プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

山口村と八幡宮の存在 ―― 栄村の歴史の覚え書

 

 上の写真は県道秋山郷森宮野原(停)線を志久見から柳在家に入って間もないところで、進行方向右手(西側)を撮影したものです(下地図のA地点あたり)。

 

 

山口村の観音堂
 写真真ん中に赤い屋根のお堂があります。観音堂です。
 柳在家集落には、この他に県道をもう少し進み、関沢一之進さん宅を過ぎたところにも観音堂があります。写真に見える観音堂はじつは山口村という地区の観音堂です。
 この山口村の観音堂の本尊などは、現在は上の写真の左の方に見えるドーム型車庫の中に入れられています。2005年夏の水害で斜面崩壊が発生し、観音堂も流されるおそれが生じたため、新しいお堂がつくられた次第です。
 以上のことは、以前に森下英忠さん(ドーム型車庫の後ろに見えるお家にお住まい)からお聞きしていました。

 

「山口村」とは
 「山口村」という村をご存知の人は栄村の中でもそんなにおられないのではないかと思います。江戸時代から明治初期にかけて存在した志久見村や箕作村のような行政的な意味・位置づけをもつ村ではなく、『栄村史堺編』に収録されている天保9年(1834年、江戸時代後期)に志久見村が幕府役所に提出した文書に次のような記述がありますが、そこで述べられている意味での「村」だと思います。
   「(志久見村の)町並五拾四軒 皆百姓
   外ニ
   枝郷柳在家弐拾九軒、切欠九軒、雪坪拾六軒、塩尻拾軒、

   桧(暮)坪六軒、堀切三軒、野口四軒、仁手野三拾弐軒、

   坪野弐拾七軒、村数十ヶ所、此ハ百姓ニ而余商売之者無御

   座候」
 当時、現在の栄村の千曲川以南には志久見村と箕作村の2つの村があり、志久見村には上の文書で「町並54軒」とされている志久見村の中心地の他に、柳在家、切欠、雪坪、塩尻、暮坪、堀切、野口、極野、坪野の9つの枝郷(えだごう)(志久見本村から枝分かれした地域)があり、さらに、その他に百姓が暮らす小さな集合地(「村」)が数十か所あったというのです。山口村はこの「村」の1つではないかと思われます。(なお、長瀬、笹原、当部、北野などは箕作村に属していました。)

 

八幡宮の存在
 今回、本紙の配達に行った際、雪を片づけておられた森下さんと出会い、新たにお話を聴くことができました。
 元の観音堂の少し上手、杉の林の手前にクルミの木などが見えますが、その杉の木とクルミの木の間の所に、昔、八幡宮があったというのです。
 その八幡宮、明治12年(下写真には「明治11年」とありますが、これは誤記だそうです)に柳在家の現在のお宮が建立された際に合祀されました(現在の柳在家神社には諏訪社と八幡宮が合祀されている)。そして、八幡宮があった場所には八幡宮があったことを示す石碑がおかれました。
しかし、上に記した2005年の水害・土砂災害で石碑は流され、元の位置に戻すのは困難として、観音堂が移転されたドーム型車庫の中に安置されました。下の写真に見えるものです。

 

 

八幡宮は街道筋に位置していた
 先に紹介した志久見村の文書に次のような記述があります。
   「氏神四社 諏訪明神
    四社明神
    熊野権現
    八幡宮
    他ニ 石ほこら枝郷氏神六ヶ所」
 森下さんが教えて下さった八幡宮がこの文書に記されている「八幡宮」なのかどうかは、私にはわかりません。志久見村の歴史に詳しい方に尋ねてみたいと思います。
 ただ、森下さんは「八幡宮があった場所は街道筋だった」と言っておられます。冒頭の写真を小さくしたものを再掲し、そこに赤線を入れてみます。この赤線のあたりに街道が通っていたのです。この街道は上の地図のB地点(いわゆる志久見街道の「大峠」)に通じ、さらにはC点を経て小滝(〜月岡・箕作)に通じていました。また、B地点ないしその少し手前で枝分かれして地図にDと記した暮坪にも通じていました。

