プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.320(11月18日付)

 

箕作平滝大橋が開通
〜久保田・油科両家3代家族が渡り初め〜

 

 11月15日午前、県道箕作飯山線の全線開通にむけて箕作平滝大橋の開通式が挙行され、箕作の久保田光具さん、平滝の油科仲一さんのそれぞれ3代家族が渡り初めをされました。上写真は、みなさんが箕作側から渡り始め、橋中央に向かわれるところです。
  *久保田光具さんは百合居橋の渡り初めも経験されているそうです。

 


 箕作平滝大橋は全長169m、車道幅5.5m(+路肩、堆雪帯が両側に各1.75m)で、緩やかなカーブと勾配をともなう、非常にゆったりした素晴らしい橋です。今回は、箕作平滝大橋と小箕作橋、取付道路の379mの区間が通行できるようになりました。

 

● 明石大橋の橋脚建設は先月着工、全線開通は2020年の予定
 県道箕作飯山線の箕作〜明石(あかいし)間の交通不能区間を解消する事業は全長2kmに及ぶもので、もう1つの大橋・明石大橋の橋脚建設は先月着工されました。千曲川の水量が減少する冬期に工事が行われるため、今冬と来冬の2シーズンを要し、3年がかりの工事となります。

 


 上写真が明石大橋の建設現場。現在は工事用道路を造っています。写真右手奥に国道117号線白鳥大橋が見えます。対岸が明石地区です。

 

● 60年間に及ぶ悲願の実現へ第一歩。“災害に強い道路ネットワーク構築”が大きく前進
 県道箕作飯山線の箕作〜明石間の開通を求めて栄村と野沢温泉村が期成同盟会を結成したのは60年前。昔は、明石の子どもたちが栄村の学校に通っていて、明石と栄村のつながりは非常に強いもの。明石大橋が出来て、全線開通となれば、明石と栄村の新たな絆が生まれるでしょう。
 今般、箕作〜明石間の整備が進められたのは6年前の震災が直接のきっかけ。栄村震災復興計画の“災害に強い道路ネットワークの構築”を実現すべく、国道117号線が通行不能となった場合のバイパスとして計画されたのです。平成24年度〜27年度は国から「社会資本整備総合交付金(復興)」が交付されました。現在は5年間の復興期間が終わったため、「社会資本整備総合交付金(広域連携)」という枠組みで引き続き国費が投入されています。
 2020年(平成32年)の全線開通へ、みなさん、工事の進捗状況にご注目ください。


鳥甲線の法面工事の進み具合

 

 鳥甲線(極野〜五宝木間)の法面工事の10月12日の様子です。
 上の写真は工事現場のすぐそばの紅葉の美しさを意識して撮ったもので、工事の全体像は下の写真をご覧ください。
 予算が付かず、2年間止まっていた工事。今年再開され、現在は法面枠(のりめんわく)工事が進んでいます。この法面枠がつくられている箇所の上に2ヶ所、柵を設置するそうです。

 


 施工業者の現場責任者の話では、予算不足ですべて仕上げられるかどうか、微妙な状況で、右の写真の法面枠よりも下の部分が未対策のままになる可能性もあるとのこと。
 北信地域振興局の林務課に尋ねたところ、「なんとか完成に持ち込めるように調整中」という回答でした。
 鳥甲線は五宝木の人たちの暮らしのために欠かせないものです。私も「復興への歩み」の配達で五宝木に行く時は極野から鳥甲線を進むのがいちばん便利で早いのですが、現在は日曜日を除いて通行止めで、苦労しています。
 また、鳥甲線は絶景コースを楽しめる栄村の隠れた観光スポットです。グルっと栄村100kmサイクリングでも最高のポイント。
鳥甲線工事の早期完成を切望するものです。


「土木建設工事の現場を見てみよう」――役場建設係が企画

 

 9月21日、村内の土木建設工事の現場を見学するツアーが行われました。
 見学先は、小箕作橋・箕作平滝大橋、土合橋、国道405号線拡幅(小赤沢〜上野原間)、中津川砂防堰堤の4箇所。
 村内放送で趣旨が説明されていましたが、「日頃は近づけない工事の現場を見てみよう」ということです。これは大事なことです。現場を見るのと見ないのとでは工事に対する見方がガラッと変わります。私は震災以降、復旧工事の現場を取材するべく、さまざまな工事現場に入らせていただいてきました。作業員の一人一人が命懸けで私たちの暮らしの基盤を復旧し、つくってくれていることが肌感覚で伝わってきます。出来上がった結果を見ているだけでは、土木の本当の姿はわかりません。
 役場産業建設課では、「土木の現場にもっと光を当てよう!」という趣旨で企画されたとのこと。「広報さかえ」の9月号では新しい土合橋の建設について1ページ使って解説がされていましたね。あれも素敵な企画です。
 21日は事前広報期間が短かったせいもあってか、一般村民の参加は2名に限られましたが、このような企画をどんどんやっていって欲しいと思います。あなたも次の機会には是非、ご参加ください。
 


