プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

北野の林道から見た眺め(続編)




 これは12日の第1報で掲載した写真を撮った地点から林道を少し進んだ地点からの眺め。再掲する地図(最後に掲載)に緑色の〇印をつけたところだと思う。12:05撮影。

 この写真では、栄村の東部地区を走る県道森宮野原北野線がかなりよく見える。
 もう1つ、面白いなと思ったのは、第1報の写真でも見えた長瀬新田のあたりに加えて、その手前、一段標高の低いところに当部集落が見えることである。当部集落を越え、県道をさらに進むと北野集落に入るが、北野集落はこの林道の直下になるので写真には写っていない。
 長瀬新田−原向集落と当部集落では標高がかなり異なることは村人にとっては周知のことだが、こういう「絵」でその関係が見えるというのはあまり経験のないことではなかろうか。この写真では長瀬新田から左に進んだところに当部新田地区の姿が微かに見える。当部新田はまさに当部集落の裏山の真上にあることがわかる。
 当部集落から原向に上がる道がある(今は基本的に使われていない)と聞いているが、一度、「探検」してみたい。(当部集落の隣・笹原集落から原向に上がる道は一度歩いたことがある。たしか長瀬新田の近くに出た。)
 
 
 同じ地点で、東部地区をクローズアップして撮ったものも紹介しておきたい。
 
 
 少しトリミングしているが、県道、そして旧東部小がよく見える。県道沿いのクリーム色の大きな建物だ。3階の窓が見え、その下に落下式の黒っぽい屋根が見える。
 その旧東部小は長瀬集落に位置するが、その長瀬集落の住居が県道沿いに見える。その県道よりもやや標高が高い写真左手に田んぼゾーンが見える。いわゆる「中田(なかだ)」である。そして、それよりもさらに標高が高いところがさらに左手にあり、やはり田んぼが見える。原向の広大な田んぼゾーンである。

 この長瀬集落、中田、原向をほぼ一直線に上がるコースが「長瀬坂」である。県道横倉長瀬線が整備される以前は原向集落の人たちが山を下るのに使った道である。長瀬坂は現在も農道として使われているが、地元の人に聞いたところでは、軽トラで往来できるように以前のものよりもいい道になっている。私は何回か軽トラで通ったことがあるが(この前日も)、急坂とスピンカーブの連続である。原向に田んぼを持つ長瀬集落の人たちが田んぼに通うのに、県道廻りよりも早く行き来できる。

 
 この地点からかなり進んだ地点で、作業している人と出会った。顔見知りの若者で、「この道はどこかに出るんかい?」と尋ねると、「極野線にぬけますよ」という返答。それで、このまま進んでも大丈夫と思い、さらに進むことにした。ただし、正直に言うと、「極野線」という呼び名を私はいままで聞いたことがなく、「極野の近くに出るんだな」という程度に理解した。
 道は本当にいい道なのだが、唯一、落石が見られる箇所があった。どのあたりなのか、林道入り口からの距離などは記録していないが、地図をよく見ると、「がけ(岩)」のマークのあるところが存在する(地図に青色でマーク)。おそらくこの地点であろう。
 まず、落石の様子。12:16撮影。


 
 続いて、崖面を見上げた様子。


 
 これは地質的、地形的に落石は避けられないところだ。
 この地点で、崖面と反対側を眺めると、こんな景観。
 
  
 高倉山の北側のなだらかな斜面。地図で見ると、「大ズンネ」と言うそうである。栄村では山の嶺を「つんね」と呼ぶので、「ズンネ」というのは「ヅンネ」なのではないかと思う。「東部パイロットから栄村の四方を眺める」でも注目したものの一つ。

 おっかなかったのは、林道から下を覗いた時だった。写真を示すが、ものすごく深い谷である。



 落ちた場合、途中で何かに引っかかって、谷底までは落ちないだろうが、救出も困難であろう。この谷を流れているのは釜川。清津川に合流する釜川とは別のもので、この釜川は長瀬で北野川と合流し、志久見川となる。五宝木集落に近いところでは、人が釜川に入ることができる地点が複数あるが、このあたりではほぼ不可能なのだろうと思う。
 
 
 この地点から少し進んだ地点で、進んできた道を振り返って1枚撮った(12:18)。
 

 
 手前は落葉した広葉樹林だが、その先に緑の杉の木がかなり見える。
 もちろん植林されたものだろう。この林道はこれらの植林のために拓かれたものなのではないか。高橋彦芳氏に話を聞いてみるのがよいのではと思う。
 
 
  
 進行方向右手に再びスキー場が見えてきた。12:21。
 「そろそろ林道も終わりに近づいたな」とは思ったが、どこに出るのかは依然として不明。
 
 その次に撮影したのが下の写真(12:22)。



 真ん中にくねくねと進む道が見える。拡大してみると、舗装され、ガードレールもある。私の頭の中にある村内の道路の様子から判断すると原向集落の野口から天地に向かう道路以外に考えられない。
 しかし、写真右上方は拡大してみると、山裾に棚田が続き、細い農道も確認できる。
 ところが、野口〜天地間の近くにはそういう所は存在しない。拡大した画像をさんざん見つめ、地図もよく見て、いまのところ辿り着いた「結論」は、それは青倉集落西山田の棚田なのではないかということ。
 実際は千曲川を挟んで、とてつもなく離れているところであるが、この林道から遠望すると、こんなふうに見えるのかもしれない。
 