 


 いまは村のはずれのように感じられる場所ですが、昔は「はずれ」ではなく、むしろ人が行き交う場所だったのですね。今春、雪が消えたら、少し探索してみたいなと思っています。
 思わず長い記事になってしまいましたが、今後も、村のみなさんからお聞きする話を基にこういう記事を書いていきます。当面考えているのは、柳在家という名前の由来、野々海についての地元の人たちの思い出話などです。いろいろお尋ねにまわることになると思いますが、その折はよろしくお願いします。


ひんご遺跡、今年の発掘調査で判明したこと

 ひんご遺跡で、8月24日午後、「報道公開」という説明会がありました。その説明会から、いくつかの報告をしたいと思います。

 

今年の発掘調査は517屐◆岼箙宗遺物の密度は高い」
 今年は6月1日から9月30日までの予定で発掘作業が行われています。今年の発掘面積は517屬如∈鯒と合わせた総面積は約1,800屬任后2爾亮命燭今年の発掘場所のほぼ全体を示しています。

 


 遺跡発掘現場は東西方向に広がっていて、この写真の上方に見える発掘場所の端が西端、昨年発掘した場所の端が東端です。南北の端は今回の発掘場所には含まれていません。北端は畑の下にあると思われ、また南端はフランセーズ悠さかえの前を走る道路の下ではないかと思われます。
 1,800屬箸いμ明僂楼篝廚箸靴討呂修鵑覆紡腓なものではないそうです。しかし、説明にあたった長野県埋蔵文化財研究センターの主任調査研究員・綿田弘実さんによると、「遺構や遺物が出る密度は高い」とのことです。
 縄文中期中頃〜後期中頃(約5,000〜4,000年前)の遺跡で、多くの遺構・遺物からその時代の暮らしの様子がいろいろとわかってくるようです。

 

土層、掘立柱建物、柱穴跡、硬い床面、脚付石皿など
 私は専門家ではありませんので、説明いただいたことをすべて正確に、みなさんに報告するだけの力がありません。強く印象に残ったことを写真とともに示します。

 


 上の写真、発掘場所の側面を撮影したもので、土層を確認することができます。大別すると3つの土層が見えます。一番上は現在の耕土です。2番目に黄褐色の層があります。これは火山の爆発で千曲川が堰き止められた時の堆積物が中心ではないかとのこと。3番目に黒褐色の層が見えます。この層から縄文時代後期の土器片などが多数出てきます。そして、その黒褐色の土層を取り除いていくと竪穴式住居の床部分などが見えてきます。
 説明会前に現場の撮影をした時、青倉集落の高橋咲江さんが丁寧に土を取り除く作業をされていたので(下写真)、「何を目安に土を削り取るのですか」と尋ねると、「色の違いです」と答えて下さいました。

 

 


 上の写真にはいくつも穴が見えます。これは掘立柱(ほったてばしら)建物の柱穴です。地面を素掘りして柱を立てるだけの住居で、竪穴式住居とは異なります。新潟県で多く出土し、掘立柱建物だけで1集落ができているというケースもあるそうです。下写真はその柱穴の1つですが、石が3つ見えます。柱を立てた後、しっかり固定するために入れられた石と思われます。

 


 今回も竪穴式住居跡、敷石住居跡が出ていますが、昨年の記事で紹介したので、今回は省略します。

 


 上写真は主任調査研究員の谷さんが、竪穴式住居の床の部分を示して下さっているところです。雨で流れ込んだ泥を掻き取ると、非常に硬い音がしました。まるで大理石の床のような硬度がある感じです。
 下2枚の写真は脚付(あしつき)石皿(いしざら)というものです。
 左写真が表側で、3面には縁(ふち)が付いていて、手前はそれがなく、掃き出し口になっています。右は裏側で脚がついています。

 

 

 