箕作平滝大橋、11月15日に開通式

 

 完成した箕作平滝大橋を箕作側から撮影したものです。

 8月31日、県道箕作飯山線改修期成同盟会の総会がトマトの国で開催され、その場で、栄村役場から「箕作平滝大橋の開通式を11月15日(木、大安)に開催する」旨が発表されました。
 上の写真でお分かりのように、取り付け道路はまだ完成していません。箕作側の小箕作橋の橋桁はすでに設置され、床盤のコンクリート打ちと舗装を待つばかり。大橋との間の道路築造などが急ピッチで行われています。開通式まであと2ヶ月余、現場の人は「忙しい!」と話しておられましたが、予定通りに進むものと確信できます。
 大橋の開通後は、フランセーズの手前を右に折れて国道117に出るコースでの供用です。その道路の整備も急ピッチで進められています。
 他方、平滝と明石(あかいし)を結ぶ明石大橋ですが、これが難工事。今秋、千曲川の中に建てる橋脚の建設が始まります。すでに県と北野建設の間で施工契約が結ばれています。橋脚建設は川の水量が少ない時期でないとできませんので、今秋後半〜来年3月頃と来年秋〜再来年3月頃の2期に分けて施工されます。平滝や明石の道路は明石大橋の上部工(橋桁を架ける)が進む中で築造工事が再開されることになります。
 現在の予定では2020(平成32)年度の竣工となります。

 

明石大橋橋脚建設箇所
写真左手に明石側の橋台が見えます。右には白鳥大橋が見えています。


様々な工事に現状について

 標高の高い山の一部の沢などを除いて、雪がほとんど消え、村内の各所で種々の土木工事が始まっています。また、4月に新年度がスタートし、国の予算の配分がくるかどうかが心配されていた事業への予算配分の結果もあきらかになりました。
 そこで、みなさんの関心が高い工事などについて現状をレポートします。

 

極野〜五宝木線

 

 

 上写真は極野〜五宝木線のちょうど中間あたりの地点の道路脇法面。
 6年前の震災で法面工事が必要となり、2ヶ年計画で2014年度に着工されたものの、2年目の予算がつかず、15年度、16年度と2年間にわたって工事が中断していました。
 今年度、国の予算がつき、施工業者もすでに決まりました。県林務課所管の工事です。

 

新土合(どあい)橋
 北野と天代・坪野を結ぶ、北野川に架かる新しい橋です。
 国の社会資本整備総合交付金を使っての村の事業です。地元では2016年度中の完成を希望していましたが、予算不足で未完成の

状態です。

 

 


写真右側に見えるのが完成した新土合橋。写真左側のブロック状のものをさら

に積み上げ、北野と結ぶ道路をつくる

 

 工事が必要なのは、すでに完成した橋と北野とを結ぶ道路部分の築造、橋を渡って天代側に入ったとこ
ろから北野天満温泉に入る道路を新たに取り付けること、の2つです。
 結論からいえば、本年度は村が要望した予算額の4分の1の予算しか交付されませんでした。その結果、本年度は橋と北野とを結ぶ道路部分の築造のみとなります。
 北野天満温泉への道路の取付費用は2018年予算で獲得せねばなりません。
  (注) 社会資本整備総合交付金では、事業の承認と各年度の予算付け

    は別に扱われます。新土合橋は、事業計画は承認されていますが、

    各年度の予算付けは年度ごとに国が決めます。

 

箕作飯山線
 昨年度、箕作と平滝を結ぶ大橋が架かりましたが、今年度の工事もすでに始まっています。
 現在進んでいる工事は、(1)箕作平滝大橋の舗装までの仕上げ、(2)小箕作(こみつくり)川に架かる小箕作橋と箕作平滝大橋間の道路築造、(3)小箕作橋の架橋、の3つです。
 (1)については、橋の地覆(じふく)と高欄(こうらん)(一般に欄干(らんかん)と呼んでいるもの)の設置、塗装、床板(しょうばん)の防水、舗装と進みます。舗装は7月頃の予定。(2)も工事が始まっています。(3)は昨年度、橋台(きょうだい)が築造されましたが、今年度、橋が架けられます。現在は別の場所で橋を作っていて、7月頃に現場に持ち込まれ、橋が架けられます。

 

