プロフィール

profile
栄村復興への歩み
2011年3月に震度6強の地震で被災した長野県栄村で暮らす松尾真のレポートを更新しています。

カテゴリー

categories

サイト内検索

Search

カレンダー

calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

selected entries

最近のトラックバック

recent trackback

月別アーカイブ

archives

栄村関連リンク

links

携帯用QRコード

mobile
qrcode

ブックマーク & RSS

Bookmark&RSS

栄村復興への歩みNo.221

中条川の状況は予想以上に深刻
 中条川の上流部崩壊地、また中条川下流(白山さまのお宮横の砂防ダムから千曲川まで)を歩き、その状況をカメラに収めてきました。
 昨年秋の土石流の後、私は1号崩壊地を訪れ、写真を撮るとともに、「9月16日の崩壊地点のすぐそばには地割れが多数できています。今年の冬、雪が積もると、雪の圧力でこの地割れ地点の地層が下へ、下へと引っ張られ、崩れることは必至だと思います」と報告しました(昨年10月22日「中条川の土石流災害をめぐって」。下はその際に掲載した写真)。


 さて、5月11日、この現場に行くとぞっとする場所に遭遇しました。
 地割れ(クラック)の先の方が完全に崩れ落ちているのです。



 
 下はこの崩れた地点を別の角度から撮影したものです。


 現場を訪れる前、ここまで深刻な状況は予測できませんでした。そして、この地点のすぐ横、山の崩壊斜面も深刻な状況です。

 斜面にネットをかけ、芝を植えた箇所が崩れてしまっています(元は写真右上方のように芝が貼られていた)。また、その左手のコンクリート吹きつけがされた箇所は吹きつけ面が浮いた状態になっています。
 最初に見た崩れた地点に見えるクラックは工事用仮設道路にずっとつながっています。また、仮設道路は以前よりも狭くなり、軽トラ1台がやっとの幅。とても工事用ダンプが入れる状況ではないと思いました。



 

1号崩壊地の全体状況
 
下流部の洗掘も深刻
 昨年9月の土石流災害で深刻になったもう1つの問題は中条川下流が激しく洗掘されていることです。河床がどんどん削られ、深く掘られているのです。そして、それに伴って川の横の法面が次第に削り落とされていっているのです。次の写真をご覧ください。

 上の写真は貝立橋の上から上流方向を撮ったものです(5月10日撮影)。川が深くえぐられています。そして、この洗掘の影響で両岸が少しずつ崩れていきます。下の写真はそのためについ最近、青倉大堰のすぐ近くで杉の木が根こそぎ倒れたものです。


 また、昨年末に完成した中条橋より下流の部分も深刻です。やはり川が深くえぐられていて、栄大橋の橋脚のすぐ横も崩れています(この箇所は今年、復旧工事が行われる予定)。そして、飯山線の鉄橋の橋脚周辺(この橋脚は昨年9月の土石流の後、補強工事が行われた)を見ると、ここでも川が深く掘れていて、橋脚の安全性を脅かす可能性が感じられます。

左に見えるのが栄大橋の橋脚


中央に見えるのが飯山線鉄橋の橋脚

問題の根本は土砂を堰き止めていること
 すでに見たように上流の崩壊地からはさらに土砂が崩れ、流出する危険性が大です。
 いくら砂防ダムをつくろうとも、またそこに溜まった土砂を撤去しようとも、すぐにまたダムは土砂で一杯になり(下写真)、機能しなくなり、最悪の場合は昨年9月16日のようにダムから溢れた土砂などが周辺地域に被害をもたらします。

冬の間にまた土砂が大量に堆積した減勢工事(セルダム)

 その一方で、下流部では川の洗掘が深刻。上流部と対照的な状況ですが、問題の根っこは同じです。素人がこんなことを言うのは僭越かもしれませんが、「土石流には砂防ダム」という判で押したかのような対策工事に終始していることが問題の根本だと思います。やはり川には土砂が流れないと、河川環境は守られず、川の最下流部(中条川の場合、千曲川−信濃川の河口・新潟市)の海岸線の後退(砂浜がなくなり、海岸線がどんどん下がり、陸地面積が減少する)にまで行き着くのだと思います。
 5月9日の北信建設事務所による復旧工事説明会で興味深い意見が出されました。「上に溜まった土砂を洗掘が激しい下流に運んで入れればいいんではないか」というものです。
 建設事務所の人は対応に困ったような表情を見せられ、意見を出された方が「やっぱり無理か」と言われて、その場は終わりましたが、私はこの方の発想法は正しいのだと思います。「土砂を止める」ことばかり考えていてはダメなのだと思います。