この地域の特性
 ひんご遺跡は、近現代の長野県と新潟県の境界地域に存在します。出土する土器には火焔型土器のように新潟県で多く出土し、長野県ではあまり出土しないものがあります。他方、新潟県では出土が見られず、長野県ではかなり見られる敷石住居跡が出てきます。
 縄文時代の日本列島は列島均一の文化に覆われていたのではなく、複数の文化圏が存在したのでしょう。その中で、ひんご遺跡が存在した地域は少なくとも2つの文化圏が互いに交わり合うゾーンだったのではないかと思われます。しかも、その交流には千曲川の存在が一枚噛んでいたのではないでしょうか。
 なお、調査関係者に、「ひんご遺跡で暮らした縄文人と、現代の平滝に暮らす人たちとの間に直接の関係はあるのでしょうか」という質問をしてみました。「わからない。ただ、この地域で今のところ、弥生時代の遺跡は出てきていませんね」というご返事でした。

 

<お断り>
 ぎっくり腰でNo.292の配達が遅れています。
 9月6日から村議会9月定例会のため、No.293を早く発行しました。紙面スペースの関係で書ききれない記事が多くあります。ブログもご覧いただけると幸いです。


写真アルバム:退董と入寺

山門の外側から本堂を望む

 

 

 「栄村復興への歩み」No.292で林秀庵の「退董」の儀式をご紹介しましたが、多くの方々から大きな関心を寄せられました。
 そこで、林秀庵にて撮らせていただいた写真で儀式の流れを示す主要なものを選び出し、みなさまにご覧いただくのが望ましいと考え、アルバムを編みました。
 ご覧ください。
 なお、当日、本堂に掲示されていました式の次第と「林秀庵古代史」を撮影したものをアルバムの最後に提示しました。

 

本堂

 

 

退董する方丈さまが旅姿で本堂へ

 

本堂にて三拝

 

三拝を終えられ、草鞋をお履きになって、山門から退出されるまでの過程を9枚の写真で示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづいて、新たに方丈さまに就任される石塚彰雄師の入門の式の様子です。

 

山門のところで、「山門法語」というものを読まれました。

 

 

 

 

 


辞令を手渡されるのは常慶院斉藤一教方丈

 

 

 

檀家のみなさんの姿が見えます。「新命和尚挨拶」の場面です。

 

 

 


退董とは


 草鞋を履く旅姿の老僧がお寺の山門から旅立たれていきます。
 8月11日午前11時すぎ、志久見の林秀庵の山門での撮影です。この直前、そのお顔をクローズアップで撮らせていただきました。

 


 林秀庵の方丈さま、石塚光雄老師です。

 この日、林秀庵ではお盆恒例の「施食会」に引き続き、住職の交替式が行われました。これまでの住職(方丈さま)がいわば「生前退位」されることを「退董(たいとう)」と言うそうです。
 引き続き、新しい住職、石塚彰雄さんの就任の式が執り行われました。
 山門からお入りになり、本堂に上がられた後、曹洞宗の総本山・永平寺からの辞令を受け取られ、林秀庵の住職に着任されました。

 

 

 滅多に拝見することができない儀式です。撮影を許された林秀庵様に感謝申し上げます。


栄村歴史文化館「こらっせ」の開館

 8月6日午前、志久見の栄村歴史文化館「こらっせ」の開館セレモニーが行われました。私は村議として公務で式典に出席したため、式典の模様は撮影していません。
 震災から救出された歴史文書、民具など多数が展示されています。是非、一度、足をお運びください。今後の号で、展示内容を順次、紹介したいと考えています。
 


野々海築堤工事等の写真記録

 ここに掲載する写真は、久保田晋介さん(旧姓は月岡さん、白鳥。現在は津南町羽倉在住)が保存されている写真をお借りして、画像をデジタル処理で復元したものです。
 これらの写真をきっかけとして、野々海築堤・開拓についてのみなさんのご記憶・思い出などを聞き取りしたいと考えています。また、ここに収録した写真以外のものをお持ちの方がおられましたら、是非、ご紹介いただきたいと思っています。
 ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
                                                       松尾 真

