが、集落の復興で「300年後」という話は聞いたことがなく、とても驚いたという次第です。

 もう少し突っ込んで聞いてみますと、この発言の趣旨はつぎのようなことでした。
* 小滝は約300年前、「水確保に難儀し、農業生産ができないので、百姓が越後に逃亡した」という歴史があり、それへの対処として、小滝堰がつくられた(この経緯に関しては「栄村復興への歩み」No.183参照)。この300年前の壮挙がこんにちの小滝の存在を可能にした。
* 今回の大震災(による被害)は、300年前の集落存亡の危機に等しい危機である。したがって、300年前にその後の300年の小滝集落の存在を可能にした取り組みがなされたように、いま、復興に取り組むことが「300年後の小滝を残す」ことになるのではないか。
 これだけの深い洞察、自らの集落への愛着とその将来を思う心、ここに震災復興を実現していく最深の力(根拠)があると痛感しました。

この記事のトラックバックURL
トラックバック