いろんな人を招いて抜本的総合的な検討を

 ラフティングで栄村でもお馴染みの戸狩の庚(かのえ)さんがブログで、「とても綺麗な長野県最後の秘境、栄村‥昨年の9月16日の台風被害で川の中にはパワーショベルやら工事用の敷鉄板やら。とても川下りを楽しめる環境ではありませんでした。本来川にないものが川に大量にある。そして危険を伴う物なので更に厄介です??困りました‥とてもマンパワーで動かせる物ではありません。復旧するのなら川の中まで綺麗にしてもらいたいです‥この自然豊かな環境を取り戻すため動きたいと思います?」と書いておられます。
 パワーショベルが流されたという話は聞いていましたが、ひょっとすると川に入って確認されたのは庚さんが初めてではないでしょうか。
 また、19日の信毎には「川岸の災害復旧、景観配慮」というタイトルで、わずか10行の小さな記事が出ていました。「国土交通省は、豪雨などの災害で被害が出た川岸を復旧する際、植物を植えたり自然の岩石を配置したりして、環境や景観に配慮することを決めた」という内容です。ヨーロッパで盛んな自然工法を取り入れようとするものかと思われますが、河川の自然工法の大事な点は単に景観云々ではなく、河川本来の環境をどう守るかにあるはずです。中条川の土石流対策はそういう考えとはほど遠い状況だと言わざるをえません。
 元々の中条川についてよく知っている地元住民をはじめ、庚さんのように自然(河川)環境の実情に詳しい方も含めて、いろんな人を招いて、中条川の状況のきちんとした把握することが必要だと思います。そして、それをベースに抜本的・総合的な対策を検討していくべきだと思います。そのほうが、イタチゴッコのように砂防ダム建設を繰り返し、何十億円ものお金を費やすよりも、財政的にもいいはずだと思います。


中条川の現状について

 前号でも中条川の土石流災害とその対策について書きましたが、10日、11日と中条川の状況をいろいろと撮影しました。とくに11日午前は森農家組合のみなさんが開田水路の普請をされましたので、それを追いかけて1号崩壊地、2号崩壊地まで行きました。ひどい状況です。
 詳しくは号外をつくり、関係地区にお配りするとともにブログで公開するつもりですが(sakaemura-net.jugem.jp/)、1枚だけ掲載します。

 森の開田から上がって来て1号崩壊地に入るところ、昨秋の土石流の後にクラックを確認したあたりで上写真のように斜面が崩れています。工事用仮設道路も非常に不安定な状態です。午後の森集落の普請の時にも話題になりましたが、現場を見た人は「あれはまだまだ崩れるな」と言っておられます。4月24日に説明があった対策工事ではとても不十分というのが率直な感想です。
 総合的かつ抜本的な検討・対策が必要だと思います。

対策の発想法の根本に違和感――中条川土石流対策をめぐって

 4月26日午後4時前、「トマトの国」にむかった時、中条川の砂防えん堤を流れる水が濁っているのに気づきました。その時は偶々(たまたま)カメラを持っていなかったので、改めて出かけ直して撮影したのが下の写真です。ダムを落ちる瞬間は白く見えますが、ダムの上の流れ、下の流れはあきらかに濁っています。

 24日の昼前に見た時はこんなことはありませんでした。24日から陽気がよくなり、いっきに雪融けが進み、水量が増えて、上流の崩落地点のほうから土砂が運ばれてきているのです。

24日夜、中条川土石流対策説明会が開催される
 4月24日夜、役場2階大会議室で県北信地方事務所林務課による中条川土石流対策説明会が開催されました。

 会では主として林務課の萩原氏から昨年秋の新たな土石流発生をうけて変更された対策計画の骨子が説明され、その後、住民との質疑応答が行われました。
 新たな対策は工事を進める中で追加調査を行なって変更することもありうるとのことですが、ポイントは
    新たに谷止工を計6基つくる
    崩落地点直下について、水が現在、1号崩壊地の足元を流れて
    いるが、これが新たな崩壊を引き起こす危険があるため、排土
    して流路を反対側へ移す
と整理してよいかと思います。
 工事は4期にわたる計画で構成されていますが、1期工事そのものが何年で完了するのか、現時点では判断できず、最終的な工事期間はまったく未定とのことです。