写真左手前は小箕作橋の橋台、前方に大橋が見える。この間の道路を新た

に築造する。


 平滝と明石の間の橋のための橋脚を川の真ん中にたてる工事が必要ですが、これについてはまだ入札公告等の話が聞こえてきていま せん。

 今号でのレポートは以上の3件とします。


長野行きが便利に――117号線バイパスが開通


 写真は「飯山豊田インター入口」交差点の先。ここから中野市豊田支所前に出るバイパスが21日に開通します。長野市への一般道での行き来がとても便利になります。
 


橋の曲線美

 

 4日夕、平滝側の橋台の上から撮影した1枚。
 約1ヶ月間にわたって活躍した400t吊クレーン車は解体され、この日の作業はすでに終了していたので、橋台に上がることができた。
    「鉄の塊なのに、うまく曲線になるものですね。」
    「いや、鉄だからこそ、きれいに曲げられる。」
 私と現場代理人さんの会話。

 「角藤」さんの作業はヤマ場を越え、これから約1ヶ月、手作業での仕上げ工事が行われる。それと並行して、箕作側に次の業者「綿半」さんが入る。早ければ今月中旬に箕作側の残りの主桁5本が入るだろう。そして、床板(しょうばん)工が進められる。小箕作川橋では1回目の生コン打設が行われたようだ。平滝〜明石間の橋の平滝側の橋台にはクレーン車が入っていた。型枠の設置か。来週、生コンの打設が予定されているという。

 「栄村復興への歩み」No.288の第1頁には箕作〜平滝間の橋が平滝側につながった写真を掲載したが、「へえ、つながったんだね」と言ってくれる人が多い。平滝の現場まで見に行く人(見に行ける人)は少ないですからね。

 

 

 夜9時の出発を待つ400t吊クレーン車。
 すでにビーム部分の姿はなく、約1ヶ月間、さまざまな資材・部材を吊り上げている姿を見てきた目には奇異に感じられる。
 このクレーン車の自重は45.4t! 本体価格を聞いて、さらにビックリ。4億円するそうだ。「こういうものは1t100万円が相場だよ」!
「TADANO」という製造メーカーの名前が車体に入っている。香川県の専門メーカーだそうだ。

 

 平滝の架橋工事現場の撮影はひとつの節目をこえたが、完成は来年。まだまだ取材は続きます。


さまざまな工事の現在の様子

 今年も震災復興関連の工事が多く行われています。1頁で紹介した箕作〜平滝間の橋の建設はその代表的なものですが、ここではそれ以外のものを紹介します。


土合橋の架け替え工事

 

 北野〜天代間の北野川に架かる村道の橋。昨年度から始まり、かなり形になってきました。7月下旬には橋桁が架かる予定です。
写真右手に北野天満温泉に入る道が見えますが、これも新しい橋に合わせる形に付け替えられます。しかし、当初予定されていた国の交付金が今年は少なかったため、完成は来年度以降になります。


平滝〜明石間の橋の橋台

 


 上写真(29日撮影)ですが、橋台(きょうだい)の基礎部分(フーチングといいます)が出来上がり、これから写真に見える高さまで順次、生コンを打ち込み、橋台本体が造られます。奥に見えるのは明石(あかいし)地区。明石の橋台は完成しましたが、橋を架けるには千曲川に橋脚1本を建てることが必要。それは早くても今秋以降の着工になるでしょう。

 

小箕作川の橋の基礎工事
 箕作のライスセンターからもう少し進んだところで、小箕作川(こみつくりがわ)に架かる新しい橋の建設工事が進んでいます。箕作〜平滝間の大橋につながる道路の一部となります。橋台2基が造られますが、うち1基の基礎(フーチング工)の様子を27日に撮影しました。

 

 

青倉集落の圃場整備工事

 

 青倉の圃場整備は今年から3年間の予定。今年は集落内・居平(いでら)地区が対象。


中条川の導流堤

 写真中央に白いコンクリート構築物が見えます。これが導流堤ですが、ほぼ完成しました。この導流堤の左側にもう少し低いものが続く予定ですが、それは別発注の工事になります。
 住民の強い要望が県を動かした工事で、土石流の道路・田んぼへの流れ出しを防ぎます。

 

 次の写真、これを見ただけでは何処なのか、わからないでしょうね。

 


 じつは中条川上流の山腹崩壊地の2号崩壊地と1号崩壊地の中間地点です。谷止(たにどめ)工(こう)という砂防ダムの一種を造る工事が進められています。森集落の開田用水かけ口、「6月の写真から」に写真掲載の不動滝はこれより少し上流にあります。(29日に現場代理人の許可を得て撮影)

 


平滝へ橋がつながった!〜6月27日の架橋工事現場〜

 

 