 

 

 昭和29年8月、築堤工事完了の直前に撮影されたと思われる写真です。
 元の写真が小さなサイズのものであるため、これが拡大の限界かと思います。お一人、お一人のお顔を確認するのは難しいと思いますが、「これは私だ」、「私の父だと思う」ということがあれば、是非、教えてください。

 

 「栄村復興への歩み」No.289にも掲載したものですが、「私はこんな作業をしたよ」というような思い出があれば、お聞かせください。

 


 「復興への歩み」No.289掲載の「余水吐放水路工事」の写真と一緒に保存されていたもので、昭和29年撮影と思われます。

 

 

 


 いずれも野々海からの水路をつくっているところですね。カーブの具合などから、私も「あそこかな?」と見当をつけたりしていますが、見覚えのある方、おられますか?

 


 上の2枚とともにアルバムに貼られていたもの。
晋介さんによれば、「現場で賄いをしてくれていた女衆。左は白鳥の月岡りん子さんのお姉さんのはず」とのことです。

 


 これもアルバムの同頁に貼り付けられていました。
 右は『水内開拓史』編集責任者を務められた江口一雄氏。左は久保田晋介氏。

 


 これ以降は、久保田晋介さんのご記憶では昭和46(1971)年に行われた野々海大明神に祀る大きな石を運んだ時の写真です。

 


 運搬作業が終わった後の記念集合写真。
 久保田晋介さんによれば、
 前列:左は島田義太郎さん、右は小口哲二さん(横倉、屋号「石屋」)
 中列:左端・広瀬重平さん(森、重信さんの父?)、左から2番目・半藤さん(白鳥)、右から3番目・横倉の屋号「長坂」さん(夏八木さんのお宅)、右端・島田丹右衛門さん(青倉、一松さんの父か?)
 後列:左端・斉藤さん(西大滝)、左から2番目・広瀬一郎さん(森、求さんの父)、真ん中・広瀬喜一郎さん(横倉、屋号「沖」)、右から2番目・月岡勇さん、右端・上倉さん(平滝、現在の「居酒屋野の海」の父か?)
とのことですが、いかがでしょうか。

 


 左から、久保田柳治さん(羽倉)、小林栄市さん(羽倉)、久保田晋介さん。
 羽倉のお二人は水路の請負などで野々海の工事に携わっておられたそうです。

 

 右から2番目は丹右衛門さん。

 

 

 先頭は丹右衛門さんと小口さん(「石屋」)さん。

 

 

 右上端の鉢巻姿は小林武夫さん(白鳥)、手前後ろ向きは晋介さん。

 

 真ん中に座るのは半藤さん(白鳥)。

 

 

 

 

 


小林武夫さん(左)と月岡勇さん。

 

 

 

 


平滝集落で「ひんご遺跡報告会」

 13日、平滝公民館で、平滝集落の雪上運動会にあわせて「ひんご遺跡報告会」が開催されました。
報告して下さったのは長野県埋蔵文化財研究センターの主任調査研究員でひんご遺跡の発掘を現場で指導・指揮された谷和隆さん(下写真)。わかりやすく説明して下さり、平滝区民など約60名が熱心に耳を傾けました。





 ひんご遺跡については、本紙No.264(昨年9月11日付)でも紹介しましたが、その段階ではまだわからなかったことを中心に、私が理解できた範囲でお伝えしたいと思います。なお、専門家による説明は4月23日(土)に長野県立歴史館で開催される講演会・遺跡報告会で聴くことができます。

 下写真は谷氏が報告で「まとめ」として示されたものです。



 敷石住居跡についてはNo.264で書きましたので、「深い住居跡」という項目から後を報告会で示された画像と私のメモをもとに紹介していきます。
(上写真の1行目、「栄村の」は「栄村の」の誤植ですね)