崩落地点直下には40万㎥の土砂が堆積
1号崩壊地の断面図

 萩原氏の説明では3枚の図面が示され、その中で、1号崩壊地の横断図(上写真)と、昨年9月16日の土石流の流れについてのコンピューター解析の結果、さらに今後起こり得る土石流の予測シミュレーションの結果が提示されました。
 まず、昨年9月の土石流では57万㎥の土砂が流出したといいます。そして、現在、1号崩壊地には40.7万㎥の崩壊土砂が堆積していて、最悪の場合はこれが土石流となって流れ出るというわけです。
 昨秋の土石流の後、私は1号崩壊地の撮影を行い、クラックの存在を指摘しましたが、今回の説明会でその存在が初めて公式に確認され、このクラックからの崩壊を防止するため、このクラックの下の勾配をゆるくするべく、約3.8㎥の土砂を排出する計画であることがあきらかにされました。

写真中央のブルーシートがクラック地点
 
 しかし、それを除いて、約37万㎥の崩壊土が残されるわけです。その崩壊土を排出する計画はないのか質問しましたが、「ダンプ1台で運べるのが4?にすぎないので、とても搬出できない」との回答でした。たしかにそう言われると二の句をつげません。
 
「うまく流す」という発想法が必要なのではないか
 住民からの質問・意見で私が注目したのは、次の2点です。
    ダムをつくることによって河床(かしょう)が上っている。
    これがいちばんの問題なのではないか。
    昨秋、土石流が村道や田畑に流れ出た箇所に護岸堤防をつ
    くることを求めたい。
 この2つの意見には共通するものがあると思います。すなわち、谷止工(わかりやすく言えば砂防ダムです)で土石流を抑えようとすればするほど、土石流被害が大きくなるのではないかという捉え方です。
 私もそう思います。

土砂で埋まる谷止工の上流(「トマトの国」の下)

 昨今では、専門家の間でも、治水をめぐってダムにすべてを頼る発想法が批判されています。非常に時代を遡(さかのぼ)りますが、武田信玄が山梨県釜(かま)無川(なしがわ)の治水対策として考案した霞堤(かすみてい)というものがいま高く評価されています。洪水を一定範囲内で氾濫させ、洪水をうまく流下させる方法だと言っていいかと思います。
 国はいまだにダム依存の発想法で凝り固まっていますので、こういう発想法の転換を中条川土石流対策にすぐに取り入れることは困難ですが…。

 説明会に参加した住民からは、「『計画が決まりました』という説明会ではなく、『中条川の現状はこうだが、みなさん、対策について何かご意見はありませんか』と尋ねる段階から始めてほしい」という声が聞かれました。まったくそのとおりだと思います。
 なお、この説明会は県地方事務所林務課による説明ということで、村役場からは産業建設課長のみの臨席でしたが、村長、防災担当者等が出席して住民の声を聞く姿勢が必要だと思ったことを付言しておきます。
 

大きく変わった中条川上流の様子

 まず、下の写真をご覧ください。(この項は提供された11月12日の写真をご紹介します)

 写っている紅葉もなかなか綺麗ですが、3・12地震で山が崩れ、土石流を発生させた中条川上流の11月中旬の様子です。
 写真左端に注目して下さい。森集落の開田への水路のかけ口のすぐ上にあった滝の姿がはっきりと見えます。
 この手前には、「3・12」での2号崩壊地の土砂が大量に溜まっていて、最近までこの地点からは滝は見えなかったのですが、2号崩壊地点の土砂撤去、砂防工事が進み、写真に見られるような状況になりました。また、1号崩壊地点の下に出来た「湛水池」(いわゆる天然ダム)もすっかり整備され、川の水の流れがよくなっています。
 この2号崩壊地点の工事は危険も大きく、最大の難工事だったと思いますが、北野建設の皆さんが休日返上で奮闘され、積雪時期を前にひとまずの工事を完成されました。
 以下、2頁の写真とほぼ同じ地点から8月5日に撮影した対照写真、滝がある地点の8月5日の様子と砂防堰堤が作られた現在の様子の比較対照写真、1号崩壊地点の「湛水池」が半分以下になり、そこから水を安全に流す水路が建設された様子などをご覧ください。