 
 最後は、素敵なブナ林の中を抜けていくことになった。道一面、落ち葉で埋め尽くされていて、なんとも言い難い感動。ただ、落ち葉は濡れているとスリップするので要注意。そのためか、写真は1枚しか撮っていなかった。
 
 
 
 そして、いよいよ「極野線」に出た。
 

 
 なんと、極野と五宝木を結ぶ村道鳥甲線の標高が最も高い地点で、頻繁に通っているところであった。
 
 しかも、私は今年6月にこの林道にほんのわずかだが、この地点から歩いて入っている。五宝木の山田政治さんから鳥甲線が「地震以来4年間も通行止めになったままであるのはおかしい」と訴えられ、鳥甲線の状況を見に行った際、森林組合が、倒木の恐れのあるナラの立ち枯れ木の伐採作業を行っているのに出会い、ほんの少しだけこの林道に入ったのである。
 その時は、まさかその先に延々と北野集落まで続く林道があるとはまったく思いもつかなかった。その時の写真を1枚、引っ張り出してみた。
 
 
  
 新緑が萌え出て、いま(11月)とはまったく様子が違う。作業に入って行く森林組合の若者の姿を見て、「深い森に入って行くんだな」と思ったものである。
 
 
 「北野の林道から見えた眺め」はここまで。
 日頃、除伐や間伐の作業に入る森林組合の人からみれば、「探検」でもなんでもないだろうが、ほとんどの村民にとっては「知らざる世界」だと思う。
 こうした「探検」は、私のただの遊びだと思われるかもしれない。だが、私は真剣である。「栄村は自然が豊かだ」と言っているだけでは、何事も始まらない、進まないと思う。「東部パイロット、原向、天地、坪野を探検する」で少し議論したが、“新しい視点”が生まれ、成熟していくはずである。
 ただ、この「探検」もしばらくはお休み。今日13日も体調が芳しくなく、診療所で先生に「少し安静にしなさい」と指示されたからである。でも、まだ整理していない写真データがかなりあるので、その整理と熟考という意味での「探検」は続くだろう。
 

北野の林道から見た眺め




 12日午前、北野集落の配達があと1軒になった時に、また「探検心」が蠢(うごめ)き出し、約2時間、道のない山の中に入ったりして動き廻った。それを終えて、「あと1軒」のすぐ近くまで行った時、またまた、その家のそばに入り口がある林道が気になり、動いてしまった。
 その林道には、栄村に移ってきた直後に、当時の職務との関係で国土調査対象地の確認に立ち会うことになり、案内されたことがある。だが、その林道の入り口には通常、チェーンが張られていて入れない。だから、今日も「まあ、入れないだろう。入り口の写真だけ撮れればいいや」という軽い気持ちだった。
 だが、実際に行ってみると、チェーンがない(後で判明するが林道の先で作業が行われていたためだった)。そこで、どんどん進んだ。ガードレールもあり、カーブミラーも設置されている。しっかりした法面施工も施してある。
 そうこうするうちに、すごい眺めが目に飛び込んできた。それが冒頭の1枚。
 これこそ、私がこの数日の間、追い求めていた1枚であった。栄村の北方向(野々海高原などがある)から津南町にかけての山並みが全体として1枚に収まるものである。
 
  
 写真にはさかえ倶楽部スキー場のゲレンデが見え、その右には中条川上流の3・12地震による崩壊地が見える。
 スキー場のゲレンデの上方に見える3つの連山のいちばん右が三方岳、さらに右が天水山。その下に中条川上流の崩壊地がある。そこからさらに右の津南町あるいは十日町市(松之山)の山々の名前はまだよくわからない。しかし、この1枚が撮れたことで、この写真を示しながら、いろんな人に尋ねることができる。
 この1枚を撮影した地点は、下地図に赤丸を付けたあたりと思われる。
 
 
  
 8年前にこの林道に入った時も、この赤丸の地点を通っているはずだが、当時、こういう眺めを目にした記憶はない。8年前にこの場所を訪れたのはおそらく初夏の頃。木の葉が繁っていて、今回の写真のような眺めは見えなかったのだろうと思う。
 11月中旬といういまの時期は地形を見るのに最適の時期なのである。
 12:02の撮影だが、その時に望遠を効かせて撮ったものを2枚示したい。
 
  
 たしかに見覚えがある家並みである。
 だが、写真データをパソコンに取り込んで、拡大しながら見たが、どこなのか、すぐにはわからなかった。写真の上部にはスキー場のゲレンデの下方が見える。
 地図とも突き合わせ、頭の中にある村内各所の家並みの記憶を喚起して、ようやくわかった。原向の長瀬新田である。真ん中に見える赤い屋根の家の裏手がお宮の森である。
 林道のこの地点から眺めると、国道117号線沿いは山と山の間の峡谷部であり、見えないのだ。これは「ひとつの発見」である。
 
 もう1枚は栄村の東部地区方向を概観できるものである。



 写真中央やや右寄りに、旧東部小学校(現・長瀬団地)が見える。左方に急傾斜した屋根、建物の白さが特徴である。
 写真の左端に見えるのは津南町の羽倉集落(森集落のすぐ隣り)、中央寄りに見える大きな建物は津南町の宮野原小学校、そして、旧東部小よりも写真の前方に見えるのは津南町の加用集落あたりである。

 
 この後も、驚くような眺めを見ることができた。とくにこの林道が辿り着いた地点は本当に驚くものだった。
 それは続編で紹介したい。今日はここまでとする。
 

1