 27日午後4時頃の写真2枚。朝まではつながっていなかった橋脚上の橋桁と平滝側の橋台がついにつながりました!
比較対照として、6月22日に撮影した写真をやはり2枚紹介します。

 

 

 

 

 27日に行われた作業は、4月末から平滝側の地上に置かれていた30mの長さ、重量80tの橋桁を400t吊の巨大なクレーンで吊り上げ、箕作側から送り出されてきた橋桁と平滝側の橋台の間に下ろし、橋桁をつなぐというもの。4月から開始された今期工事の最大のハイライトというべきものです。
 22日段階で、箕作側から送り出されてきた橋桁の扛下(こうか)作業(ジャッキの上に載せられていた橋桁をジャッキを外して橋脚上におろす)が終わり、また、24日には400t吊の巨大クレーンの先端部を外し、重量が大きい橋桁を吊る準備も完了していました。
 以前に紹介した30mの橋桁を改めて、そして24日の400t吊の巨大クレーンの先端部分を外す作業を紹介しておきます。

 いずれも5月1日撮影。

 

 

 

 下の写真は6月17日撮影の400t吊クレーンの先端部。ビーム(灰色っぽい部分)の先に朱色の箇所が見えます。

 


 この部分は距離を延ばすためのものですが、あまり重いものを吊ることはできません。そこで、橋桁を吊る作業を前に24日、この部分が取り外されました。下の写真です。

 

 


 さて、いよいよ27日の作業です。

 

8:53。主桁G4にクレーンのワイヤーを取り付ける。

 

9:01。クレーンが主桁G4を吊り上げ始めた。写真では分かりづらいだろうが、レンズ越しに主桁が動くのが確認できた。
  *橋桁は4本から成り、下流側からG4、G3、G2、G1と入る。

 

以下、連写したものの中からピックアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 9:20。G4が所定位置に収まったかに見えたが、どうも橋台側でうまく収まらないらしい。
 現場代理人の島田さんの話では、「気温上昇で主桁が伸びた」らしい。
 この後、島田さんも箕作側から橋桁の上を歩き、打ち合わせに向かった。
 私は、撮影場所を、ここまでの小箕作川橋建設現場近くの田んぼの畦から、箕作側の上流側の田んぼの畦に移動。

 

 

 

 9:53。問題が解決したらしく、G4からクレーンのワイヤーが外され、クレーンは次のG3を運ぶ態勢に移った。

 


 その後、小箕作橋の橋台A1のフーチング工の様子を撮影して(下写真)、現場を離れた。

 

 


 午後3時50分頃、「かなり進んだかな」と思って、平滝に行くと、陸上にはすでに橋桁の姿はなし。最後のG2を所定場所におろした直後だった。

 

 

 

 平滝の地上と橋台を挟んで橋桁がつながっている!
 そして、このレポート冒頭の2枚の写真を撮りました。

 この日は、「ものすごいことが行われる」と緊張していたが、「なにかあっけなく完了した」という感じがします。
 しかし、箕作側の橋桁がつながるのは今夏以降の別業者による床板(しょうばん)工の時。架橋工事はまだまだ続きます。


送り出しが完了〜6月14日の平滝架橋工事現場〜


16:40撮影。
ついに橋桁の送り出しが完了した!

 午前9時20分に現場を訪れた時は下写真に見られるように、最後の送り出し作業が始まっているのかなという状況だった。



 午後2時半すぎに再度訪れた時は、下写真のように送り出しがかなり進んだものの、まだ完了していない様子だった。
 そして、午後4時半、現場事務所裏手から見ると、



 残っている手延べ機(Α銑┘屮蹈奪)の先端が橋台ぎりぎりのところに。「送り出しが完了したんだな」と思い、事務所で代理人さんに確かめると、たしかに完了したとのこと。
 そこで、P2橋脚をつくる時に工事用道路になっていた道を下り、1枚目の写真を撮った。
 今後、送り出しに使用された巨大なジャッキを外す作業が行われ(今週後半〜来週前半)、さらに22、23日に橋桁を橋脚上におろす作業が行われるようだ。工程表には「扛下工」と書かれている。その作業の進行具合は素人の目ではわからないものらしい。しかし、23日の作業終了後には、現在、橋脚と橋桁の間にあるものが無くなっていることが肉眼で確認できるそうだ。
 その「扛下工」が終わった後、400t吊クレーンが、現在、平滝側に置かれている30mの橋桁を橋台と主桁の間に吊り下す。

 橋桁を架ける工事は大詰めを迎えた。
 ただし、橋桁が架かったら橋が完成というわけではない。その後、床板(しょうばん)工が行われ、そして、その上にコンクリ舗装が行われてはじめて、われわれが「橋」としてイメージするものが完成する。それは来年のことである。