次の2枚は8月5日の様子。



↑左端に小さく、滝が見えています。   


今は滝が真正面からばっちり見えます。


2号崩壊地点、滝の右手の大量の崩壊土を撤去して作られた堰堤。


1号崩壊地の湛水池が当初の半分以下の小ささになっています。

 

 この写真の左上にむかって作られている水路から、本記事1枚目の写真の下方に見えるように水が流れ落ちます。
 
 中条川上流の山崩れの問題はこれですべて解決したというわけではありません。2号崩壊地点の堰堤の後ろに見える崩壊地点は土質が脆く、現在でも雨が降ったりすると落石が頻繁に起こるようです。聞く限りでは、そうした問題をどう根本的に対策していくのかは今後のと検討課題として残っているようです。今年の3月まで設置されていた中条川土石流対策の専門家検討会の議事記録を読むなどして、今後の課題を改めて考えてみたいと思っています。


中条川の復旧治山工事の現状

  今次震災で山崩れ‐土石流が発生した中条川では各種の復旧治山事業の工事が行われていますが、「トマトの国」付近の最近の工事の様子を17日午前、撮影してきました。


復旧治山事業の全容を記した図面(県作成) ※クリックで拡大します。

 上の図面に記されているのは林務関係のもののみで、この他に国交省関係の砂防事業が上図「H23No.1谷止工」と記されている地点のすぐ下流の箇所で行われています。
 まず、上図で「H23補正No.1〜No.8床固工(とこがためこう)」と記されている部分の様子をご覧ください。


 写真中央から左下にむけて計4ヶ所、工事が進んでいるのが確認できます。
 「床固工(とこがためこう)」とは、解説書などを見ますと、「川底が下がることがないようにし、勾配をゆるやかにして、水の勢いを抑え、また、水の流れる位置を固定して、水が安全に流れるようにする」ものだと説明されています。

 つぎに、上の写真のすぐ下流のところで実施されている「H23No.1谷止工」の様子です。

 谷止工の工事が行われている場所は栄村森林組合事務所(元そば工場)のすぐ裏手です。上写真のすぐ上流で先に紹介した床固工が行われています。なお、この写真に見える斜面崩れは土石流を引き起こした山崩れ箇所(東入沢川上流)ではなく、西入沢川沿いの斜面崩壊です。
 「谷止工(たにどめこう)」とは、解説書などを見ると、「渓流に溜まっている土砂の移動を抑制する」もので、「小さなダム」と説明されています。

 森林組合事務所裏でこの谷止工箇所の下流方向を見ると、さらに別の工事が行われています(下写真)。


 その工事の様子を、白山神社手前のカーブ地点(下写真の地点)横から撮影しました。

白山神社手前のカーブ地点



 上写真が白山神社手前カーブ横の中条川で実施されている工事の様子です。どういう意味を持つ工事なのか、私自身まだよくわかっていません。ただ、川右岸の上がスキー場にあたりますが、この地点はその山の上から水が落ちてくる地点です。
 
 今回はこれら「トマトの国」近辺での工事の様子のみの撮影ですが、上流の山崩れ箇所、とくに「第2崩壊地点」と呼ばれる箇所(森開田への水路かけ口付近)での工事は本レポートNo.164(8月6日付)で報告したとおり、大変な難工事です。工事を担当されている北野建設の方たちは村に泊まり込み、毎日朝6時半過ぎには現場に出かけ、宿に戻るのは夜8〜9時という懸命な復旧工事活動を行なわれています。しかも休日返上で工事にあたられていることも多いようです。
 
 これらの工事によって、震災で生じた湛水池の崩壊による土石流の心配は基本的になくなっていますが、中条川での治山工事は来年度も続く長期戦です。

中条橋復旧工事現場に工事説明看板が設置されています

 上の写真を撮りに行った時に初めて気づいたのですが、国道117号線から「トマトの国」方向に入ったところの道路脇に、中条橋の復旧工事について説明する看板が設置されています。

 設置されたのは、工事を請け負っておられるサン・タキザワと螻册だと思われます。村内では至るところで復旧工事が行われていますが、こういう説明看板が設置されたのは初めてだと思われます。内容を詳しく見ますと、素人ではちょっと分かりにくい専門用語も使われていて、その点は少し残念なのですが、その点を割り引いても、両社が中条橋の再建に懸命に取り組んでおられる姿勢が伝わってきて、本当に素晴らしい取り組みです。
 