深く掘られた竪穴住居跡
 竪穴住居は「竪穴」という表現が示すように、縄文時代の地表から掘りこまれているものですが、その深さは30〜50cmが一般的なのに対して、ひんご遺跡では1m20〜30cmのものが発見されました。下写真がそれです。このような事例は他には茅野市で1件あるだけとのこと。ひんご遺跡の価値を示す1つのポイントです。



 穴の真ん中に石で囲まれた四角のところが見えますが、これは炉です。
 これだけの深さに掘られた理由として、谷氏は「この地域の寒さ、雪と関係があるのでは」と推察されていました。縄文時代のこの地域の気候は現在の気候と同じものだそうです。

石が込められた柱穴
「まとめ」で「石込め土坑」と記されているのは下写真のように石が込められた柱穴のことです。



 こういう穴が5つ見つかっています。すぐに思いつくのは「竪穴住居の柱の穴」ということですが、5つの穴は屋根がかけられる位置関係にありません。そのことからトーテムポールなどを立てた穴かもしれないというお話でした。
トーテムポールとは先祖の霊を守るために一族が立てるもの。青森県の三内(さんない)丸山遺跡の巨大な柱が有名です。

「生産遺跡としての位置付け」とは



 上写真は粘土の採掘跡として紹介されたものです。埋文センター発行の「発掘だより」では、「縄文時代の地表から1〜1.5m下の白っぽい粘土の地層をめざして掘られた穴」、「穴の大きさは直径1m前後で粘土層の下面まで掘られ」、「地下に堆積した粘土層を追って、すぐ隣に新たな穴を掘ることを繰り返した痕跡もみつか」ったと記されています。
 さらに重要なのは、焼成(しょうせい)粘土塊(かい)も見つかったことです。下の写真がそれです。



 この塊の中に土器の破片が見えます。このことについて、谷氏は、「土器を焼くには粘土に砂を混ぜるが、土器をすりつぶして混ぜることもあるので、それなのではないか」と話されました。遺跡発掘調査で土器を焼いた跡が見つかることは稀だそうです。
「まとめ」に「無斑晶質安山岩」という言葉が出てきますが、当地はそれが採れる地域であり、土器を焼いた跡も見つかったことから、「飯山地域や津南地域にまで配っていた拠点遺跡の可能性がある」とのことです。「生産遺跡としての位置付け」というのはそういう意味です。

「千曲川との関係はいかに」について
 今回は説明を省いた敷石住宅跡ですが、石は他の遺跡では鉄平石(てっぺいせき)と呼ばれる平たく角っぽい石が使われるのに対して、ひんご遺跡では平たく円い川原石(鉄平石よりも厚め)、すなわち千曲川の石が使われています。
 また、発掘終了後、発掘された土器の洗浄作業が埋文センターで行われましたが、その際、長さ1mmくらいの鮭の歯と思われるものが出てきたそうです。県内屋代の遺跡では鮭の骨がたくさん出ています。千曲川沿いに縄文時代の大きな集落が発達したようです。

土偶の不思議



 上写真は「鼻の下が長い土偶」として紹介されたもの。面白いですね。
 ひんご遺跡からはたくさんの土偶が出土していますが、土偶は基本的に壊れた状態で発掘されます。これは保存状態が悪くて壊れたのではありません。「たとえば腕が痛い時、土偶の腕の部分をちぎりとって、腕が良くなるように祈ったのではないか」と推察されるとのことです。
 なお、土偶は、埴輪(はにわ)とは別のものです。埴輪は縄文時代よりももっと後の古墳時代にお墓に入れるものとしてつくられました。

