プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

中条橋復旧工事現場に工事説明看板が設置されています

 上の写真を撮りに行った時に初めて気づいたのですが、国道117号線から「トマトの国」方向に入ったところの道路脇に、中条橋の復旧工事について説明する看板が設置されています。

 設置されたのは、工事を請け負っておられるサン・タキザワと螻册だと思われます。村内では至るところで復旧工事が行われていますが、こういう説明看板が設置されたのは初めてだと思われます。内容を詳しく見ますと、素人ではちょっと分かりにくい専門用語も使われていて、その点は少し残念なのですが、その点を割り引いても、両社が中条橋の再建に懸命に取り組んでおられる姿勢が伝わってきて、本当に素晴らしい取り組みです。
 
 

 
現在行われている落下橋撤去工事を説明する図面

 最後に、この説明看板設置場所で撮影した夕焼けをご覧ください。


この記事のトラックバックURL
トラックバック