プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

今日もげに降ったなあ

 

 「げ」というのは、「物凄く」というような意味です。
 「大雪の峠は越えた」と言われた昨夜〜今日、栄村はげに降りました。
 1枚目は、午前11時22分の極(にて)野(の)集落。
 暮らすのも、私のように配達の仕事をするものも大変ですが、これ、雪景色として最高に迫力ありますよね。

 この直後に青空が見えて、「ようやく終わりか」と思ったら、昼すぎ、またまた降ってきました。

 

建設途中の新土合橋。午前11時34分。写真中央にチラッと見える道が北野天満温泉への道。

 


天代(あましろ)集落。都会の人に走れと言っても無理でしょうが、ガイドの運転であれば、最高観光のコースになりますね。

 

天代坂(天代〜野口間)。雪が崩れてくるので山側を走るのは危険。

 


大久保集落にて、午後0時9分。また激しく降ってきた。

 


同じく大久保集落にて。激しい雪の中での雪下ろし。

 


午後0時19分。大久保から貝廻坂へ下る途中。

 


温泉に浸かり、「トマトの国」から下る途中。午後4時57分。

 


整備作業のためにスキー場の照明が点灯している。自宅窓から、午後6時51分。

 


夜になってようやく降り止んだか? 午後7時31分の国道117号線。

 


23日からの降雪が屋根に置いていったもの。午後7時32分撮影。

 


1