4月23日に県立歴史館で講演会・遺跡報告会開催
 ここまで拙い報告記事ですが、ひんご遺跡の意味の大きさを少しご理解いただけたでしょうか。さらに本格的で正確な報告は専門の方のお話をお聴きするのがいちばんです。いま、3月12日から6月26日までの予定で「長野県の遺跡発掘2016」という展示会が長野県立歴史館(千曲市屋代)で開催されています。とくに4月23日(土)には午後1時30分〜3時40分の間、主にひんご遺跡の報告会と「土偶ってなんだろう?」という講演会が開催されます。
 栄村公民館にお尋ねしたところ、当日、栄村からバスを出す(定員約20名)方向で検討して下さっています。関心のある方、是非、ご参加ください。
 なお、今年も6月から3ヶ月間、発掘作業が行われる予定で、埋文センターでは発掘作業を行なう人を村内で募集されます。「昨年よりもさらに多くの人手が欲しい」とのことです。あなたもやってみませんか。

 

「1月15日の小正月」を守る――秋山郷、屋敷集落と小赤沢集落

 「今から道祖神祭です。」
 1月15日午後3時少し前、秋山郷での配達を終えて、下におりようとしていた私に、地域おこし協力隊の木村敦子さんが声をかけてくれました。たしかに午前中、屋敷集落でどんど焼きの準備が終えられているのを見ています。屋敷3時、小赤沢4時に参加させていただきました。


布岩をバックに炎を上げる(屋敷、午後3時35分)


真っ赤な炎の中に書き初めが舞い上がる(小赤沢、午後4時24分)


 「成人の日は1月の第2月曜日」と法律で定められて以降、小正月の伝統行事「道祖神祭」を1月15日に行うことが難しくなっていますが、小赤沢集落と屋敷集落では「1月15日」が守られています。屋敷のあるおやじさんは「15日でなくすのは元旦を動かすようなものだ」と意気盛ん。他方、お孫さんたちの参加が多かった小赤沢では、「子どもたちが来られるには15日の維持は難しいかも』という声も聞かれました。
 「地域の再生」や「地方創生」が叫ばれていますが、伝統行事を守らずして地域の活性化はないでしょう。せめて長野県だけでも1月15日を休校にしてほしいものです。


元気な子どもたちの姿が嬉しいですね(小赤沢)

屋敷と小赤沢の道祖神祭(速報)



1月15日は小正月。
 祝日法で「成人の日」が「1月第1月曜日」とされたため、小正月の代表的な伝統行事・道祖神祭も15日からずれた日に行われる集落が増えたが、秋山郷の屋敷集落と小赤沢集落ではきっちり15日に行われる。
 今日は秋山に配達に出かけ、帰り際になってこのことを知り、急遽、撮影させていただくことになった。
 1枚目は「どんど焼きと布岩」。こんな写真が撮れるなんて想像もしていなかった。
 
 
  
 2枚目は少しアングルを変えて。
 屋敷集落は午後3時点火だった。

 
 続いて、午後4時点火の小赤沢集落へ。
 
  
 書き初めが高々と舞い上がった。
 高く舞い上がると、習字が上手になる。
 
 
  
 子どもたちは雪の上でおおはしゃぎ。
 後方には苗場山が見える。
 
  
 みかん撒き。この写真のときはお菓子が撒かれている。
 
  
 地域おこし協力隊の木村敦子さんも「年女」でお菓子を撒かれた。

ひんご遺跡、その後

 15日朝、平滝のひんご遺跡の様子を見てきました。



 上写真がその状況です。遺跡に土が埋め戻され、遺跡はすっかり姿を消しています。10月30日に発掘作業が終わった後も続けられていた埋蔵文化財センターの研究員による調査も13日で終わったようです。
 前号で「来春も少し発掘が行われるようです」とお伝えしました。その理由がわかりました。関係者のお話によれば、「発掘の最後になって新しいものが出てきた」のが継続の理由。原形を完全にとどめた土器等が次々と出てきているようです(前号掲載写真参照)。
 でも、「予算がつかないと出来ませんが…」とのこと。
 遺跡発掘調査は予算が確保しづらいもの。県でも予算がつくように努力してもらいたいですが、村にも積極的な対応を望みたいものです。復興基金はまだ残っていると思いますので、その活用なども考えてほしいものです。