 

 
現在行われている落下橋撤去工事を説明する図面

 最後に、この説明看板設置場所で撮影した夕焼けをご覧ください。


中条川土石流対策工事

 つぎに、同じ中条川関連で、上流での土石流対策の工事の様子です。
 前回(8月6日)、1号崩壊地、2号崩壊地での復旧工事の様子をレポートしましたが、まず、1号崩壊地近くから「トマトの国」方向を見た様子をご覧ください。

 上の写真ですが、写真中央下側に「減勢工」が完了しているのが見えます。3つの丸い鉄製の構築物とその両側のコンクリート製の堰堤です。
 その先には、土石流跡に流路が開かれている様子、「トマトの国」の脇で流路が大きく曲がるところ、さらに国道117の栄大橋(写真上方)までが見えます。
 その「トマトの国」脇のところに黒い構築物が数本見えますが、それを「トマトの国」脇から撮影したものが次の写真です。

 これは「床固工」と呼ばれるものです。
 「床固工」は、国土交通省関東地方整備局の用語解説集によれば、
治山ダムの1種で(他に「谷止工」、「えん堤工」がある)、\邊濕侈未魄堕蠅気察∧壊の発生を防ぐ、∪酊譴肪まった土砂が流れ出ないようにする、上流で土石流が発生しても、川底や川岸が削られて勢いがつくのを抑えるとともに、下流への流出を防ぐ、ことを目的とするもので、特に土砂が堆積している下流部で階段状に連続して設けることが多い。

と説明されています。
 また、これより下では「谷止工」の工事が行われています。上記「床固工」の ↓の目的とともに、さらに、渓流の勾配を緩くして、川底や川岸の浸食を防ぐことを目的とするものだそうです。その工事の様子を、国道117から「トマトの国」に上がっていく道路の白山神社手前から見たものが下の写真です。


中条川上流の現在の様子


 中条川上流の山の崩壊現場、湛水池ができている箇所の現在の様子がわかりましたので、写真で紹介します。


 湛水池から流れ出る水の流れの幅が昨秋段階よりも広くなり、激しい音をたてて流れ落ちています。



湛水池の様子です。

 現在、この現場では、「右岸崩積土掘削」、「左岸崩積土掘削」、「流路掘削」、「湛水池埋戻し」の4つの工事が行われているようです。
 気になるのは、1つにこの地点のさらに上の山にかなりの大きさの崩壊面が見えるようになっていること(写真A参照)、2つに大崩壊面が安定しておらず、不断に落石があるような脆い状態にあると思われること(写真B、C参照)です。



写真A


写真B                     


写真C
 たしかに湛水池自体の水量は昨年に比べて少なくなっているようですから、湛水池の崩壊によって大規模な土石流が発生する危険は大きくないと思われますが、この地帯一帯の斜面崩壊、地滑りの危険性についてはもっと徹底的な調査と検討が必要なのではないかと思います。
 

中条川土石流対策の現況

 今日24日の早朝、久しぶりに中条川の土石流対策工事の現場を見てきました。写真でご紹介します。

 
減勢工の現場        
     

減勢工現場の近くから下流方向を見る


トマトの国近くの土石流が溜まった箇所の土砂が取り除かれつつあります.

 
森林組合事務所(旧そば工場)近くでの砂防
堰堤工事


中条の白山神社下付近での砂防堰堤工事(上の砂防堰堤工事と続いているものです)

中条川の様子

 気持ちが暗くなるような被害の話ばかりで恐縮なのですが、土石流問題がある中条川の様子も見てきましたので、報告します。
 26日夜のNHKニュースで「雪融けに伴う土石流の危険がある」と報道され、気になっていました。26日に中条川上流災害対策検討委員会が開催されたのをうけてのニュースです。昨秋、かなり対策工事が進んだので、地震直後のような危険はないようですが、村役場には委員会で議論されたこと等を村民にきちんと伝えるよう、要望したいと思います。


真ん中に見えるのが減勢工(えん堤)    


上写真と同じ地点から「トマトの国」方向を望む


昨年の地震で山崩れを起こした地点の現在の様子です。